ノルウェートレッキング紀行〜トロルの舌(Trolltunga)〜


あっという間に2016年も終わりに近づきましたね。最後のシメとして書き上げるべく「ノルウェートレッキング紀行シリーズ」のおまけの巻。

 

無事に歩き終えた私たちは、翌日、当初から宿泊地として選んでいたOddaという小さな町へ向かいました。

フィヨルド地形そのものを絵に描いたような切り立った崖の合間を、船やバスを乗り継ぎます。対岸には垂れ落ちるかの如く長い年月を移動する氷河や、道路のすぐ脇に轟音を上げて落ちてくる滝。自然と文明の近いノルウェーを感じ思わず言葉を失い見入ってしまいました。

 

「あの崖の奥の奥を歩ききってきたんだなあ…」

 

Oddaは、ここ数年観光で脚光を浴びてきたフィヨルドにある小さな町。元々はメタル産業などで栄えていたそうです。

 

なぜここを選んだかというと、本来行くつもりだったトレッキングルートの最終到着地だったからです。それは、フィナーレとして「Trolltunga(トロルの舌)」という絶景ポイントへ寄って、Oddaに到着するというルートだったのです。

 

観光シーズンになると、中々宿泊を取るのが難しいフィヨルド地方。2ヶ月以上前からホテルを取っておいたこともあり、せっかくだからOddaに寄って、「Trolltungaへ日帰りで行って来よう」となっていたのでした。

 

ホテルからはバスに乗って登山口(Skjeggedal)へ。ものすごいクネクネ道&狭さは中々なもの。ここで一体どうやってすれ違うのかしらねえ。大体30分位で到着したでしょうか。

すると、いるわいるわの人だらけ。今まで、ほとんどトレッカー達と出会わなかったのに、まるで日本の山のよう。まあ、ノルウェーでいう「観光登山」なんでしょうね。

 

しかし、そうとはいえ往復22kmあり、しかも標高差約800mという、中々タフなコース。その上当日は雨模様だったものだから、「おまけ」とは、とてもじゃ言えないほど大変な1日となりました。

 

森の中から一気に標高を上げて登って行き、その後はフィヨルド地形を巻いていくように奥へ奥へと歩いていきます。フィヨルドは岩場なので、雨がしみ込まずに川や水たまりになり、行く手を塞ぎます。

しかしここでもワンコ連れが多く、登りでは大きな犬達が飼い主を引っ張る姿も。

「いいなあ…」←ワンコと暮らす夢を持つわたし(苦笑)。

 

 

 

さて、びしょびしょになりながらやってきましたTrolltunga!!

 

写真を撮りたい人が順番を待って、思い思いにポーズ。

なんというタイミングか、プロポーズの瞬間に遭遇〜!

 

同行のお二人は、もちろん順番を待ってこのポーズ。

 

えっ?私?もちろんカメラマンに決まっているじゃありませんか(苦笑)。実はこういうのかなり苦手でして。

見ているだけで気絶しそうでしたので、ここら辺でパシャリ。

 

ちなみにロープが張ってあったり係の人がいるなんてことはありません。全ては自己責任の元です。

 

 

さて、下りはもう大変でしたよ。

森の中はたくさんの人が歩いているものだから、土がぐちゃぐちゃになって凄い事になっています。いやまあ滑る滑る。日本だと、こういう場所には掴まるためのロープが張ってあったり、梯子がかかっていたりしますが、こっちにはそういったたぐいのものはありません。

 

ころんだら痛いだけではなく泥だらけになるから、もう必死です。

しかし!帰りのバスが不便なため、予めタクシーを頼んであったので、その時間までに登山口へ行かねばならぬ私たちには時間の猶予がありませんでした。

 

最終的に間に合いそうもないとのことで、ボッティーさんが先に降りることになり、私は待合せの約15分遅れで無事に下山。ちなみに待合せは17時。

タクシーは待てないとのことで、他の人を乗せて行ってしまったそう。ボッティーさんには「また戻ってくるから」と言い残したとのことですが、待てど暮らせどやってきません。

 

結局2時間近くまち、定期バスがやってきたときに、ようやくタクシーが来て…

「ちくしょー、バスに乗ってやる!」とも思いましたが、この日のホテルは町の港に近いところに変わる予定だったので、やむなくタクシーを選び、途中で前日に泊ったホテルで荷物をピックアップして次のホテルへと向かいました。

 

タクシー運転手曰く、SNSで話題になったTrolltungaのお陰で急激に観光客が増え、ホテルもタクシーも何もかもが間に合っていないらしいです。

そしてその日は登山口までの道路で車が崖から落ちた事故があり、しばらく通行止めになっていたとか。

ひぃぃぃ〜〜〜

 

中々大変な「おまけ」になりましたが、こんなノルウェーもあるんだと見ておいて良かったです。

日本の混雑した山が嫌になってきている今日この頃、遠い北の国までやって来ましたが、世界各地どこでも同じような場所ってあるのねー

 

そうそう話は戻りますが、前日にバスで移動中に一緒になったノルウェー人ご夫婦がいました。日本から歩きに来ている私たちにとても興味を持ち、色々お話しているときに「Trolltungaではジャンプしちゃダメ。つい最近オーストリア人が滑落して亡くなっているらしいから」とご忠告を受けました。

 

どこで落ちちゃったかは解りませんが、たしかに危険箇所だらけでしたもんね。

 

2年に渡り歩いた北欧の国ノルウェー。

3年前のスウェーデンと併せると北欧トレッキングは3回目になりますが、幾度に自然との関わり方を勉強させてもらっています。

ノルウェーにはノルウェーの、日本には日本の、そして以前行った南米ペルーにはペルーの、アコンカグアにはアコンカグアの、それぞれの土地が持つ自然があり、人があり、だから文化があります。

この国だから良いとか悪いとかではなく、それはリスペクトすべき大切なもので人類の財産だと痛切に感じます。

 

さて、2017年はどこへ行きますか。

そんなことを考えていると、人生の短さを感じざるを得ませんね。

 

生きているって楽しいなー!

 



我が家に新車がやってきた!


ノルウェートレッキングの番外編を書いて、しっかり締めくくろうと思ったのに、あっという間に年末に。

とほほ、とほほ、とほほでございます〜

 

自分でも驚くほど目が回る毎日になっております。

 

お陰さまで今日はピラティスの仕事納め。

今ようやく荷物を作り終えたので、16時過ぎに出て志賀高原へ向かいます。そうそう、ようやく新しい車がやってきました。今年1月末に遭遇してしまった大事故の示談もやっと済み、新しい車も来て、心機一転でシーズンを迎えて、ホッとしています。

 

ちなみに事故のお陰で新車をGET

という訳ではありません。全損で廃車になりましたが、査定額しか出ないんですよ。まったくもって、乗り潰そうと思ったのに、急な出費で現在爪に火を灯す生活です(苦笑)。

とはいえ、新しい車は嬉しいですね♬

 

それにしても今時の車って、ビックリぽんです〜(あっ、古い?)

自動運転ってやつ。車線をはみ出しそうになれば、勝手にハンドル切って修正してくれるし、前の車を追尾してアクセルだのブレーキだのかけてくれるし。

いやはや、返って緊張しちゃうのでほとんど使っていませんが(笑)。

 

むかしむかしそのむかし、私が教習所に通っているころは、坂道でブレーキが効かなくなったときのビデオを見せられました。

まずはサイドブレーキを引いて、それでもダメなら車の横を壁にぶつけてみるっていうやつ。その当時、「ひ〜〜〜ぃ、そんなことになったら私はできるんだろか?」と真剣に考えた記憶が蘇りました。

 

今度の車のサイドブレーキは、ボタンを引っ張るだけ。しかもかけたままでも、アクセルをちょんと踏めば自動で外れる仕組みです。

まあ、今時坂道でブレーキが効かなくなるなんてことはないのでしょうが…あまりの変化に、お口あんぐりでした。

 

まあね、スキーだって山道具だって日々進化している訳ですから。世界の産業の中心の車なら、驚く程の速度で進化しているのもあたり前なんでしょう。

 

しかし、今時の車のための教習所に通いたいと思ったのは、私だけでしょうか。

うーじゃらこーじゃら言いながら、今日もまた雪山へGO

事故のトラウマを解消するのだ。

行ってきまーす。



ノルウェートレッキング紀行〜歩き切りました!ゴール〜


ヒロコさんがくべていてくれた暖炉のおかげで、ぐっすり寝た私は快適な起床。

さあ、いよいよ最終日です。

 

ゆっくりコーヒーを飲み、朝ご飯を食べ、出発時間は、なんと11:00過ぎ。

日本の山じゃ、ありえませんね〜

これだからノルウェートレッキングはやめられない(笑)。

 

最終日も相変わらず、どこまでも続く道を歩いていきます。かなりの湖が点在しているからか、途中ではトレッキング兼釣りという人にも会いました。どうやら、ここいらはこのスタイルがノーマルみたい。

 

あっちいって釣り、こっちいって釣り。

そこいらでテント張って寝る。

まー!自由でいいわねー!

 

そうこうしているうちに段々雰囲気が変わり標高を下げ始めました。最後の最後にきてこれでもかという岩だらけの世界。

それはまるで「岩の川」のようです。何千年?何万年?前に、一体このあたりに何が起こったのでしょう。とにかく不思議な世界です。

 

そんな岩の川を抜けていくと、その先に湖が見えてきました。

お〜〜あの辺りがゴールのはず!

 

しかしこれだけ広大だと、見えてからが長いのは周知の事実。いい加減に慣れて来たので、まだまだ一休み。

 

ゴールの湖近くになってくると、久しぶりの森です。

ずーっと岩だらけの山の中にいたので、森の香りに満たされると、すごく安心する私がいました。やっぱり人間は「森の人」なのね。

 

花々が咲き乱れた森を抜けると、いよいよゴール!のMorgenへ。

この日は約15kmの道のりで17:00着でした。

 

ここでも「小屋を建て替えてから来た日本人は、あなたたちが初めて!ゲストブックを書いてね」と感激され、つたない英語で書かせてもらいました。

 

古い山小屋なので、長い歴史のゲストブックの1ページに刻ませてもらったと思うと、胸の奥がジーンと…

 

思えば、現地に来てから急遽ルートが変わるというビックリなスタート。雪渓を越え、岩山を越え、歩くこと87.1KM

とてつもない筋肉痛から始まり、足首もくじいたし、まあまあ色んなことがありました。

 

しかし決して一人では成し得なかったこの経験は、私の山の歴史の中に深く深く刻み込まれました。

 

ありがとう〜〜

NORWAY!大好きだよ、また必ず来るよ!

 

NORWAYからSWEDENへの飛行機が、今回歩いたHardangervidda上空を飛んだので、ぱしゃり。

人間ってちっぽけだね。

 

 



ノルウェートレッキング紀行〜初体験!Self-service cabin泊〜


DNTは大きく分けて3つの宿泊システムがあります。

  • Staffed Lodge  人がいてご飯のサービスがある。けど、閑散期は人がいなくなる場合が多い。
  • Self-service cabins 寝食に必要なものは揃っている。薪、ガス、調理器具、お皿など。食糧は缶詰、スープ、紅茶、コーヒーなどでキャビンによって違う。自分たちで薪を割って暖炉をつけ、水を汲み、料理をする。ハイシーズンになると管理人さんがいる場合もある。
  • No-service cabins  セルフと大体同じ物がそろっているけど、あるかどうかは行ってみてわかる。場合によってはシュラフなど持参要。

 

と、こんな感じです。

今回の大きな挑戦はSelfに泊ること。一体何があって何がないのか?どんな状況になっているのか?なんとなくHPで雰囲気は解るけど、ある意味出たとこ勝負。

勘では、SwedenKungsladenと同じなのかなーと。

 

ふむふむ。

大体アタリでした。

 

ハイシーズンということで管理人さんがいたので、ベッドの割り振りやCabinの使い方とか、一通り説明してくれたし、母屋は人がいっぱいだったので、私たちだけ別棟で快適でした。

 

<写真撮りたいって言ったら、わざわざDNTTシャツに着替えてくれた管理人さん>

 

ちなみにトイレは、この別棟にあったので母屋に泊っている人たちは、寒い外を歩いて来なくてはならない。

 

 

しいていえば、それまで使ってなかったらしく寒かった。

火を絶やしちゃいけないよねってことで、夜中にヒロコさんが起きて薪をくべてくれていたとか、、、

ううっ、優しい。私ったら、グースカ寝てた。

 

<一人ずつ、こんな間仕切りがあるから嬉しいよね>

 

しかしこの日は寒かった〜

気温にして約3度の小雨。

寒さとの闘いを覚悟していたSvalbardは、思ったより寒くなかったのに、ここにきて冷え冷え。解らないもんですねえ。

 

私たちの棟にもキッチンがあったけど、「母屋にきて作ってね」と言われたので、母屋へ。人も多いせいか、暖かいし「う〜ん、快適」。

 

ストックルームには、こんな感じの食材。英語のものはあまり無いので、大体勘だったり、他の人に聞いたり。

 

お水は自分たちで汲みに行く。食器を洗ったりしたあとのお水も、指定された場所に捨てにいく。使ったら、その分汲んでおくというマナーもあるのよ。

 

気になるお支払い方法はというと、記入する紙があるので、そこに何人で何泊して、何を使ったと自己申告。金庫みたいなボックスに投函すると、後日請求されるという、なんともノルウェーらしく寛大かつ、人を信じる国ならでは。

 

しかしプライスリストはノルウェー語だから、よく解らない場合は、管理人さんとか周りの人に聞くのよ。

 

ということで「旅は道連れ、世は情け」な旅も、残すところあと少しとなってきました。



ノルウェートレッキング紀行〜休養日も取ったのだ〜


翌日は休養日@Rauhelleren←どうがんばっても発音できない(苦笑)。

朝食の後、目の前にあるMidtnuten(1412m)という小高い山へブラブラ散歩がてら登ってみました。

 

小屋の標高は1221mなので、本当に朝食後のお散歩って感じ。しかし上から見るとこの景色!1200mの世界に、こんな湖が広がっているって凄くないですか?

 

 

今回のハットで私としては一番居心地が良かったのが、ここです。

なぜかと言うと、広々とした風景(まあ、これはどこも広いんだけど)の中に動物がたくさんいて牧歌的な雰囲気があるから、かな。

 

ブーもいた!しかもこの2匹、何かと人間に近寄ってくる。

 

この牛たちからのミルクなのかしら?ちなみに、私は飲めないけど。

 

夕方になると、遠くから荷馬車がゴトゴトと向かってくるではありませんか。ハットのお姉さんが一番近くの町まで買い出しに行って、戻って来たところだったのです。

確かに、食糧とかどうやって調達するのかな?って思っていたのですが、まさか馬車で買い出しとは。やるなあ〜

 

いや〜休養日っていいですねえ。

疲れた身体で到着して、また翌朝出発だと、こうやって土地の人の暮らしとかに中々遭遇できないですもんね。

 

それに、痛めた足も回復できてきたし。

 

翌日は、お天気があまり良くない中の出発。

本来なら、お天気の良かった休養日に歩いてしまえば良いことですが、次なるハットはセルサービスという所なのです。

 

DNTのハット(山小屋)は、大きく3つに分かれていて、

  • Staffed Lodges  スタッフがいて、ご飯のサービスがある。シャワーもあったりするよ。
  • Self-service cabins  トレッカーが必要なものは揃っている。薪、ガス、調理用具、布団など。食糧は缶詰、コーヒー、スープなどがあるので、自分たちで水をくみ、薪を割り、料理する。
  • No-service cabins   セルフと大体同じものが揃っているけど、約束できなく、シュラフやその他の用具を一応持って行った方がいい。

 

という感じ。

今まで泊ってきたのは、Staffedでしたが、次なるところはSelf-serviceで、初めての体験なので、そこで2泊するのはどうかな?ということで、どうしてもここで休養日だったのでした。

 

しかしゆっくり休めたからか、スタートしてからしばらくは身体も軽く、また荷物もお二人に少し負担してもらったので、中々快調。

が、風は強いしアップダウンもあるし、途中から湿地帯やら川やらがすごくて、中々ハードな行程になりました。

 

前にも書きましたが、とにかく距離が解らないんです。コースタイムによると、7時間だから、なんとなく勘だと初日と同じくらい長そうな予感だけ。

 

はい、結果長かったです。

あまりの長さに途中にあった小屋と間違えちゃったくらい。

標識もないし、あれ?って思ったけど「到着したい!」という願いから、その小屋に引き寄せられてしまったんです。

 

「よくまあ、こんな所に人が住んでいるねえ…」

と思う場所でしたが、家主が出て来て「ああ、DNTハットは、もう少し先だよ、1時間くらいかな?」だって。

 

「あ〜ん、まだ1時間も歩くの〜」と思わずため息。

そして最後は登りきって到着という、中々歩きがいのある22kmでした。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM