思い遣るということ〜代打・ゆきぷう登場!〜 


山本“ゆきぷう”祐希江です。
ジャイロキネシスの研修で京都にいます。
みやのゆきこはちょっとの間、新規投稿はお休みをいただきます。
樋野まっきぃと山本ゆきぷうが全力でこのブログを守っていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


人を思いやることの難しさ、そして重さについて感じたのは
みやのゆきこから乳ガンになったことを知らされたときでした。
身内は比較的長寿で、命の重さを感じるような病気を抱えたかたに
対して自分はどうするべきなのか、考えたこともなかったし、
まったくわかっていませんでした。
なので、みやのゆきこに対して私はどんなふうに接したら
いいんだろう?と話を聞いて考えてしまいました。


「大変だけどがんばって」とか、ありふれた言葉でごまかしたくないし、
でもその気持ちが間違っているわけじゃない。
言葉にすると陳腐だけど、その思いはうそじゃない。
人の気持ちをわかったような気持ちにはなりたくない。
でも、なにもわからないわけでもないし。
いろいろなことが頭のなかをぐるぐるとめぐりました。

私にはなにができるのか?
私はどうしたらいいのか?

そして思ったこと。
今まで通り、みやのゆきこと一緒になにかをやろう!
ということでした。
そして、このブログを立ち上げ、一緒にジャイロキネシスを楽しんでいます。

一緒になにかをすることでみやのゆきこが元気になったり
楽しいと思ってくれればそれでいい。
なにかしようと無理をしない。
大事なことは一緒になにかと向き合うことかもしれない。

そう思って今に至ります。
正直なところ、答えが出たとも思っていません。
でも、いま、考えるとどんな気持ちも大切だと気がつきました。
陳腐な言葉でもなんでもいいんだな、と。
だって、「伝えるために生きている」私たちだから。
うまく言えなくても、思うような言葉が見つからなかったとしても
伝えてみることできっとなにかが始まるから。

もし、これをお読みになっていて、みやのゆきこに
なにかを伝えたい・・・でも、うまく言えないと思っているかたが
いらっしゃったらと思って書きました。
みなさんそれぞれ、いろんな思いがあると思います。
もしよかったら・・・
今までちょっと遠慮していたかたにも
そっとコメントを添えていただけますととてもうれしいです。
みやのゆきこが楽しみに待ってます!

もちろん、いつもコメントを寄せてくださるみなさんからも
お待ちしてます。



コメント
>ゆきぷうさま
先日モートンのWSでちょっとの間でしたが同じ空間を楽しませていただきました。
マイ箸 持ってたんですが最近はちょっとやめてました。
また始めようかな〜と思いましたよ。

ゆっこさんのことは師匠からマニュアルセラピーを受けているときに聞きました。最初は冗談だと思ってました。

彼は「ユキコのスタジオを守ります」と言ってその話は終わったのです。いまの彼の行動が言葉に代わるメッセージでしょうか。

ゆっこさんがこのブログを開設して語ってくれることは、励ますべき立場の私が励まされたりして、自分を省みる手助けになっています。

ゆっこさんに起こった出来事で、私の中の何かがまた変化したような気がします。その何かってまだ分からないけれど、いまの自分に素直に行動してみたいです。


  • NORIZO
  • 2007/11/15 11:25 PM
はじて、かきこみました。
ゆきぷうさんが、書かれているとおり、
うまく言えない、と思っていました!

そう書いている今も、言葉はみつかっていません。だけど、
このブログから、本当にいろんなことが伝わってきています。そして、曖昧でも、わたしも応援している気持ちと、
ブログを読んでいて、気付かせて・教えてもらっていことに対する感謝が、
届けばいいなと思っています。
  • くみこ
  • 2007/11/16 9:40 AM
私も宮野さんが病気と知って、
どんな言葉を掛けたら良いのか見付かりませんでした。

もうかれこれ10年、一緒にスキーをして来たので、
彼女の性格は少しはわかるつもりです。
だから、病気になってどんなに悩んだことか、苦しんだことか、泣いたことか、、、そういう宮野さんの姿が目に浮かびます。
でも、やはり本人の気持ちになれない自分が居て、そんなあやふやな心情のまま掛ける言葉なんて見付かるはずがありません。

最近仕事でも谷底に突き落とされたような出来事があり精神的にも追い詰められていました。
そんな中で宮野さんの発信するメッセージにどれだけ助けられたことか、、、本当に涙が出ました。

今の自分があるのも、家族と仲良く暮らせているのも、大好きなスキーを続けていられるのも宮野さんとの出会いがあったから。
それなら、自分には何ができるのか、、、一つだけ気付いたことがあります。
それは、宮野さんに掛ける言葉を探すのではなくて
今を精一杯、大切に生きるということ。
自分の心と体と向き合い、一日一日を大切に生きようということです。

宮野さんの発信から何かを感じ、その感じた気持ちを無駄にしないこと。
それが宮野さんへの最高のメッセージと信じています。



  • G1
  • 2007/11/17 1:41 AM
NORIZOさま

先日はお疲れ様でした。
そして、書き込みありがとうございます。
アンディの言葉、そしてNORIZOさんのこれからの行動がみやのゆきこの
励みにつながると思います。ありがとうございます。そしてこれからも
どうぞよろしくおねがいいたします。

くみこさま

ありがとうございます。
なにかしてみるって勇気がいることですよね。
その一歩をくみこさんは踏み出してくださったのだと感じました。
その気持ちはみやのゆきこに伝わっています。

G1さま

おっしゃるとおりだと思います。
そして、その気持ち、思いを書いてくださったこと、とてもうれしいです。私も日々、一生懸命生きて、みやのゆきこが元気に帰ってくるのを待っていようと思います。ステキな気持ちを教えてくださったこと、ありがとうございます。
  • ゆきぷう
  • 2007/11/17 7:49 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM