雪のパワー


1月26日(土)10:30AM ニセコ、チセヌプリスキー場のゲレンデに立ちました。再手術から2ヶ月10日、待ちにまったこの瞬間です。
ウエアを着る、ブーツを履く、スキーを担ぐ、リフト券を買う、スキーをはく…そんな当たり前の動作ひとつひとつが嬉しくて、愛おしい気持ちにさせてくれます。リフトに乗っているとグローブやウエアに雪がついてきて、まるで”おかえり!まってたんだよ”って語りかけているように、雪は優しく私を迎えてくれました。

チセは町営のリフト一本しかない小さなスキー場。ヒラフ、東山、アンヌプリという大きなゲレンデではなく、小さな小さな場所からの再出発は今の私にとてもふさわしくぴったりです。

1本目から兄に連れられて、オフピステへ。といってもチセは、ほとんどがツリーラン天国なので、そのスタイルが普通。もちろん足慣らしも何もなし「ええ〜っ!ちょっと待ってよっ」と叫ぶ私に兄は「大丈夫大丈夫、ゲレンデより返って柔らかいほうがいいよ!」と叫び返します。え〜い、行ってしまえ、これが持ち前の私の性格とばかりに滑り出しました。しかし、そんな気分と裏腹に滑り出すと、心の奥から”いける!”の声。

いきなりオーバーヘッドのパウダースプレーが私を歓迎してくれました…声もでないほどのしあわせ♪

よく辛いことや悲しいことを乗り越えれば、次には楽しいことがやってくると言うけれど、私はそうは思いません。なぜなら、楽しいことの次には、じゃあ辛いこと?になっちゃうでしょ。乗り越えていったものは、何であれ自分の過去。決して変えることはできない。でも過去は過ぎ去ったもの、終わったこと。楽しくても辛くても<今>という時間と空間を大切に過ごそうと思います。

トンネルを抜けたから、光を浴びて前へ前へと進んでいく。歩く速度も歩幅も変わらずに…今までどおり、変わったのは光を浴びているということだけ。

もちろん完璧ではありません。不都合もたくさんありました。左肩で担いでいたスキーは右肩で担ぐと、長い間の癖があるから、すごい違和感だし、担ぎ方ひとつとっても、ギクシャクして時間もかかります。<こぐ>という動作も力を入れると痛いし、リンパを取った私は左腕に負担をかけられないので、右ストックだけでトラバース(横への移動)したりは重労働。

それでも収穫はたくさんありましたよ。左腕に負担をかけたくないので、できる限り腕や肩の力が抜けた状態で滑りたく、常に力を抜くことを意識しました。スキーは左右均等のバランスで滑るスポーツなので、左をかばうあまりに左右のバランスを崩したくありません。ひたすら力を抜きながら左側もしっかり使うようにしていきたいのです。そのためには、イメージをたくさん使いました。身体という木の幹から腕という枝が生えていて、その枝が幹のコントロールで自由自在に動くなど。それでもすぐに腕に力が入る自分にも気がつきました。今までは、こうやって肩や腕に力を入れてリキンで滑ってたんだな〜ふむふむ。

今朝、ゆきぷうのブログを読んでいて、とっても心に響いたことがありました。

キネシスをやりたい!と思ったその原点が京都にあって、それを感じるために先週末ゆきぷうは京都に夜行バスで出かけたのです。京都行きの話しを聞いた時、私も一緒に行こうかな〜と考えたんですが、私はスキーに行くことを決めました。そしてゆきぷうが京都でキネシスの原点を感じたように、私もニセコで自分の原点を感じていたのです。

私がピラティスを始めた理由は、無理な姿勢でスキーを続けた結果、ボロボロになった身体をピラティスで回復させたい。そして、いつまでも滑れるようにしたい…

もう一度、この原点に戻ることが私のこれからの未来なのだと沸き立つものを感じました。私はスキーが大好きです。雪からはたくさんのパワーをもらいます。だからこそスキーヤーとして、ピラティストレーナーとして”みやのゆきこ”に出来るものを見つけていこうと。

兄が滑っている映像を撮ってyoutubeにアップしてくれました。オレンジっぽいウエアを着ているのが私です。
http://www.youtube.com/watch?v=hGoT0fvkWNg

写真はお世話になった宿・仁里木舎の前で。その宿に集うパウダー大好きな方々&おかみさんのまみちゃんと一緒に。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM