霧の中を歩き感じること〜赤城山へ〜


ものの見事に3週連続雨にたたられた秋になりましたね。しかも先週末も台風になるとは…

異常気象に対して決して他人事ではなく、地球人として一人一人がしっかり向き合わねばと強く感じています。考えさせられる秋になりましたが、土曜日は赤城山に登ってきました。

 

少しでも雨に降られないようにと、今回も北へ。

日帰りだったので、そう遠出はできないから関東圏内で「赤城山」を選びました。到着した時は大沼もよく見え、「よしよし」と思いきや用意している間に、あっという間に霧に包まれ出し。久しぶりに霧中登山を味わいました(笑)

 

眺望ないのは、もちろん寂しいけど、何も見えない中を歩くのもなかなか味わいあるものです。

「この先どうなっているのかな」とか「遠くには富士山が見えるんだろうな」とか、想像や妄想がムクムクと大きくなります。

 

けど、正直見えない分、ただ歩くという事は飽きます。

「わあ、綺麗ね〜」とか「すごい景色!」とかキョロキョロせずに、ひたすら歩くだけですから。

 

そんな時だからこそ感じられるコト。

 

雨が降りそうな時の匂い、落ち葉を踏みながら歩く音、風の吹き方、枝から落ちてくる雫の冷たさetc.

さまざまなコトに敏感になり、自分も自然の一部だと感じます。落ち葉だって、落ちたてホヤホヤの上を歩くのと、落ちて大分経っているものとでは、足の感触や踏み音が全く違うんですよ。

 

人間は約87%が視覚から情報を得ていると言いますが、改めて強く感じました。そんな登山も案外楽しいものです。

もちろん晴れているのが一番気持ちいいけどね〜



紅葉綺麗なニセコに来ました


やってもうたあ〜

いきなり公約?違反…

1週間に2回のブログ更新だったのに、先週は1回だけ。

私は絶対に議員さんにはなれないなー

いや、公約違反お茶の子さいさいの議員もいるから、なれるか(苦笑)。

 

そんな「嘘つきゆっちん」は、昨日ニセコへやってまいりました。ちょっと色々用事がありましてね。

 

現在、紅葉真っ盛りで綺麗です。山は終わりって感じですが、千歳空港からの道中、支笏湖がめっちゃ綺麗でした。写真撮ろうと車停めようとするんですが、高速道路並みの交通事情でなかなか良いタイミングで停められず…(涙)

 

けど、支笏湖からの峠を抜け、ニセコ近くにやってくると虹のお出迎え〜

 

2ヶ月ぶりに来てみたら、あたり一面黄色や黄緑。夏は濃い緑だったのにね。

今度来た時は真っ白になっているんですよねー

凄いな、自然って。

 

1年の間で、これだけ変化する彩りを見られるという幸せに感謝しつつ。

台風の進路になっている皆さま、充分お気をつけくださいね。



彩り深い安達太良山へ


つい先週の火曜日、自宅スタジオでピラティスのレッスンをしていたら、突然セミが鳴き出しました。あまりの暑さに血迷ってしまったのか…

ひと夏を越え最後の鳴き声だったことを祈った瞬間でした。

 

そんな暑さは幻だったのか?と思うほど急激に寒くなり、雨模様の週末でしたが、幼馴染と安達太良山へトレッキングに出かけてきました。そもそも雲取山へ行く計画にしていましたが、どうみても関東地方はNG。各天気予報とニラメッコしながら、比較的前線の影響が少ない北東方面へと向かうことにしたのです。

 

ちなみに私がよく活用している天気サイトは、Mountain Weather ForcastWindytyです。参考までに。

 

https://www.mountain-forecast.com

 

https://www.windy.com/

 

紅葉真っ盛りの安達太良山は、10月三連休は大渋滞だったという情報だったので、メインの登山口ではなくマイナーな塩沢口へ向かうことにしました。

幸い雨ではありませんが、山の上部は雲の中。まあ、東京の土砂降りを考えれば、上出来ですよね。

 

山の全容は望めませんが、登りだすとチラチラと色づいている木々が顔を覗かせています。こんな日だからこそ彩りがあるだけで、心は上向き。うん、期待が持てそうですねー

 

<屏風岩からの絶景!人も少なく最高のビューポイント>

 

1時間ほど登った頃、二人組の女性が降りてきました。まだ10時ごろなのに変だなーと思い、「どこからですか?」と声をかけてみると「地元なんですけどね、今日は足元が滑るから引っ返してきたんですよ」とのこと。

 

むむっ?この先やばいの?

 

「山頂まで行くなら、滑るところあるから気をつけて」と声をかけていただき私たちは先に進みました。

いやいやありました、ありました。川を渡ること数回、しかも濡れている木の橋なので滑ることったら。そして川を形成している断層は岩が露出しているので、登山道がなくなってしまいます。

 

 

ヒヤヒヤしながらも木々の彩りを楽しみながら登っていくと、開けた道に出くわしました。一番のメイン登山道ですが、まるで国道に出たように広く整備され多くの人が行きかっています。

 

<黒金温泉も見事な色に囲まれてました>

 

人気が少ない紅葉深き山の中にいたことが、幻のような気分になりつつ、国道の人並みに飲まれながら山頂へ。残念ながら雲の中でしたが、ちょこんと盛り上がった山頂は、自然が生んだ展望台のような感じです。

360度の大パノラマが広がっているだろう景色を、ココロの目でしっかり見てリベンジを誓いました。

 

下りは、あだたらスキー場方面へ。前日までの雨の影響なのか、それとも地層の影響で水はけが悪いのか、登山道は泥でグチャグチャです。

絶対!転ばないことを信念に下りきりましたよ(笑)。

ちなみにゴンドラ乗り場に、ちゃんと靴を洗う場所があるので安心です。ってことは、常に泥は想定内?

 

そうそう、話は飛びますがNORWAYTrolltungaの激しすぎる泥道を思い出しました。後にも先にも、あのドロドロ経験はトップです。

 

最後はスキー場のゴンドラで奥岳登山口へ降り、タクシーで塩沢口へ。全行程、約7時間半となりました。

 

続きは二本松の観光編です〜



イベント情報アップしました


気がつけば明日で一週間が終わり!

やばいです。

今週はまだブログを1回しか更新していない〜〜

と、慌てている私ですが(苦笑)

 

今週、ようやくスキーシーズンのイベント情報をアップしました。

シーズン中の活動拠点を北海道に移すようになって、イベント企画が減ってしまいましたが、こんなペースで進めていけたらなーと思っています。

 

とにかくいちばん大変なのが、「いかに移動を楽にするか」です。本州との移動はどうしても日にちを取られてしまうし、何せ荷物のやりくりがエライことに!

 

宅急便で送る場合、冬の北海道からは最低でも中1日必要。天候が荒れでもすれば、一体いつ着くのやらになってしまい仕事になりません。

この時期は本当に頭を悩ますのです。

 

よし!完璧と思っても、不測の事態というのは起こるもの。

あ〜〜〜〜。ブーツがない!とか。

あれ?ビーコンどこいった?とかはお手のもん←威張るなっ

 

そんなシーズンが、また始まると思うとドキドキもするし、ワクワクもするし。

 

まあ、今年は所信表明で「諦める」と公言したわけですし、無理に予定を詰め込まずに、ノラリクラリとした日々を過ごそうと思います。

 

そんな私ですが、今シーズンもよろしくお願いいたします!

2017/4 蓮華温泉ツアーにて



高地トレーニングスタジオ体験


ピラティス仲間に誘われて、平塚にある「KOACHトレーニングスタジオ」へ行ってきました。KOACH=高地という意味合いで、標高約2300~2400mの高地環境でトレーニングするということです。

 

聞くところによると、通常の大気中の酸素濃度は約20.9%ですが、そこでは15.5%あたりに設定しています。ただ気圧は高地のような低気圧にせずに、1気圧を保っているので、高山病のようなことにはなりづらいそうです。

 

ようするに気圧は低地と同じにして、酸素濃度だけ下げて、心肺機能をフルに使いましょうってことですよね。

 

 

いろんな説明や注意事項を受けた後に、私はトレッドミルマシンでウォーキングをしました。ただ歩くだけではなく傾斜をつけて(登りね)心拍数を上げながらです。けど5分ごとに休憩して、SpO2(最大酸素摂取量)を図りながらなので安心でした。

 

 

30分ほどトレーニングして体験は終了となり、外へ出るとなんだか、酸素がいっぱいある感じ。心地よかです〜

 

3年ほど前にAconcagua登頂チャレンジのために、最後の追い込みのでMIURA BASEの低酸素ルームに通いました。

そこは高所登山を目指す人のために設計されたものなので、今回のKOACHとはコンセプトが全く違い、それはそれで面白かったです。

特別な人のものではなく、一般の人でも使いやすいようにハードルは低く、それぞれのニーズに合わせてトレーニングしましょ、というような感じ。

 

日々の体力アップのためには効率的そうだなーと思いました。

もっと近かったらな〜

めっちゃ安いし通うのにな〜

だって、月会費がレギュラー(終日利用)だと、一コマ45分が月8回まで利用できて9000円なんですよ。しかもデイ(平日昼間)になると、なんと7000円ポッキリ!

お近くの方、オススメです(笑)

 

平塚スポーツケアセンター

http://koach.hiraspo.com



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM