遺伝性乳がん(抱えるリスク)


 初めて訪れる病院というのは、私は結構ドキドキします。
ここにどれくらいお世話になるんだろか?とか。
ショックなこと起ったらやだなーとか。

そんな胸中でしたが、実はふたつほどラッキーになるアイテムもあったんです。

ひとつは、知り合いが働いているということ。スキーやピラティスに参加してくれつつ、古くから私を支えてくれている女性がいて、病院でその顔を見たときは、本当に心が落ち着きました。

ふたつめは、当時はまって見ていたドラマ「サマーレスキュー」の病院でのシーンは、がん研だったのです。なので、向井くんや時任さんが話ながら乗っていたエスカレーターに何度も乗っちゃいました。

前置き長くてすみません(笑)。

順番が呼ばれ、まずはビックリ!
だって、普通だと、呼ばれる→立ってドアをノックして入る→先生が座っているの図式。
が、呼ばれる→先生達がドアを開けて迎えてくれる→先に席に座らせてもらうの流れだったんです。

新井先生は優しそうな雰囲気の学者っぽいイメージ。女性の助手先生もいて、その方もとっても感じがよくフーッと気が緩みました。
が、カウンセリングを受けにきた経緯を説明していくと。
捲し立てられるように、お話が始まったんです。これは別に怒っているというのではなく、ようは私が安易に検査を受けたということが、いろんな影響を及ぼしているんだということを言いたかったから。

確かにそうなんです。まず相談に行って、いろんな事実が解ってからじゃあ検査受けましょというのが普通の流れですもんね。
私は、どーんと飛び越えてしかも海外で受けてものを持ち込んだ訳ですから。

カウンセリングは1時間位だったかな。自分の家系図から始まって、どういう状況になっているかの説明。そして遺伝性が陽性になったということは、どういう現状が待ち受けているのかというと。これからの対策について。

では、整理してお伝えしますね。

変異がない人と、どちらかに変異がある女性の傾向として海外で報告されているもの

1、乳がんや卵巣がんを若くして発症するリスクが高い
2、70歳までに乳がんを発症する割合は36-85%
3、70歳までに卵巣がんを発症する割合は16-60%
4、最初の乳がんを診断されてから10年以内に、もう片方の乳房にがんを発症する割合は、予防的な対応を行なわなかった場合、BRCA1の変異で43.4%、BRCA2の変異で34,6%
5、最初の乳がんを診断されてから10年以内に卵巣がんを発症する割合は、BRCA1の変異で12,7%、BRCA2の変異で6,8%

ものの見事に私はその確立の中に入っていたのです。というか、発症の%の大きさに驚いたし、発症してある意味当然の結果とも言えたのだと。
そして、ココロが張り裂けそうなくらい心配なのは、もう片方の乳房と卵巣。大げさじゃなく、スウェーデンでは予防の意味で、摘出をすすめる場合もあるそうです。

前回のブログでお伝えしたように、私はBRCA2の変異なので、1より%は高くありません。
けど、異常が見つかって尚かつすでに発症しているということは、遺伝の効力を発揮してしまっているという悲しい結果があるということです。

そして待ち受けていたのが、今後どうするのか?ということ。

小出しですみませんが、次回へ続きます。


遺伝性乳がん(診断)


 さて、重い腰をあげてようやく書こうと決意した「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」について。

以前、ちらっと書いたんですが色々とあって記事を削除。
記憶に新しいアンジェリーナ・ジョリーさんの告白から、再び深く考えることになり書く事を決意しました。

まずはこの「遺伝性」ということについて、私の認識している範囲でお話します。

現在、乳がんにかかる人のうち7-10%は遺伝の影響を強く受けて発症したのでは?と考えられています。欧米諸国では、その検査を受けるのは珍しいことではないのですが、日本では保険適用の壁や予防的な治療への認識の相違もあり、ほとんど行なわれていません。

そんな中、私は兼ねてから自分がガンになった理由を考えていました。なぜなら、母親を乳がんで無くし、その祖母は卵巣がんで亡くなっていたのです。

しかし日本では先にお話したように保険の壁が高く、またすでに乳がんを発症していたので、今更…という気持ちが心をしめていて、日常生活が日々過ぎていっていました。

1年半前、ちょっとしたキッカケがあって、スウェーデンに住む姉と一緒に検査を受けることになりました。私だけではもちろん無理でしたが、向こうに住んでいる姉は保険が適用されます。しかも無料。
ちなみに日本では20万円くらいかかります。

ちょうど1年前、その結果がでて。

私の「BRCA2遺伝子」に変異が認められました。

ちなみにこの遺伝子には「BRCA1」と「BRCA2」という2つの遺伝子があります。1は強陽性になるので、2より色んなリスクが高くなります。

驚きとともにやっぱり、という感情。

もちろん遺伝性だけではなく環境因子も大きな要因のひとつです。例えば、食生活、飲酒、喫煙、妊娠、出産などなど。
ようは「遺伝要因」と「環境要因」のかけ算だそうです。

けど、「環境」はがんばれば変えれるけど、悲しいかな「遺伝」は変えられません。だからといって、解ってしまったからには対策を練らなければなりませんもんね。

「乳がんって本当に終わらないんだ」という、どこまでも落ちていってしまうココロを奮い立たせる日々がまた始まりました。


まずは乳がんの主治医・川端先生を受診。
日本じゃなくスウェーデンで受けたということへの驚きもあったと思いますが、ともあれ、現在日本において遺伝子診療の第一人者である「がん研有明病院」の新井先生を紹介してもらいました。

遺伝の診療は、ちょっと複雑です。なぜなら、私だけの問題ではなく家族や親戚一同が、どんな病気にかかり、生きているのか、それとも他界しているのか、など詳しく知ることが大切なのです。
両親どちらかが生きていれば、まだ解るものが、二人ともいないので親戚に電話をして、色々調べるのがとても大変でした。

そこで感じたことは、今でこそ「がん」というのを口に出すし、本人にも告知するのがあたり前になりましたが、数十年前は不治の病である「がん」は、ひた隠しに隠すという日本の文化があったということです。
近い親戚でも解らないことがたくさんあったのです。

もちろん私は、陽性が解った後なので、家族や親戚の病歴が絶対必要という訳ではありません。遺伝性が疑われ、検査を受けるべきかやめておくべきかを相談するにあたっては、必ず必要だということです。

8月の暑い日、新井先生の診療を受けるべく書類を抱え、有明へと向かいました。

長くなるので、続きはまた書きますね。



私は負けないっ!


 本当は「東北巡業」の続きを書くつもりだったんですが、そういえば最近、とんと体調のことを書いてなかったなーと思いつつ…

12月で5年間のホルモン療法が無事に終了して、半年に1度の検査となった私なんですが。
ふと、半年後となるとタイミング的にマンモグラフィー検査があいてしまうなーと気づき、2月に急遽検査に行ってきました。

マンモ検査から、あれよあれよという間に乳がんが発見された経緯もあり、毎回すっごく怖いんです。痛みとかそういうのじゃなくて、トラウマというのでしょうか。

撮り直し…
なんて言われた日には、心臓が止まりそうなほどドキドキしたりして。

けど、おかげさまで今回も問題なく終わり、先生からのお告げを聞いてホッと胸を撫で下ろしていたら…

先生「そうそう、みやのさんに言わなくてはならないことがあるんですよ」

ゆ「えっ!?なんでしょか…」

先生「実は12月にあったサンアントニオ乳がん学会で、タモキシフェン(薬です)による10年間の続投が10年後の予後への効果が認められたんです。みやのさんは12月に5年間の投与を終えたばかりだけど、今後どうするのかが課題になってきて」

ゆ「・・・」

簡単に言うと、12月で終えたホルモン療法を、復活させてもう5年間治療しましょうかどうかってこと。続けた方が術後10年経過したあとの再発・転移率が低くなり予後が良くなるというデータが発表されたということ。

詳しくはこちらに載っているので、ご興味あるかたはどうぞ


とにかく一旦診察室から出て、ひと呼吸おくことにしました。

私の場合は遺伝性の問題があります。実は私の場合は、遺伝性乳がん卵巣がん症候群ってやつだと解ったんです。昨年の夏から秋にかけては、この問題でテンヤワンヤがあり、今も3ヶ月に一度の婦人科検診に行っています。
ただでさえ再発・転移・反対側の発症が高いのに、、

もうどうしたら良いのか、頭がぐちゃぐちゃになっちゃいました(涙)。

ホルモン療法中も、大きな副作用ではないかも知れないけど、たくさんの悩みがありました。ようやく終わったと思っていたのに、また5年って本当に長いと感じます。

結果として、先生が遺伝性との問題と併せてもう一度調べてくれることになり、1ヶ月後にもう一度相談することになりました。

この1ヶ月は気持ちのアップダウンが激しかったのですが、キャンプや東北巡業を予定通りにこなすことにしました。なぜなら、雪の中にいて滑っているといろんなことから解放されて、今在る自分自身にだけ集中できるからなのです。

資料を何度も読み直し、身体の状態を感じ、気持ちに問いかけました。
そして先生と出した答えは…

「治療を再開しない」

これで再発とかの確率が高くなり、最悪の場合も考えられます。でも、治療しなかったことが原因だったのかどうかは解りません。
5年経った時に、10年のホルモン療法治療がスタンダードになっているのかも知れません。けど、今はスタンダードではありません。

結局、「今を生きる」ことなんだと強く感じます。


過去を振り返ると自分が決めて進んできた道がそこにしっかりある。
今を大切に、自分を信じ強く生きてゆけば、その先の未来は必ず開けてくる。
開けた未来をどう行きてゆくのかは、全て自分自身が決めることなのだ。




私は負けないっ




最後の二粒


 それにしても「ううっ寒っ!」という日々ですが、みなさまは風邪など引かずにお元気ですか?

私も元気にあちこち動き回っている師走でございます。

今シーズンは、ニセコ暮らしがメインになるため日夜準備に明け暮れつつ、東京不在が多くなるため、ピラティスセッションをこなしつつ…

そんなこんなですが、先日お伝えした”ホルモン療法”が、とうとう終わりを告げました。
これが最後の二粒。

結構、感慨深くてですねー

なんだかんだと5年間、毎日二粒を飲み続けた訳ですし。
こう見えても、実は几帳面な一面もありまして(笑)、ほぼパーフェクトと言っても過言じゃないほど完璧に飲み続けたと思います。

というか、生き死にがかかっている訳だから必死と言えば必死なんだけど。

私は、強い反応ではないけどホルモン感受性があります。イコール、身体の中で作られた女性ホルモンであるエストロゲンが原因で、がんが増殖するタイプってやつです。
ということでホルモン療法は、エストロゲンの働きをブロックして、乳がん細胞の増殖を抑える全身治療なのです。

ブロックする方法はいくつかあるそうですが、私は2種類の治療を続けてきました。

ひとつはこの薬で、がん細胞のエストロゲン受容体に結合してエストロゲンを取り込めなくするもの。

もうひとつは、脳(下垂体)に働きかけて、卵巣でエストロゲンが作られるのを抑える方法で、これは3ヶ月に1度の注射でした。

最初の3年くらいは副作用が辛かったなー
生理を止める訳だから、ものすごい勢いのホットフラッシュと動悸に悩まされました。夜中に寝ている時、動悸がすごくて目が覚めてしまうくらい。
あとは関節や筋肉への影響もあるらしく、関節痛で苦しむ人も多いとか。朝起きたときに、歩きだすまでが結構辛くなってきたのは、この影響があるのかもしれないですね。
それと気持ちのアップダウンが激しくなったんですよね。よく鬱状態になってしまう方もいるらしいです。

まあ幸か不幸か、私の性格的に、「仕方ないなー、なるようになるさー」というタイプなもんで、うまく付き合いながら過ごせた訳ですが…

と、いうような5年間の治療が終わり、このあとは大丈夫なんじゃろか?という一抹の不安もありますが、前向きに過ごしていきたいと思っています。

で、昨日見た夢では、なんと生理が復活した!しかも微量(笑)というものでしたと。



5年の節目に…


 なんだかなー
季節があっという間に冬になりましたよねー

前回のブログを見ると、つい最近までこんな感じで山登ってたのになー

と言いつつもシーズンインをして、日夜パタパタと動き回っているゆっちんでございますが、あいも変わらずのおっちょこちょいぶりを発揮しておりまして。
ご興味ある方はFBでお友達申請してくださーい←ブログで書いてるとキリない位(笑)。

と、ご挨拶はほどほどにして本題でございます。

先月、無事に術後5年を迎えることができました。
乳がんという病気は転移性が高いので、10年で区切りというまだまだ先が長いのですが、やっぱり節目というのは、嬉しいものです。

実を言うと、私のステージ(これって嫌いなんだけど)は、無再発5年生存率というのが50%でした。
入院中に病院の図書館で色々と調べた時、これが目に入ったときは息が止まるほどの衝撃だったことを思い出します。

私って5年も生きられないかも知れないの…?

と、涙が止まらなかったんです。

いろいろなものが交錯していましたが、強く誓ったのは「絶対に元気で生きてる50%に入ってやる!」という想いでした。

そんな中、遺伝性乳がんの問題もあがったり(前に記事を削除してしまいましたが、また書きます)、再建手術に揺れ動いたりしながら、迎えられた5年という節目。

長く続いたホルモン治療も、ようやく終わりを告げつつあります。なんだかんだと、この治療が結構辛かったから、ちょこっと嬉しい。

ばんざーい!という訳にはいかないけれど、この先もひとつひとつ乗り越え、私の人生を歩んでいけますように。

毎日、神様の前に手を合わせてお祈りする言葉を、今日は言葉にしますね。

『私の周りにいる全ての方々も健康で幸せでありますように!』

私と一緒に生きてきてくれた、冬元気なちっこいお花


記事削除のお知らせ


 おはようございます。

今日もまた蒸し暑い1日になりそうですね。
熱中症になってしまう方も多いようです。とにく夜間が多いとか…
水分&塩分補給にスポーツドリンクを飲みましょう!ただし冷え冷えには気をつけてくださいね。ぜひ常温で。

ご報告です。

先日書かせていただいた「遺伝性乳がん」についての記事を、削除させていただきました。
記事について、色々思う事があり改めていつか書き直していくつもりです。

私自身、遺伝性が陰性になった訳ではありませんが、もう少し慎重に書くべきだったと反省しています。

今後ともこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。



プラマイゼロのカップヌードル


 GWでスキーは終わりにして、再建手術を受ける予定だったわたし…
取りやめにしたとたん、スキー熱が再稼働!てか、山に行きたくて登りたくて仕方がないんです(笑)

あちこち行きたいところはたくさんあるけれど、お手軽な”神楽ケ岳”へ行ってきました。

まだスキー場がオープンしているので、動いているリフトに乗り行けるところまで行って、そこからシールをつけてのハイクです。
一番左の奥に丘のように見えるがピークで、急斜面はないし、登り始めてから1時間半くらいで着いちゃうのでお散歩気分でラクチンラクチン♬

結構雪が残ってですねー

しかもリフト分も滑れるもんだから、とっても楽しめました。
スキー場は混んでいるんですけど、ハイクしている人はとっても少なくて、道中会ったのは7−8人。もったいないなー…

ちょこっと上がるだけで、こんな景色が広がって。
スキー場にガンガン流れている音楽も聴こえなくなり、鳥のさえずりが心地良く身体の中に染み入ってきます。

実は今回5年ぶりくらいにカップヌードルを食べちゃいました(苦笑)。

乳がんが発覚したのが5年前。
なんで乳がんになったんだろう?どうしたら体質を変えられるんだろう?と、当時は必死になって調べていました。

いろんな説はたくさんあるけれど、一番大切なのは”食”。だって、身体を作ってくれる源ですもんね。
とにかく、科学的なものは排除しようと心がけ、カップヌードルはもちろんジャンクフードを全てシャットアウトしていたんです。

リンパドレナージュの木部先生にはこう言われました。

「とにかく3年はがんばって余計なものは一切ヤメて身体を変えなさい。でも、ガラスの身体じゃその先強く生きていけないから、その後は不要なものを排除していく力をつけていきなさい」と。

最近はポテトチップスもお肉も食べてます。もちろんたくさんじゃないけど、お肉を食べないと力が出ないから、ここ一番で良いパフォーマンスができないんですよね。

そしてそして、ずーっと解禁してなかったカップヌードルをとうとう食べちゃったんです。しかも、最高に心地よい雪や木々に囲まれた中で!

お寿司や天ぷらよりも贅沢な一品だったかも(笑)

そうだなー
この先1年に1回くらい食べよっかな。

化学物質たちも自然のチカラに囲まれれば、プラマイゼロだもねー


揺れる想い…そして


 さて、CMHで浮かれていると思いきや、実はこの1ヶ月くらい、本当に本当に悩ましい日々を送っていました。
そう、乳房再建手術を受けるかどうかです。

私の乳がんが発見された時、しこりにならないタイプで範囲を特定するのがとても難しい状況でした。
MRI検査である程度解るらしいですが、喘息を持っている私はMRIが受けられません。主治医・川端先生と何度も何度も話をし、超音波でも再検査してもらい範囲を特定してもらいました。

「あやしい場所の2カ所のうち、1つは細胞診で黒。かなりの確立でもう1カ所も黒だと思います。ということは、浸潤がどれくらいかは別として広範囲に広がっている可能性が高いから、全摘出が望ましいです」と先生に言われました。

とにかく悩みました。

スポーツインストラクターとして、
女性として、とにかく温存したい!という想い。

最悪、全摘出するという決心のもとに温存手術を受けましたが、結果、再手術で全摘出することになった経緯があります。
それでもいつか再建手術を受けるんだという願いとともに…

今では同時再建が大分進んできましたが、たった5年前なのに、同時再建という方向性は私にはありませんでした。

身体も安定してきた昨年、いよいよ受けようと決心を固めていたんですが、日本を襲った大震災でそれどころではありませんでした。

今年、スキーシーズンが終わったらすぐに受けようと決心して、3月カナダに行く前に形成外科を受診して、手術方法と手術日まで決めたんです。

が、その時に形成の江口先生から言われた言葉が、どうもココロに引っかかっていて…

「大胸筋が薄い感じなんですよね。その場合、広背筋をもってきて大胸筋の補強をする可能性があります。筋肉をいじりたくないというのであれば、人工物を変わりにという手もあるけれど、人工物は人工物なので」という言葉。

それが日に日に大きくなってきて、医療関係者の知り合いに相談したり、再建を受けた友達に電話して聞いてみたり、ネットで調べたりと色々していました。

再度、江口先生に相談もして、超音波検査で筋肉量を調べてもらうことになりました。

調べてといっても、あくまでも推測の域からは脱せないそう。結局、手術で胸を開いてみて、初めてちゃんとしたことが解るのだそうですが。

下の部分に薄さがあるそうだけど、先生としては「なんとかいけるでしょう」と。

当初、予定していた通りで大丈夫そうだとなっても、何故かココロが落ち着いてこないんです。もっともっと違うシコリが私のココロの奥底にあるような。

「今、自分がどうしたいのか?」

たくさん投げかけました。頭が変になっちゃうんじゃないかなと思うくらい、いろんなことを考えました。

結果、、、再建手術を受けないことに決意して、今日、江口先生ともう一度お話してきました。

先生も心配していたそうです。
再建手術後、日常生活に支障が起こることはまず心配ないそうです。が、そこまで強い負荷がかかるスポーツをしているとなると、それがどう影響するのか…
来月早々に手術を受けたとしても、もう一度、秋に手術を受けるので、運動の許可が降りるのは8ヶ月後くらい。
となるとスキーシーズンにかぶります。

時間に余裕がなかったり、精神的に落ち着いてなかったりする場合、まずうまくいかないことの方が多いそうです。

それはそうですよね。
元々あったものを100%とはいかなくても、取り戻したいという思いで大変な手術に臨む訳です。そこまでやったのに、なんでこんな感じなの?とか、思ってたのと違うとか、落ち着いてなければその隙間に必ず入り込んでくることだと思いました。

先生が最後にこう言ってくださいました。

「再建手術はいくつになってもできます。また気持ちがそうなってきたら、そのときに一緒に考えましょう」と。

本当に、本当に嬉しかった(涙)。

今回もたくさんの方々に助けていただきました。そして、愛もたくさんいただきました。

ここまでくる間、辛かったこともたくさんあったけど、今の自分の身体、そしてココロと一心不乱に向き合えてココロから良かったと思います。

見守ってくださった方々へ。

本当にありがとうございます。ココロからのお礼とともに、これからもどうぞよろしくお願いいたします。




あたり前の大切さ


 本当にいろいろあった2011年も、あと少しで終わり新しい年になりますね。

あたり前のように日常を過ごし、あたり前のように新しい年が始まること…

あたり前の大切さを持てるという幸せを、誰もが痛切に感じているのだと思います。

そしてもちろん私も…
このことを痛いほど感じたのは病気になったときです。あの日を境に生活や人生が一変しました。今は前のようにピラティスをしたり、スキーができたりしています。でも、発病する前とは全くと言っていいほど違います。

再発するのだろうか?
反対側はどうなんだろうか?
転移しないだろうか?

という病気への恐怖。

女性として生きてゆきたいという想いをどうすればいいのか?
そのための再建手術をどうしようか?
ホルモン治療の副作用との見えない闘いはどうなるんだろうか?

というココロの葛藤。

まだ解消しない腕のしびれや無感覚はどうなるんだろうか?
年々ひどくなっていく胸郭の硬さをどうすればいいのだろうか?
再建手術を受けたら、身体がまたどうなるんだろうか?

という身体や動きへの不安。

もちろん変わったことで、それまで見えなかったことや感じなかったことへの気づきもありました。

今を生きているんだ!ということ。

それぞれ折り合いをつけながら、あたり前の日常を送れることに感謝して、”今”を過ごしていきたいと思います。

さて、年越しは東京ですよ!
3歳からはスキー場で年越ししているので、年末年始にスキー場へいかないこと多分数回。
ニセコは雪が降りしきり、パウダーが待っているというのに!

そう、スウェーデン在住の姉が子供達をつれて日本に帰ってきたからです。いつもは夏だけど、今年は夏を避けて年越しでやってきたんです。1年半ぶりの再会、可愛い可愛い甥っ子、姪っ子と過ごします。

初めての日本のお正月だからねー

まず、教えたのは
ゆ「日本のお正月は、神社仏閣へ行って、食っちゃねー、食っちゃねーだよーん」ってこと(笑)

今年も1年ありがとうございました。
良いお正月をお迎えくださいね♬



大きく変わったふたつのこと


 すごい一日になりましたねー
今朝はうって変わって台風一過。やっぱり青空は気持ち良いものですね!

乳がんを発症してから、変わったことがふたつあります。
本当はたくさんありますよ。でも、大きく変わったなーと感じることです。

ひとつめは筋肉の質。
これは抗がん剤やホルモン治療の影響なのかな。もっとしなやかだったはずなのに、すぐに硬くなるし疲れやすいし…
まあ老化でしょ、と言われてしまえばそれまでなんですけど(苦笑)。あきらかに病気が引き金になって、すごーく変わった感があるんです。

そしてふたつめはココロの変化。
ものすごーく浮き沈みが激しくなっちゃったんですよね。。。ノリノリでいけたと思ったら、次の瞬間には何もやる気がおきなくなっちゃって、全てがどうでもよくなったり。

私が入っている患者会はメーリングリストで情報が回っているんですが、このココロの問題を投げかける人って本当に多いんです。

不安感、孤独感、焦燥感…

先日、連盟の行事でGALA湯沢へ行って来ました。現地で、久しぶりに会ったとあるスキーヤーの先輩からのひとこと。

「おまえ、レディースマープしろよ」

ショックでした。
一番気にしていることを、それも他の人がいる目の前でからかうように言われちゃいました。

仕方ないんですよ。治療による副作用だから、どうしても変えられないんです。
女性ホルモンが悪さをしている可能性が高いがんだから、その根本を薬で止めているんです。

年齢とともにじょじょにホルモン量が減っている訳じゃなく、一気に止めてしまったから、たくさんのものが急激に変化しちゃってるんだなーと。

なんでしょね、、、
乳房を失うことによる女性性の喪失、この先どうなるのだろうという不安感、人と違ってしまったという孤独感、あきらめ…

そんなココロの影を払拭したくて、今の自分が等身大でできるいろんなことにチャレンジしたり、新しいことを企画してみたり。
とにかく前向きにPositive Thinkingでいこう!と毎日、自分なりに一生懸命過ごしています。

でも、そんなことを言われてしまったりすると、少し疲れちゃうのかな。
全てがどうでもよくなってしまう瞬間があります。

もちろん、私は負けたくないし、負けません!

ただ、ギリギリのバランスの中で生活をしているんだなーと感じています。
こんな私ですが、この先もどうぞお見守りください。

見事に熟したゴーヤの種!これ、めっちゃ甘くておいしいのー♬



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM