やって来た!2009丑年


丑年が始まりましたね!

あけましておめでとうございます。
今年もまた、無事に新年が迎えられ、当たり前なことができる自分をココロから嬉しく思います。

今年もまた初日の出を見に行ってきました(とはいっても近所の古墳からだけど)

日の出を待つ時間。すっごくクリアな気持ちになりました。その時の私のココロの内を少しだけ…

漆黒の闇が、限りなく深〜い赤色に染まりだすと、その日が始まる。その赤色がそのまま空へとつながって、ブルーから再び漆黒に変わっていく。言葉を失うほどの、地球が奏でる美しさを感じていると、その色がいったん何処かへ消えちゃうように静まり始め、限りなく透明でクリアな色が広がっていく。
まるで嵐が去っていたように…時が止まってしまったのかと感じるその時間。

静寂の中に地球の鼓動だけが聴こえる。

そして金色に輝く太陽が顔を出すと、木々や鳥たち、そして建物がみるみる間に染まっていき、命が吹き込まれる。全てを包み込むように空の輝きが太陽とのハーモニーを奏で始めると、そのものたちが“動きだし”そこにはリズムが生まれてくる。

毎日毎日昇っては沈む太陽と地球がかもし出す、当たり前のようなこと。だけどその中には、いろんな時間や物語が存在していて、決して同じ繰り返しではない。

だからこそ、その一瞬一瞬が大切なんだと改めて感じた、初日の出。


30日にマッキーが東京へ来ました。滞在時間は実に12時間を切るという短い時間の中、ゆきぷうを交え、Team Fukuokaのミーティング。
顔を見て話したい!というマッキーの熱い気持ちを二人で受け止め、2009年へ向けて、たくさんのことを話し倒した2008ラストラン。

良い時間でした。

そして、2009年のテーマは“リズム”

ディレクターのような、ゆきぷう。今、私がとても感じていることを“リズム”というテーマで伝えようと言ってくれました。

2009年、私が思い感じることを“リズム”として、さまざまな形で伝えていきます!

たくさんの笑顔でいこーね♪


ラスト・サンセット




たくさんの笑顔に支えられた2008年でした。

めんどーだな〜とか、独りがいいや〜とか思ったりもあるけれど、やっぱり誰かと繋がっているということは、とてつもない安心感と安堵感が包んでくれるんだなと感じます。

人は独りでは生きられない。

だからこそ色んなことが起こって、楽しくて仕方ない人生が送れるんですよね。

来年も再来年も、その先も素敵な日々がみなさまに訪れますように。。。

LOVE♪Yukiko


とんびな一日


このところ秋晴れの澄んだ空気が広がっていますね〜
あちこちから雪の便りが届き、うずうず♪天気予報を見ていて、晴れだと喜ぶのが普通。なのに冬になると低気圧が近づいてくるたびに、わくわく感で一杯になるパウダージャンキーな私。

飛んでいるわけでもないし落ちていくわけでもないあの浮遊感…なんだろう、果てしなく人間の可能性が広がっていくような。。。

昨日は親友・こもと久しぶりに1日フルに使ってデートな日。
ちょうど一年前の今頃は、抗がん剤による身体のダメージと手術によるダメージのダブルを抱えて、この先の不安一杯な時期でした。そんな中、横浜へ車で連れてってもらい息をきらしながら散歩したり、ケミストリーのツアーの作戦会議をしていたころ。。。

1年ぶりだね〜、元気になったよね〜なんて言いながら、湘南へと向かいました。

七里ガ浜の高台にあるイタリアンレストランでの昼食。そこから見えた富士山は、秋空の澄んだ空気の中、絶対的な存在感をかもしだし、おお〜やっぱり富士は日本一の山だー!と唸らせるくらい輝いていました。ついつい手を合わせて拝んでしまった私。正真正銘、日本人だと感じた瞬間でした(笑)


このイタリアンレストラン、めちゃオススメ!
海が目の前のテラス席からは180度の眺望で大島までばっちり。ひざ掛けも完備しているし、ウエイターさんたちも気さくで気遣い上手でとっても感じが良いんです。値段もお手ごろだし、お味もGOOD。
え〜っとお店の名前は…忘れちゃいました〜ごめんなさーい。思い出したら書きます。確かイル…なんたら。

とんびがですね、たくさん飛んで獲物を探していたんですよ。確か前のブログに書いたと思うけど、とんびって上昇気流を見つけるのがとっても上手で、ハンググライダーとかは、とんびを見習ってるらしいです。
とんびが羽を広げた姿を真下から見ていたら、思わず「かっこいいなー」と唸ってしまいました。


日ごろのピラティスレッスン、腕を広げるイメージのキューで”鳥の羽を広げるように”なんて使っているんですが、まじまじと見たら、いやぁ人間には到底マネできませ〜ん。って感じくらい身体全体でナチュラルに広げているんですよね。
そして、尻尾を微妙に右や左に傾けて舵をとりながら上昇気流にふわっと乗って、急降下したり旋回したりと、それはそれは風をうまくつかまえて自由自在に飛んでいるんです。

パウダーを滑るときの浮遊感。とんびのようにはなれないけど、あんなふうに風や雪をつかまえて、ふわふわっと滑りたいなーと思った秋の一日でした。



私はO型


夏くらいから流行っている本、血液型別の自分の説明書ってありますよね。同じ血液型の兄が買ってきたので、そうだそうだと思いやってみました。

ずっと質問事項が続いていて、あてはまればチェックをしていく内容。本の使い方ってところに、外でやる場合は二人以上で読むこと。でないと恥をかきます。ってあって、なんだろなーと思いつつ始めてみると…

いやいや笑いました。笑いました。外でひとりでやったので、言っているとおりに恥かきました。

当てはまってるな〜と、笑いながら思わず唸ったところをいくつか…私を知らない方、是非私の性格を妄想してください(笑)

初めての場所に行くとき、「地図を見ない」という無謀なチャレンジをする→○
で、案の定迷った→○

学生スキーサークルの合宿をコーチとしてまわっていたころ。合宿しているスキー場は長野から新潟、そして群馬と結構あちこち行くことが多かったんです。その当時はもちろんナビなんか無し。思いっきり感で行動していました。やってしまった!って時は、思い込んで違うスキー場に到着なんてこともあったっけ。

続いて

身体をぶつけやすい→○
身に覚えのないアザがある。そこかしこに→○
押すと痛い→○
のに、押す→○
知らないうちに切り傷もある→○
ちょっと怖くなる→○

これをやる2日くらい前、朝起きたら左の親指に切り傷があって、何だか痛いんですよ。まただよ〜なんて思っていた矢先のこと。そして今も両足のひざに何故かアザが??

最後に

買い物に行って、肝心な物を買わないで帰ってくる→○
メモを持っていっても同じこと→○
そのくせ、余計なものは買ってくる→○
洋式トイレでフタの上に座ってしまうことがある→○
「うっひゃ〜」と驚いて、トイレの中で1人こっそり大笑い→○
トイレの紙替えが自分の役目になるとイラッとする。「前のやつ、替えてから出ろ!」と思う→○

買い物は情けなくなるくらい、しょっちゅうやります。メインを買い忘れて余計なものがたくさん。。とほほ。なぜかメモを書いても持っていくのを忘れたり、持っていっても見なかったり。なんだかめんどーくさいんですよね。ほぼ書いた記憶を頼りに買い物をしてます。
そしてトイレなんかフタに座ればいい方。便座を全部あげて座りかけ、危ない!なんてことも。

はい、そうなんです。私はおっちょこちょいもいいとこだし、おおざっぱなんです。でもそんな自分が大好きだなーと思う今日この頃。こんな私ですが、どうぞ末永くよろしくお願いします。

お〜っと前置きが長くなっちゃいました。今日書こうと思ったのは、昨日無事に終了したスキーヤーズワークショップのことだったのに…まあ、いっか。なるようになるもんだ。


お遍路さんの旅へ


今年5回目の四国へ行ってきました。
昨年9月に初めて訪れて、1年ちょっとですでに6回。なんでだろうとずっとココロに問いかけていた答え…何かを決めていたわけでもなく、突然想いがあふれ出るように始まりました。

お遍路さんの旅。


ステイさせてもらったマッキーの家。昨日は用事があって、86番目の志度寺というお寺のすぐ近くの郵便局へ散歩がてら歩いていくことに。お母さんから教わった、へんろ道を歩いているときに、無償にはじめたくなったのです。

今日は81番・白峯寺と82番・根香寺のふたつを廻ってきました。ちょうど紅葉もきれいで、小高い山の上にあるお寺からは、瀬戸大橋や岡山まで見渡せて、ココロの中まで澄み渡るほどのきれいな空気をたくさん浴びてきました。
生まれて初めて見たキツツキの“トントントントン”と木を叩く姿や、樹齢1600年のケヤキの生き様。この瞬間に生きていることに改めて感謝の気持ちがいっぱいになりました。

みなさんにもおすそ分け…


四国の山々は不思議な気持ちにさせる山。お皿を伏せたようなお山の形を見ていると、大きなもぐらが、えっさほっさと土を掘って、それが盛り上がってできたような気がしてきます。なんでしょね、大都市って大地に“生”が感じられないんだけど、ここにはたくさんの命が詰まっているんですね。

5年くらいかけて廻ろうかな。ゆっくりでいいもんね。

お気に入りの場所・香川医科大学のポプラ並木。この横にスタバがあるんですよ〜素敵でしょ!



まん丸なお月さま


今日も気持ち良い秋晴れになりましたね〜いやいや、食欲の秋とはこのとこだ!と言わんばかりの季節。そして今日もお月さまがキレイですぅ。

居候中の兄の家、ひと部屋使わせてもらっているんですが、窓辺に座って外を見るのにちょうどよい高さの窓台?があるんです。よじ登り系だけど、その上に座って、東京の小さな空を見上げ、お月さまを見るのがなんだか大好きです。


実はお月さまには想い出があって、5年近く前に亡くなった母と最後に見たお月さまが、15夜のときでとってもキレイだったんですよ。ちょうど今頃の季節でした。乳がんが脳転移してしまっていたので、色んな障害が出てしまってて目を離せない状況だったのに、いつの間にかベランダに出てお月さまを見ていたらしく、私を呼びに来てくれたんですよね。

細くなって小さくなった母の背中越しに見た、まん丸のお月さまが今でも私の脳裏に焼きついて離れません。

あの時、母は何を思っていたのかなーって、いまだに考えたりしています。

さて明日はいよいよDVDの撮影です。準備は…不明(^^);
やれるだけのことはやりました。とにかくノビノビと動いてきまーす。


DVD製作ちゅう


天高く馬肥ゆる秋!ようやく秋晴れで気持ちよい季節になりましたね〜
冬に向かっていく、この季節。なにやら気持ちもシャンとして新たなる決意をもったりして。

そんなゆっちんですが、昨日は大寝坊をしました。11時からレッスンがあるのに、起きたら10:05の文字。一瞬、頭の中で”今日は10月5日だっけ?”って勘違いしたくらい訳が解らなかったのですが、実際は10時5分の大間違い!
いやいや…久しぶりにやってしまいましたの巻〜その後はご想像にお任せします。。。

実は不眠が続いているんです。多分、ホルモン療法の副作用ってやつですね。自律神経の問題だと思うのですが、眠りが浅いんです。あっ、これって言い訳チックだけど、本当に辛いんですよ〜。昨日は12時にはベッドに入ったのに、寝てるんだか寝てないんだか解らずに10時間という時間を過ごしたのです。まあ、よく考えるとトイレも行かずにいたわけだから、それも凄いことですよね(笑)

そんな毎日ですが、今日はDVDの仮撮影をしてきました。DVD製作も大分架橋に入り、これから1ヶ月が勝負!といった段階です。
とにかく初めてのことなので、楽しいことは楽しいけど、え?なになに?どうしたらいいの?ということだらけ。たった一枚のDVDだけど、何かを作り上げるって本当に大変なことなんだなーと改めて実感。。

今日に辿り着くまでも、まずは内容を詰めることがこれまた一苦労。何が必要で何が必要ではないのか、私が行ってきている一連のリハビリ、これはあくまでも私の身体に必要なことであって万人には共通ではありません。なので、そのチョイスで悩み、そして、どう構成していくのかで悩み。

構成が大方決まったので、今日は仮撮影となった訳ですが、このあとは来月中旬にある本撮影へ向けての準備に追われる日々になりそうです。何をやるのかって?
ゆっちんのやるべきことは、エクササイズ中に出すキューイング(手を挙げて〜とか息を吸って〜とか)を整理して、言葉尻を正し、シナリオの土台を作ること。それと冒頭にみやのゆきこストーリーがやってくるのですが、その原稿を書き上げること。写真などの素材を用意すること。

実は相当、お尻に火がついています。

今週末は、連盟フィットネスとBODY & MIND テクニック for SKIERSがあります。ゆっちんは講師も務めます←なので資料作成に追われてもいますう。。
そんでもって月曜日から金曜日はLAから来るMarie-Jose先生のCore Intelligenceコースを受講です。昨年は闘病中だったので、キャンセルしてしまったから、なんとしても受けたいのです。

間に合うんだろか…

ケセラセラ〜♪なるようになるぅ〜♪
な気持ちで張り切っていきまーす。


わらじを履いたお地蔵さん


なんだか糸が切れた凧のように、あちこち行っている今日この頃。それでも出歩けるというのは、幸せなことだーと深い感慨にふけったり。

福岡のPJ&京都へ行ってきました。12月のオープニングパーティのときに遊びに行ったけど、レッスンを受けにいくのは実に1年ぶりのことです。1年前に行ったときは、悪性の疑いがあり!とらく印を押された時期で、かなり凹んだ状態を思い出すなあ。そのときは、無心に動くことだけをやったっけ…

今回は無理せずに、プライベートやグループを少し受けて、あとは福岡の風と匂いを感じてきました。なんでしょう、故郷に帰ったような優しい時間が私を包んでくれました♪

さてさて4人写っているのがわかりますか〜一番存在感ある彼は、頭が半分吹っ飛んでなくなっていました(笑)


頭が吹っ飛んだ彼♪


そして昨日は、どうしても行きたかった京都へ。昨年、スタジオの聡子先生が京都にある鈴虫寺のお守りを並んで買ってきてくれました。鈴虫寺というのは別名で、1年中スズムシがり〜んり〜んと鳴いている日本で唯一のお寺だからだそうです。そして、そこのお地蔵さんは、ぞうりを履いていて、お願いごとをすると、日本中を出向き願いをかなえてくれるそうな。そしてそのお願いごとは1人ひとつだけ。

聡子先生に頂いたとき、すぐに”手術が無事に済んで完治しますように”と願いを込め枕元に置いていました。願いがかなった今、御礼とお守りを返しに自分の足で歩いて行きたかったのです。

京都駅からタクシーだと20〜30分くらいで、バスだとなんと1時間!そして電車だと、乗り継ぎ乗り継ぎで行くので、不便な場所にあります。でも不便だからとタクシーで簡単に行かずに、電車を乗り継ぎながら歩いていってきました。便利な世の中になったけど、手間隙かけて何かをやるって大事なことだなーと最近特に思います。時間がかかる分、他にやれることが減るけれど、1日にやれることって実は案外少ないのに、便利になりすぎてたくさんのことをやり過ぎるような気がしています。

お寺の入り口には石段があり、その数80段。極楽へ行く階段の数だそうです。そして、その階段の途中までなんと長蛇の列!中に入ってお守りを買うには、住職さんのお説教を聞いてからだそうで、そのためにたくさんの人が並んでいるのです。30分くらいかな?私も並んで、お茶を頂きながらお説教を聞き(っていうか結構笑える話だった)、願いがかなった御礼をしたあとに、新しいお願いをひとつ頼んできました。


なんだかこれでケジメがついたなーと思い、心がスッキリと軽くなりました。
新しいお願いごとは…ひみつなのらー♪

鈴虫寺のHPはhttp://www.suzutera.or.jp/京都へ行かれたら、是非訪ねてみてくださいね。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM