完璧じゃないわたし…


いつのまにか、み〜んみんみんみん♪というセミの泣き声が消え、ちりりりり〜ん♪と聴こえる季節になりましたね。気温や湿度が落ち着いてきたら、お陰さまで、悪魔のようなホットフラッシュも落ち着いてきました。聞いてはいましたが、やはり夏の2〜3ヶ月間がいろんな意味で体調との闘いのようです。

<伝生セッションvol.2@高松>無事に終了しました。ありがとうございます。東京からのうどんツアーあり、大串半島でのキネシスありで、ハードな日程でしたが、内容濃くとてもとても楽しい時間が過ぎていきましたよっ
詳しくは、レポートを書きましたので、近々アップされると思います。セッションの詳しい様子はこちらをご覧くださいね。またお知らせします。

ちなみに…meets鬼社長ゆきぷうとの会話。

鬼「ゆきこさんさぁ、レポート書いてくれる?しかもできるだけ早く」
ゆ「えっ?私がやるの?ブログに書くよ〜」
鬼「ブログはブログで思ったこと書けばいいじゃん。レポートは、前と同じように別でアップするから内容的なものをね」

そんな訳で、しばし余韻に浸りたい私でしたが、一昨日夜中の1時近くまでかかって、シコシコ書かせていただきました(涙)
あっ、鬼は後でまた出てくるのでお楽しみに。

いろんな意味で初めてのことがたくさんありました。マッキーと伝生ダンスを作ったり、自分のパートでは物語ワークというものにチャレンジしたり。闘病後、久しぶりにツアーも企画し、迫り来る台風との闘いで、どきどきしたりと初めてツアーをしたときの気持ちにもなりました。そして、念願の大串半島でのジャイロキネシス!

ちょうど1年前、化学療法中の私を優しく迎えてくれた高松という地。マッキーのお母さん、マッキー、犬のはなちゃんに連れられて訪れた大串半島。そのときの私の身体全体に入ってきた景色や風、太陽、海の匂い!忘れることなんて絶対にできません。
必ず元気になって、ここで大空の下キネシスをやるぞ!と決意したのです。
その話をしたら、抜群の行動力を持つゆきぷうがすぐさま高松を訪れて、「できるよ、やろうよ!ゆきこさんが元気になったら絶対やろう」と言ってくれたのです。

なんて人たちなんだろう!ステキすぎ!

そして夢が現実に…

変な話ですが、私は病気になる前より楽しい毎日を送っています。もちろん、落ち込むこともたくさんあるし、泣くことも増えました。
何故かな〜と思うと、肩の力が抜けて、自分がココロからやりたいことをたくさんの方々に頼りながら進んでいく楽しさに気づいたからです。

以前の私は全てをひとりで背負い込んでいました。”できません”とか”無理です”なんて言葉は言えなかったし、人に頼ることができませんでした。自分ひとりで<完璧>を目指していたんです。<完璧に到達する>ことで、人から尊敬され、そこに自分の居場所を見つけていました。

しかし病気をしたことで<完璧じゃないわたし>になりました。でも、完璧じゃないからこそ、人に頼り何かを一緒に作っていくことができ、そして人と交わるから作っていくという過程を楽しむことができるようになったんだと思います。

正直、私のパートは完璧じゃありません。課題も山ほど見つかったし、セッションの前段階での不安もたくさんありました。でも、SOHさんがテーマを明確にして、マッキーに繋げる。マッキーからの広がりが私に繋がり、私のパートでSOHさんからの投げかけへの答えが少し見えてくる。それが最後にやってくる、ゆきぷうのパートで、参加者の身体とココロを通じて再び私たちに還ってきました。これが今の私たちの集大成なんだと思います。

キラキラと輝いて、かけがえのない時間を過ごすことができました。

伝生のセッションに参加してくださった方はもちろん、このブログを読んで応援してくださった方、そして高松で常に私たちを支えてくださっているマッキーのご両親、Watersの方々全てにココロから伝えたい…ありがとう。
必ずまたチーム伝生、高松に帰ります!


遠くに見える八栗山はパワースポットだそう。東京熟女(うどんツアーに参加した方)も訪れました。


一斉に咲き出した彼岸花。きれいだね〜。この名前は別名らしい(by SOH)


たなしんも大串ではキネシスを担当!ステキだったよ〜


そしてそして”終わりは始まり”ということで次がスタートしています。セッション翌日には、早々に打ち合わせが始まり〜の図。ちなみに書記であるたなしん、何故か書いているのはSOHさんなんだよね〜

そこに至るまでの私と鬼しゃちょっぷさんとの会話。

鬼「ゆきこさんさぁ(相変わらずこれで始まる)、明日、SOHさんと時間あるんだよね?いろいろと打ち合わせしてくれる?」
ゆのココロの声”えっ?少しは余韻に浸ってゆっくりしたいなーなんて思ってたんだけど…”
ゆ「う〜ん、、わかった。じゃあやっておくね…」
鬼「たなを書記につけるからさ、もう時間ないしきちんと決めておいてね」
ゆ「はいは〜い。わかりましたよ、鬼しゃちょっぷさま〜」

おまけ
セッション翌日の朝、布団の中の私。朝陽をもろに浴びてしまい6時過ぎには暑くて目が覚めてしまいました。横ではスヤスヤと眠るゆきぷう。。ちくしょー!
ようやく眠れたと思いきや…

鬼「11月1日ね、勉強会終わったら、次回の伝生へ向けて打ち合わせしたいんだけど」だって!まだ布団の中にいるのにだよっ、しかも「おはよ〜」の一言もないにだよっ

ほんとに鬼だ…角が見えてきた(笑)

さいごに。。。

face to faceで向き合うこと。難しいし苦しいこともあるけれど、楽しさと大切さを教えてくれた、かけがえのないチーム伝生♪

さて、次へ向けてが始まっていますが、ゆっちんはゆっくりゆっくりと歩んでいこうと思います。これからもよろしく!

SOHさんのブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/looseno6/
ゆきぷうのブログ
http://ymt.cside.tv/apps/
マッキーのブログ
http://blog.pilates.main.jp/

コメント
高松お疲れ様でした。
うどんやうどんやうどん...美味しかったですね(*^_^*)
いやいや、高松の空や海や空気最高でした!!!
そして、元気なゆっこさんの姿がうれしかった(^−^)

がんばりすぎずゆっくりと、これからもよろしくお願いします。

角のゆきぷうさんと三角のしっぽゆっこさん、どちらが強いのでしょうかね〜(笑)
  • なお
  • 2008/09/27 1:20 PM
先日9月21日in高松に参加したものです◎
とても充実した4時間で!すごく自分よりな解釈ですが感じたことがたくさんあって勝手ながら感想を聞いてほしいと思って・・・


このたびのセッションで「呼吸」を考えるのではなく、感じるという事を通していろいろ感じることがありました。
樋野先生のセッションでは体の節々を自分の手で触れて動く前の「体を感じる準備」を行いました。人は感覚を通して始めて運動が始まるということを以前学びましたが、体が感じやすい状態に準備するということはとても大切なことだと感じました。普段臨床の中でも、患者様が「何を感じているのか」、「気付き」があるのかという事が重要だと思って入ってますが、その為にも感じやすい体の環境をつくることはとても大切だと思いました。

田中先生のセッションではいつも必ずといっていい程あるケーススタディをベースに話しがありました。「呼吸とは、生きるために必要なことである」という紹介があり、一見当たり前のことのように感じましたが、これが聞いてるととても深く・・・・
「ヒトは呼吸をするとどこが動いているとおもいますか?」
呼吸をしている自分の体のいろんな所を触りました。そしたら、動いていない所はどこにもない事を感じました。ヒトは呼吸が変わると姿勢、動きも変わる〜姿勢、動きなどどこかが少しでもアライメントが変わると呼吸も変わることがわかります。また横隔膜が動くことで、その上にのってる心臓や肝臓も大きく動きます。呼吸が体に与える影響は想像してたよりとても大きなものでした。

みやの先生では部屋を真っ暗にし、参加者はおのおの楽な姿勢をとり物語を聞くというセッションがありました。内容はガンの告知を受けた女性の話し。このセッションでは感情で呼吸がとても変わるということ。悲しいとき。恐いとき。嬉しいとき。こんなに呼吸って変わるんだって思いました。このセッションが終わったとき担当している患者様が頭によぎりました。いつも不安な表情をしている○○さん。石井先生も感情が姿勢に与える影響について話されていることを思い出しました。ヒトは動く前に必ず姿勢セットをつくります。筋力・アライメントなど考える前に、私のような病院で臨床している人は、患者様の持ってる感情をもっと感じないといけないと思いました。感情は呼吸、姿勢に影響が出てそれが動きとして反映されることが考えられます。「こわい!」って患者様がいわれていて「大丈夫ですよ◎」って言ってた自分が恥ずかしく思いました。患者様にとっては自分たちも「環境」になります。患者様にとって心地よい存在でありたいなって思いました。

最後に山本先生。話しというより体を動かすことが主となりましたが、先生がエキササイズ中に「出し惜しみをしないで!」って何度も言われてて、もちろん動きについて言われていたのだとおもいますが、個人的に自分が普段思っている事や直感も、もっとドンドン出さないといけないなって思いました。まだ個人的に日常生活の変化に上手についていけず、家庭も仕事も中途半端ですが直感を信じてまず動かないといけないなって感じました。不十分だからこそ失敗を恐れず経験がつめる事を2009年にむけての目標にしたいって思いました。(ジャイロしながらすごい妄想に入ってました・・)

やっぱり長くなりました・・スミマセン!!とにかく自分にとってはとても心にいろいろ響く4時間でした◎ありがとうございました!
  • SAKU
  • 2008/09/27 11:24 PM
>なおさん

お〜っ、パソコンは無事に起動?何よりです。
うどんはまだまだお腹に滞在中ですか(^^)v

私の三角より、鬼っぷの角の方がもちろん強しです!


>SAKUさん

高松お疲れ様でした!4時間のセッション、楽しんでいただけたのが何よりで、とても嬉しく思います。

そしてご丁寧な感想も本当にありがとうございます!

SAKUさんのように、実際に臨床の現場で常に患者さんと接していらっしゃる方には、とても敏感に感じてもらえるものがたくさんあるんだなーとコメントを見て、深く思いました。

だからこそ、深く考えつつどうしたら<楽チン>になれるのか??をSAKUさんのもつ色んなものを組み合わせ、シンプルにしてみてくださいね。
そして、それがどう繋がったのか…今度は是非私たちに教えてください。。

私たちコミュニケーター自身、<呼吸>というテーマはとても壮大で、でも大事なことだから絶対にやり遂げたいという想いのもとで考えさせて頂きました。
やり遂げたというより、これからが出発という感じですが、
今後ともよろしくお願いいたします。
  • ゆっちん
  • 2008/09/29 10:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM