動くことは生きること!


ひゃ〜〜〜

な・な・なんと!

ブログを更新できないまま、あと2日で今月も終わるというではありませんか!

 

言い訳なんですけど。

 

ほっんとうに忙しいんです。

今シーズンは、昨年事故でツアーキャンセルになり大迷惑をかけた分の取り戻し、と思い倒れる決意でフル活動なのです。

 

で。

 

本当に倒れました…

 

1月にも、その序章があったのですが、とうとう本番を迎え「急性胃腸炎」ってやつ。

私はとにかく子供のころからお腹が弱くて、何かというとお腹を壊しちゃいます。腸は元気のバロメーターといわれるので、日頃気をつけてはいるんですが、外食も多くなるし、一日の終わりはどうしても「プハ〜っ」とやりたいしねえ(苦笑)。

 

1月の序章のとき、ホームドクター美緒先生から「とにかく身体をゆっくり休めて暖かくしてください」って言われて「えっ?毎日寒い中外にいて忙しい私はどうしたら?」と首を傾げて笑ったのはいいんですが。

 

笑いで済まされなかった今回の胃腸炎。

 

21日火曜日は、1日缶詰でスキージャーナルの原稿と例のやつ(確定申告)に取りかかりました。夜遅くまで粘ったので、そそくさと買い物に行って、普段なら手を出さないのに買ってしまった「とりザンギ(北海道では唐揚げをザンギと呼ぶ)」。

弱った身体に油がいけなったんでしょうかねえ。

食べてる途中から、なんだか変な感じはあったんですが完食したその夜中です。冷や汗ダラダラの吐き気に襲われるわ、熱がでるわの大騒ぎ。

 

朝を待って、這いつくばるように病院へ行き、お薬のお世話になることになりました。

 

その翌日、木曜日になっても吐き気が治まらないので、一日ほとんど布団の中で過ごすことに。こういう時って、本当に寂しいし、物悲しいし、不安だし、マイナス指向のオンパレードになっちゃいますよね。

 

それでも金曜日は少し回復してきたので、上向き指向が顔を出し始め「明日は久しぶりにスキーに行けるかなあ…」なーんて思えるようになりました。

 

が!

そうは問屋が降ろさない!

 

その晩は腸が暴れる出番だったようです。

一応、女子なので細かい描写には触れませんが(苦笑)。

 

ほとんど睡眠が取れないまま迎えた土曜日の朝、体調よければ地元の友達と山へ行く約束だったのですが、当然の如くキャンセル。

でも意を決してスキー場へは行くことにしました。なんとなくカンで、身体を動かした方がいいような気がしたんです。

 

私の数々の闘病や怪我経験からすると、「動き出すタイミング」ってあって、そこであまり大事をとってしまうと長引いちゃうんですよね。

 

昨日は少しゆっくり目にスキー場へ行き、雪も良かったので一人で大好きな「スキー散歩」をしました。

あっちの森はフラフラ〜、こっちの森へフラフラ〜って感じ。久しぶり(とは言っても5日ぶりですが)のスキーは気持ちよかった〜

 

しかしご飯もあまり食べられていないし、たった数日寝込んだだけで筋肉が全く機能しなくなっていて、踏ん張れません。ボーッとして枝に引っかかり転んじゃう始末だし。

たった1時間半くらいのランで、相当疲れたようで家に帰ると倒れるように2時間も寝てしましました…

 

けどね。

 

Be active, be lively〜動くことは生きること!」です。

 

私が作ったこの名言←自分で言うか(笑)

 

そこから先は、あれよあれよという間にどんどん元気が湧いてきました。

今日もね、たくさん滑ってきましたよ。フェイスショットもあり、オーバーヘッドもあり!

良い汗たくさんかいたので、これでも大丈夫。

 

 

長くなりましたが…

 

最近忘れてしまっていたこと。

 

動けること、元気でいれること、そしてスキーができることって本当に素晴らしい奇跡!

あたり前があたり前にならないように、また明日からも大切に動いていきましょう。

 

<倒れる前日>



大人のスキーの読者の方と


気がつけば怒濤の日々の1月も、残すところ一週間。

あ〜〜〜どんどんパウダーシーズンが過ぎていきますね。

 

今はプライベートガイドに専念する時期なので、毎日いろんな方々とご一緒させていただいています。

 

そんな中、数年前に書かせいただいた「大人のスキー」の記事を読んだ方と昨日はご一緒してきました。

昨年メールをいただき、そのときの題材だった「スキーと五感」にとても共感してくださったそうで、私と滑りたい!と連絡をくださったのです。

 

こんなに嬉しいことってありません!

 

私は文章を書くのが大好きで、いつか文豪と呼ばれたい!と大妄想していますが(笑)、書いた記事に感動して、しかも行動に移してくれるというのは、一番願っていることなのです。

 

たくさん滑って、たくさんお話しました。

 

こんな風に感じ、こんなことを思ってくれたんだと、私自身にも気づきがたくさんあった時間でした。

 

忙しいと、つい忘れがちな気づきや感動を逆に教えてもらったかな。

よーし、心機一転またがんばろーっと。

 

ありがとうございます!



あたり前の日常の大切さ


年末にニセコに来て、とにかくびっくりしたのが雪の少なさ。

スキー場に行くと笹は出ているし、地形は残っているし、とてもじゃないけどオフピステを滑る気分にはならず…

 

その反面、ゲレンデはビシッと雪上車で圧雪されているから、カービングターンの気持ちよさったらもう。

 

いつ降るか、いつ降るか

 

と心待ちにしていたら、やっときました大寒波!

 

昨日の午後から天気が変わり出し、いつものニセコの風になり、ニセコらしい雪がどんどん降り出しました。

 

大雪は大変だけど、やっぱりここではそれがあたり前の冬だから安心しますよね。あたり前のことがあたり前じゃなくなることって、実はとても怖いこと。

それに引っ張られ、全てが狂い出すように感じます。

 

あたり前のニセコ生活は、真っ暗な早朝に除雪車がやってくる音から始まります。暖かな布団の中で、ぬくぬくとまどろみながら、「あ〜今日も雪が降ったのね」と一日の予定をめぐらせ起き出します。

 

すぐさまスキーに行ける格好をして、顔を洗い、朝食を食べます。

平日は、ほぼ毎朝8:00までのゴミ出しがあるので、ゴミを出しがてら車と玄関先の雪かきをし、その後はスキーへGO

 

大体午前中早めに帰って来て、家でゆっくりお昼を食べ、そしてコーヒーを飲みながらPCに向かうというのが、あたり前の日常。

 

雪が降らないと、私はその全てが狂ってしまうんですよね。

除雪車が入らないと、「今日はノーパウかあ、、」とつい寝坊しちゃうし、滑ってきたフレッシュ感もなく、なんとなく一日が過ぎちゃう。

 

このあたり前がいつまでも続くように、いろんなことを大切に過ごしていこっと。

 

雪っていいね!



2017所信表明!


また新しい1年が始まりました!

 

新年あけましておめでとうございます。

いつもいつも色んなことが起りすぎて、心配ばかりかけている私ですが、新年を迎えることができ嬉しい気持ちいっぱいです。

 

この1年を無駄にしないよう、気持ちを引き締めて毎日を大切に過ごしていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

そんな訳で恒例ではございますが、2017年へ向けての所信表明(^^)

 

「諦める」

 

えっ?

って思いますよね。

なんとなく後ろ向きな言葉ですから。

 

けど、これは決して後ろ向きではなく目的に向かって行くために、いろんなことを諦める覚悟を持つということです。

 

私は元々好奇心旺盛で、いろんなことに興味を持つ性格です。そしてそれをやってみないと気が済まないという、ある意味、何でも手を出し興味がなくなれば、とっとと辞めるという飽きやすい性格なのです。

 

「そうじゃあないんだよ、長い人生は」

 

という気づきがあった2016年。

そのステップアップのために、興味を持ちやってみたいと思った事でも、まずは「諦める」ことをしてみようと思ったのです。

 

その上で本当にやりたい!と感じたことは、自分にとって必要なことなのではと。

そして日常においても、やりたいこと満載の欲張りさんにならないように、小さいことをコツコツと「諦める」生活をしていくつもりです。

 

さて結果はどうなるのか?

 

そんな2017年の私を、どうぞお見守りください。

そして皆様の一年も光輝く毎日になりますように。



ノルウェートレッキング紀行〜トロルの舌(Trolltunga)〜


あっという間に2016年も終わりに近づきましたね。最後のシメとして書き上げるべく「ノルウェートレッキング紀行シリーズ」のおまけの巻。

 

無事に歩き終えた私たちは、翌日、当初から宿泊地として選んでいたOddaという小さな町へ向かいました。

フィヨルド地形そのものを絵に描いたような切り立った崖の合間を、船やバスを乗り継ぎます。対岸には垂れ落ちるかの如く長い年月を移動する氷河や、道路のすぐ脇に轟音を上げて落ちてくる滝。自然と文明の近いノルウェーを感じ思わず言葉を失い見入ってしまいました。

 

「あの崖の奥の奥を歩ききってきたんだなあ…」

 

Oddaは、ここ数年観光で脚光を浴びてきたフィヨルドにある小さな町。元々はメタル産業などで栄えていたそうです。

 

なぜここを選んだかというと、本来行くつもりだったトレッキングルートの最終到着地だったからです。それは、フィナーレとして「Trolltunga(トロルの舌)」という絶景ポイントへ寄って、Oddaに到着するというルートだったのです。

 

観光シーズンになると、中々宿泊を取るのが難しいフィヨルド地方。2ヶ月以上前からホテルを取っておいたこともあり、せっかくだからOddaに寄って、「Trolltungaへ日帰りで行って来よう」となっていたのでした。

 

ホテルからはバスに乗って登山口(Skjeggedal)へ。ものすごいクネクネ道&狭さは中々なもの。ここで一体どうやってすれ違うのかしらねえ。大体30分位で到着したでしょうか。

すると、いるわいるわの人だらけ。今まで、ほとんどトレッカー達と出会わなかったのに、まるで日本の山のよう。まあ、ノルウェーでいう「観光登山」なんでしょうね。

 

しかし、そうとはいえ往復22kmあり、しかも標高差約800mという、中々タフなコース。その上当日は雨模様だったものだから、「おまけ」とは、とてもじゃ言えないほど大変な1日となりました。

 

森の中から一気に標高を上げて登って行き、その後はフィヨルド地形を巻いていくように奥へ奥へと歩いていきます。フィヨルドは岩場なので、雨がしみ込まずに川や水たまりになり、行く手を塞ぎます。

しかしここでもワンコ連れが多く、登りでは大きな犬達が飼い主を引っ張る姿も。

「いいなあ…」←ワンコと暮らす夢を持つわたし(苦笑)。

 

 

 

さて、びしょびしょになりながらやってきましたTrolltunga!!

 

写真を撮りたい人が順番を待って、思い思いにポーズ。

なんというタイミングか、プロポーズの瞬間に遭遇〜!

 

同行のお二人は、もちろん順番を待ってこのポーズ。

 

えっ?私?もちろんカメラマンに決まっているじゃありませんか(苦笑)。実はこういうのかなり苦手でして。

見ているだけで気絶しそうでしたので、ここら辺でパシャリ。

 

ちなみにロープが張ってあったり係の人がいるなんてことはありません。全ては自己責任の元です。

 

 

さて、下りはもう大変でしたよ。

森の中はたくさんの人が歩いているものだから、土がぐちゃぐちゃになって凄い事になっています。いやまあ滑る滑る。日本だと、こういう場所には掴まるためのロープが張ってあったり、梯子がかかっていたりしますが、こっちにはそういったたぐいのものはありません。

 

ころんだら痛いだけではなく泥だらけになるから、もう必死です。

しかし!帰りのバスが不便なため、予めタクシーを頼んであったので、その時間までに登山口へ行かねばならぬ私たちには時間の猶予がありませんでした。

 

最終的に間に合いそうもないとのことで、ボッティーさんが先に降りることになり、私は待合せの約15分遅れで無事に下山。ちなみに待合せは17時。

タクシーは待てないとのことで、他の人を乗せて行ってしまったそう。ボッティーさんには「また戻ってくるから」と言い残したとのことですが、待てど暮らせどやってきません。

 

結局2時間近くまち、定期バスがやってきたときに、ようやくタクシーが来て…

「ちくしょー、バスに乗ってやる!」とも思いましたが、この日のホテルは町の港に近いところに変わる予定だったので、やむなくタクシーを選び、途中で前日に泊ったホテルで荷物をピックアップして次のホテルへと向かいました。

 

タクシー運転手曰く、SNSで話題になったTrolltungaのお陰で急激に観光客が増え、ホテルもタクシーも何もかもが間に合っていないらしいです。

そしてその日は登山口までの道路で車が崖から落ちた事故があり、しばらく通行止めになっていたとか。

ひぃぃぃ〜〜〜

 

中々大変な「おまけ」になりましたが、こんなノルウェーもあるんだと見ておいて良かったです。

日本の混雑した山が嫌になってきている今日この頃、遠い北の国までやって来ましたが、世界各地どこでも同じような場所ってあるのねー

 

そうそう話は戻りますが、前日にバスで移動中に一緒になったノルウェー人ご夫婦がいました。日本から歩きに来ている私たちにとても興味を持ち、色々お話しているときに「Trolltungaではジャンプしちゃダメ。つい最近オーストリア人が滑落して亡くなっているらしいから」とご忠告を受けました。

 

どこで落ちちゃったかは解りませんが、たしかに危険箇所だらけでしたもんね。

 

2年に渡り歩いた北欧の国ノルウェー。

3年前のスウェーデンと併せると北欧トレッキングは3回目になりますが、幾度に自然との関わり方を勉強させてもらっています。

ノルウェーにはノルウェーの、日本には日本の、そして以前行った南米ペルーにはペルーの、アコンカグアにはアコンカグアの、それぞれの土地が持つ自然があり、人があり、だから文化があります。

この国だから良いとか悪いとかではなく、それはリスペクトすべき大切なもので人類の財産だと痛切に感じます。

 

さて、2017年はどこへ行きますか。

そんなことを考えていると、人生の短さを感じざるを得ませんね。

 

生きているって楽しいなー!

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM