オーバーヘッドな車と鍵


 あっという間に日々は過ぎてゆきますよねー

相変わらず、毎日雪にまみれて過ごしておりまする…

というのも、今朝は晴れ間があったものの、あっという間に雪が降り出して、夕方の降雪といったら驚くほどのものでして。

車でオーバーヘッドしながら、ミーティングに向かった次第なのです。

あーん…
もう運転いやだぁ…

そんなこんなで、ようやく家路につき、まずは車を横っちょに停めて雪かきから!と意を決した私は家の鍵を探しました。

ごそごそっ

ごそごそごそっ

ごそごそごそごそっ!

なーい!!

もう涙もちょちょぎれないほどの哀しさというのは、これだもね。ふん!だ。

すぐさま大家さんに電話をして、泣きつきました。
優しいの。東京じゃ考えられないくらい、最初から優しい大家さんはすぐに来てくれるとのこと。

待っている間に、気持ちを奮い立たせ雪かきをすることにしました←負けないゆっちん!

家の前を半分くらい、「ママさんダンプ」で雪をかいた頃でしょうか。何やら黒っぽいものが雪の中に見えたんですよね。
なんじゃこれ?と思いつつ、手を突っ込んで取り出してみました。

な・な・なんと、落としてしまった鍵じゃありませんか!

家の前だけど、入れてないから電気がつけられず薄暗かったのに、まるで私を見つけてね♬っていうくらいな感じで私の前に姿を現してくれたのです。

アンビリーバボー!! うっほほーい♬

ありがたやー、ありがたやー

んなこんなな日々ですが、格闘しつつがんばってます♬

でもって、明日もこんな感じで倶知安は一日雪らしい…

がんばるー


年女なへびおんな


 また新しい1年が始まりましたねー

今年もどうぞよろしくお願いいたします♬

私は年女。
そう”へびおんな”なので(笑)、しつこいんですよー
周囲にいる方はお気をつけくださいね。

ニセコでの生活が始まって、あっという間に10日が過ぎました。毎日毎日、たっぷりこんこんと雪が降り積もるので、滑りまくる生活を送っています。

しあわせだー…

と感じつつ、最初から飛ばしすぎたらシーズンもたないと言い聞かせ。今日はお部屋のお掃除と、事務仕事もろもろを片付けることにしました。

しかし、パソコンの前に座るまでには時間がかかります。
そう、雪国の暮らしは雪かきから!
朝のうちに除雪が入るので、出かけなくても車をどかさないとならないのです。

車を移動させて、玄関の前の雪をどけて、ベランダの雪を外へ投げて、、、だけで大汗をかき、良い運動と思えれば良いのだけど、雪かきは一定方向へ身体を捻るから腰が痛くなり(涙)。

年末年始は大忙しでした。
友達が来て泊ってたし、知り合いのパウダージャンキーたちもたくさん来てたし、私みたいにシーズンをこっちで過ごすひともたくさんいるし。

東京生活よりたくさんの人に会う毎日に、年末に誓った「人との繋がり」を大切にしていくべく、ここニセコに来たのかなーと感じています。

さて、2013年は私のこの先の人生を大きく決めることが起りそうな予感です。
そのためにも今まで以上に身体を大切にして、健康に気をつけていこうと思います。何事も控えめ控えめですもんねー

持っているチカラを惜しみなく出し切って、良い1年にしていきましょうね!



HPリニューアルオープン!の裏話


 気がつけば、、、10月も半ば。
1ヶ月もブログを更新せずに月日を過ごしてしまいました。

そんなこんなですが、ようやくHPをリニューアルオープンしました!

現在私が提案していることの大きなくくりは「スキー」「ピラティス」「ウォーキング」「森林セラピー」の4つですが、ここ数年それらを表現することに苦労していました。

全てがつながっていて、つながっているからこそ「みやのゆきこ」のカラーなんですよね。
が、個別にすると表現できるけど、きちんと関連させるのが難しかったんです。

それを見事に表現してくれたのが、幼なじみのルイス。
彼女とは物心ついた頃には一緒にスキーをしている仲で、途中全く音信不通になったこともあるけど、いつのまにかまた一緒に過ごしていたりと不思議な関係です。そうですねーある意味、姉妹のような。

そうそう、ピラティスをやるキッカケになったのは、ルイスの提案でした。

HPを見てもらうと、それぞれのカテゴリーの最初に「BRIEF」が書いてあります。この「BRIEF」を書くのにかなり苦労したんですよね。ルイスなりにイメージがあり、そこに沿った形で展開していきたい訳ですが、私との擦り合わせがうまくいかずに、書けども書けどもダメだしの雨あられ…

あげくの果てにプロフィールのとこの「みやのゆきこについて」も何を書けばいいのか全くわからなくなっちゃって。
追い込んでいた数週間は、他の仕事もめちゃめちゃ重なっていたので、朝6時からパソコンに向かって作業するという状態。頭がグルングルンな日々でした(苦笑)。

いろんなことは重なる訳で。

そうこうしている内に、シーズンのキャンプ日程も組み直さなければならなくなるという始末…

とほほ(涙)

そんなやり取りがあってのオープンだったので、本当に嬉しいです。

今はまだ、中身の方が薄い状態ですが、この先は慌てずにゆっくり充実させていきたいと思っています。
ブログの方も書いていきたいことがてんこ盛りですので(笑)、この先もどうぞおつきあいくださいね!

みやのゆきこオフィシャルサイト




三陸へ…それでも花は咲いている


 これでもかー これでもかー 
というほど燃え盛る夏が続いてますね。むかしむかしは夏も大好きだったのに、最近ではめっきり苦手。とにかく早く冬になってけれーと願う日々でございます。

7月に念願かなって行ってきた”白神山地”。
実はこれには大きな願いがありまして…

時間と体力が許すなら、三陸の方を回ってきたかったのです。

今になったって何ができる訳でもありません。
ただ、この目で見て聞いて、土地の匂いを嗅ぎ、感じる何かを私なりの観点で伝えることができるのではないだろうか、、、

それ自体が自分のおごりでした。

次から次へと飛び込んでくる真実をどう受け止め、どう繋げていけばいいのか。
まだ気持ちが整理できないままですが、私なりに先に進むべくブログを書きたいと思います。

とにかく最初に思ったことは、町が消滅している…

もちろん復興へ向けて、たくさんの方々が前向きに闘っていました。
高く高く積まれた瓦礫の山と、その瓦礫になってしまっただろう家の残された土台。どれだけの空しさと、どれだけの希望が入り交じる中で気持ちを整理しながら、またくる明日へと向かっていっているのだろうか。

命が残されただけまだいい。

それは本当なのでしょうか。

私は”がんばろう東北”という言葉を軽々しく口にできません。
”がんばろう”と言う前に、この未曾有の大災害にあってしまった方々の本当のココロの声を聞き出す、いえ、吐き出してもらうことが先決なのではと…

また必ず訪れることをココロに誓って。

Photo: cjlewis
ピンポイントで撮っている訳ではありません。行く町行く町が、全て同じ状況です。


photo: cjlewis
この時計のさす数分前には、ここにはあたり前の日常があったのでしょう。


photo: cjlewis
高く積まれた瓦礫の山は、決して自然の山の一部になってはいけない!


photo: cjlewis
枯れてしまった木々が残した津波の壮絶さ。



photo: yucchin

それでも花は咲いている。




大好きだったババちゃんと


 お陰さまで…

マリリンモンローと同じ誕生日の6月1日に、
20と20を足して、その上に7を足した年齢を迎えることができました(笑)。

ありがとうございます!

そんな私がお誕生日に感じたことは…
ここ数年、怒濤の日々を過ごしてきているんだなーと。

38歳のときに母を亡くしました。私と同じ…というか私が母と同じ病気になったんですけど、乳がんからの全身転移でした。最後の半年間位の闘病生活は、なかなか過酷でして、私も覚悟を決めた介護生活を送っていました。

そんな母を見送ってから数年後に父の様子がおかしくなってきてしまいました。
最初は気丈に生活を送っていたのですが、いつの間にか”うつ病”というやつを発症してしまったんですよね。キッカケは伴侶を失ったことだと思うのですが、腰を悪くして(脊椎間狭窄症)段々歩けなくなってきてしまった事が、それに拍車をかけたんだと思います。

元々、社交的で出歩くのが大好きな人でした。
歩けなくなってきたことで、極端に外出が減って人にも会わなくなって…という悪いループにはまってしまったんだと思います。

父にとっては、私のヘルプが一番必要だったと思います。
父に対しては色々なココロの葛藤がありながら、私なりに精一杯のことをやってきました。

が、そんな折、今度は私が発病してしまったんです。

自分の闘病生活と父のことが重なり、あの当時は何をどうしたら良いのか解らない毎日でした。思えば、父は私のお見舞いには一回しか来てくれませんでした。まあ、本人も車いすだったからどうしようも無いんでしょうけど…

そんな父も心臓も患ってしまい、大手術を乗り越えはしたんですが、あれよあれよという間に体力が落ち、2年半前に他界しました。

人生って、本当にいろんなことが起りますよねー
さいあくーと嘆いていたのに、あれれ?良いのかしら?と心配するくらい良いことが起こったり、
順風満帆にいっていたと思いきや、あっという間に反転したりもする。

あーもうやだ!とか
生きてゆくのって大変とか

いろいろ思ったりもするけれど、なんだかんだといいながら47回目のお誕生日を迎えられたということは、とても素晴らしい奇跡なんだなーと感じます。

ここ数年、自分のお誕生日には産んでくれた母のお墓参りへ行っています。大変な思いをしてこの世に産み出してくれたんですもんね。
でも、今年は何故か母方の祖母に呼ばれた気がして、祖母のお墓参りへ行ってきました。

無心に雑草を抜いて、大好きだった”ババちゃん”とゆっくりお話して過ごしたお誕生日でした。


飲まず食わず


 こんばんはー

このブログを朝読んでくださる方もいるかもなのに、なぜかとっても”こんばんはー”って言いたい気分(笑)
昨日は、東京地方突然風が変わりましたね。
そんな夜空を撮ってみました。

ただいまの時刻22:47分。
明日は健康診断につき、22:00以降の飲食は禁止に突入いたしました。そう、飲まず食わずってやつです。お昼まで何にも食べられないと思ったら、夕食はお腹いっぱい食べてやるぞーと張り切って、エビチャーハンてんこ盛り食べちゃいました。

その後の眠いこと眠いことったら。
レッスンが辛ろうござました(苦笑)

飲まず食わずかーと思っていたら、ふと4年前の手術のときを思い出しまして。

そう、あれは2回目の手術のとき。

もちろん前の晩から飲まず食わずってやつでした。1回目の手術のとき、それはそれはお腹が空いてどうしようもなかった記憶があったので、どうやってしのごうかと色々考えておりました。

が、結局入院している訳だし、特別何もできないまま当日を迎え…

私は3番目の手術だったんですよねー
予定開始時刻が午後2時。
うわー、それだけでも辛いというのに、何やら予定がおしておして16時になっても呼ばれやしない。前の晩の21時を最後に飲まず食わずですよ!

まあその辛いこと辛いことったら。

それに比べれば明日はお昼にしっかり食べれるんだし。幸せですもんねって言い聞かせ中です(笑)

明日はバリウム検査があります。
バリウムって飲む前にお腹膨らませる薬飲むでしょ。ゲップしちゃいけない辛いやつ。
昨年は我慢できなくってゲップしちゃったんです。
まあいっかと思ってそのままにしてたら、途中で”んーダメですねえ。もう1回飲んでください”と言い渡されて、余計辛い思いしたから、明日はぜーったいゲップしないんだもんねー

おやすみなさーい。


パラレルワールド


 この世界にはたくさんの分岐点があって、それに平行するように別の世界があるのだという説。それは魔界とかではなく、私たちのいる宇宙空間と同一の次元を持つもの。


 昔からたまに見る夢があるんですよね。

 それは、私が生まれ育った場所にとーってもよく似ているんだけど、何かが少し違うんです。
 例えば、私が住んでいる場所だったり商店街のある位置だったりとかが。

 昨日の夜というか今日の明け方、またその夢を見ました。

 傾斜地に住宅街があって、下の方には小さな川が流れています。私はいつも住宅街の上の方にいて、その川近くにある商店街の方へ向かおうとするんです。

 昨日は近道をしようとして、傾斜地に立っている建物の中に入りました。そう、上から入って下から出るって感じです。
 下の扉をあけて外へ出ると、そこはまた違う世界になっているんですよね。

 でも別に違和感を感じる訳ではなく、そこにはいつも会う仲間や友達もいて、なーんにも変わったこととかは無く、またそこでの生活を始める…といった感じの夢。

 その夢から現実に帰ってきた今日の朝のこと。
 しばらく私がどの世界にいるのかが解らなくて、頭は重いし身体も重いし、ものすごーく疲れていました。

 そしてふと、私は本当に別の世界へ行ってきたんだじゃないのだろうか?と感じました。

 ようやく意識がハッキリしてきて、ベッドから起き上がる事ができたんですが、今にもまたあの世界へ行ってしまうような感覚との闘いでした。

 この夢を見ると、いっつも同じような状態に陥るんですよ。とにかく深いふかーいところへ行っているような。
 幽体離脱?夢遊病?

 うーん。謎です。

 あっ、、ゆっちんは、とうとう頭おかしくなった?とか思わないでくださいね(笑)
 あまりにもリアルに違う世界での生活を経験してきたから、どうも気になってブログに書いてしまいました。

 さて、また今日も寝ましょか。
 でもちょっと怖いなー。またどこかの世界へ行って戻ってこれなかったらどうしよう?
 ブログの更新がしばらくなかったら、誰か探しにきてくださいね(苦笑)


BLS一次救命処置講習会


 夏の間さぼり気味だった朝のおさんぽ。。最近はきもちがよくて再開しております♬
今朝はこんな感じで、おひさまがキラキラと。


この間の日曜日、BLS(一次救命処置)講習会へ出席してきました。

この企画は日赤とか消防署で行っているものではなくて、スキー仲間の荒井直美さんからのお申し出による講習会でした。
荒井さんは、虎の門病院のシュミレーション・ラボセンターで、救急だけではなくさまざまな医療のための研究や講習を全国でしている方です。そしてBLSに関しては、トップクラスのインストラクターなんだそう。

まあ、スキー界で言うとナショナルデモンストレーターというあたりでしょうか(笑)

救急法というと、指導員のお受験当時に受けていたので、かれこれ何年前だろう?というくらい、むかーしむかしのこと。

あたり前ですが、内容は大分変わっていましたし、こんなに実技もしていなかったので、救命に関する常識が一変しました。

まず胸骨圧迫の方法。

1、なんと100回/1分以上なんです。これって相当早いですよ!
2、んで、深さは5cm以上。現場では胸骨が折れることも多々あるそうですが、命との天秤にかけたときはどうなんでしょうね。
3、押したものを完全に0ポイントまで戻します。
4、中断は最小限。人が交代する場合でも5秒以内で理想は中断しないこと。


とにかく1秒でも早く、この胸骨圧迫を始めるのが大事だそうです。

続いて人工呼吸の方法。

1、まずは気道の確保。時間がないから、焦っちゃってこれが難しい。
2、1秒で1回→を2回やる。そのときには口をガバッと囲んで確実に胸郭が上がるかを確認。

胸骨圧迫を30回→人工呼吸を2回


これを意識が回復するか、救急車が来るまで、ずーっと続けるのです。

AEDを使った救急法もやりました。

よくAEDはガイダンスがあるから簡単と言うけれど…
私は初めて触ったんですが、実際は焦るだろうし、ガイダンスを聞いている余裕が本当にあるんだろうか?という疑問でいっぱいです。

でも、最初から最後までやっておくと、こういうもんだというのが解るから、全然対応が違うんじゃないかなと感じました。
だって、AEDでショックをかけるだけじゃないんですもんね。実際は、胸骨圧迫と人工呼吸と組み合わせてやる訳です。

この講習を受けて、荒井さんとも話し、共感したこと。。

医療に素人のわたしたちには、完璧に救命をするというのは難しい。
けど、何もしないで、できないでただ見ているだけで後悔しないのだろうか。。それがもし自分の大切な人だったとしたら。

そしてスキーやピラティスのインストラクターとして、人と向き合っている以上最低限の責任というものが存在していることも、忘れてはならないと肝に銘じたのでした。

荒井さん、ありがとうございます!
そして参加されたみなさま、お疲れさまでした!

救命処置ができるようにするかではなく、大切なことなんだよーということを伝えていきましょうね。





その数188枚!


 なんだか振り返ってみると、伝生に書いていることって、めっちゃ真面目というか真剣な内容だなーと。。。ふと感じた今日この頃。

なぜ?

そうなんですよ。
twitterやface book始めたら、そっちで日頃の情けないオソソウや、がびょーん!って思うことなどをツラツラと書いているからなんだと。。

そうじゃいけん!

私の中では、この”伝生”が一番大切な素の部分のはず!と強く思い。最近、自分の中でヒットした『情けないけどココロ暖まるお話』をひとつ(笑)

実をいいますと、スポーツブラKiraraは商標登録というやつをやってまして。
最初の出願がなんと昨年の8月9日!跳ね返されては、くらいつきという繰り返しをして、ようやく登録までこぎつけたんです。わーいわい♬

最終的に登録するにあたり、登録料の税金を納める訳なんですが。
夏休み前にその書類が届いて、休みを越してはいかん!と誓い、書類を作って税金分の印紙を貼って投函した(あっ、投函は実は北海道だった)んです。

ほー・・・
これでようやく登録できたかーと。

思いきや。。。

差し戻されてしまって。。。。。。。(涙)

印紙は印紙でも”特許印紙”ってやつを貼らなきゃいけなかったのに、普通に”収入印紙”を貼っちゃったんです。

しかもその額、な・な・なんと 37,600円!!

ひえーっ

慌てて購入した郵便局へ行って聞いてみると。
貼ってしまった印紙を使用可能な状態にするには、税務署の許可が必要で、しかし、現金化はできないから新しい印紙を渡すしかないと。。。しかも特許印紙にすることはできない。

ええっ!なんてこと!37,600円もの収入印紙をどうやって使えばいいのさ。。ふえーん。。
しかも別に特許印紙代がこれからかかるというのに。。

税務署で駄々こねること数分。。結局ラチあかずに、あまりにも悲しくてtwitterでつぶやいてみました。

そしたら!

捨てる神ありゃ、拾う神あり♬

ケミ友のこもっちから神の手が届きぃ♡

200円にしてくれたら、こもっちの会社で引き取ってくれるという優しいお言葉を。。(涙)
生きてて良かったー
まさに”伝えるために生きている!”だわー(苦笑)

これが200円にした収入印紙188枚!



不思議なご縁で。。。


 先日グリーンのカーテンに着手。
とはいえマンション暮らしの私には、ベランダにネットを張るという作業はかなり難儀。

あー
うー

とかtwitterにつぶやいてたら、救世主が!!

ブログにも良く書き込みしてくれる、ちょびんさんが電動ドリル片手にやってきて、あっちょんちょんと穴をあけてくれたんです。実はちょびんさんは65歳のおばあちゃま…おそるべしです!

ほんでこんな感じに♬

ご縁というのは、不思議なタイミングでやってくるもんでして。
早くきてー!と願っているときは、100%近くやってこなくて、なんか興味あったりとか気になったりして、動いていると、ふとした瞬間にやってくるんですねー

という感じで不思議なご縁から、デューク更家さんの「表現者のためのウォーキング講座」というのを受けてきたんです。

ウォーキングは、ボディワーカーとして兼ねてからの課題。
如何に長い時間きれいに、そして効率よく身体を使って歩けるのか。

ウォーキングっていうと、なんか道を歩くという感じがするけれど、夏山を歩くこともそうですし、冬山を登ったりシールをつけて歩いたりもそう。

歩けるって素晴らしいことだと思うんですよね。

大分前ですが、脳性麻痺で下半身の感覚がない方のリハビリをピラティスでお手伝いしていました。東京で1人暮らししながら、杖をついてなんとかスタジオに通って来てくれていたんです。

その方曰く、いつかは歩けなくなるかも知れないけど可能な限り、自分の力で歩いていきたいんですと…

デュークさんの独自の理論は、とても利にかなっているなーとつい先日とある打ち合わせで話をしていたばかり。そんな矢先にご本人直接の指導だと聞いて、即決して受けてきました(笑)

うんうん、つながりましたよー
朝いちピラティス@公園でも取り入れている、ノルディックウォーキングでの体感ともバッチリつながりました!

相当深い内容のものなのに、いとも簡単に伝えてしまい、そしてみんなを感動させるというテクニックは素晴らしかったです。そして何かを築き上げた人のオーラというのは凄い!のひとこと。

また機会あったら受けてこよーっと♬



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM