決断


今日はハローウィン!家々ではいろんな灯りのパフォーマンスがあるのが心楽しくなりますよね。
私の兄は半分アメリカ人です。今は日本にいるのですが、グリーンカードがあるので、アメリカ人としてアメリカの企業から転勤という形で日本に滞在しています。なのでかどうか解らないけど、ハローウィンの飾りを綺麗にしてあるのでパチリ。この不気味な笑みが何故か心なごみますよね。

本日のお題目は<決断>告知からここまでくるに至った数々の決断について伝えていこうと思います。

乳がんとは不思議な部分もあって、深刻な病気にもかかわらず案外時間もあり、自分で様々なことを決めていかなければなりません。まず最初に私に訪れたのは、「病院を決める」ことでした。検査機関で受けたので、そこから一生付き合おうであろう病院&先生を探すということです。もちろん検査機関では3つの病院の名前をあげてもらいました。ひとつは聖路加国際病院、そう山田邦子さんが手術を受けた病院です。そんなことで患者さんが殺到しているらしく、最初からそこは諦めました。そして紆余曲折ありましたが(風水も聞いたりして)私が全信頼を置いている直美さんという女性に心のケアもしてもらおうと思い、彼女が勤めている虎ノ門病院に行く!という決断をしたのです。

彼女や彼女を含め他の病院関係者の方は、皆、うちの病院へ来なさいということはありませんでした。病院の雰囲気や先生と合う合わないは、みやのさんだから、先生に会って診断を受け、病院の雰囲気を見たりして、決めた方がいいと。そして不安だったらセカンドオピニオンを受けるべき、という医療者として、りんとした意見には本当に助かりました。

私なりに病院を決めるポイント(優先順位は上から)
1、まずは主治医の先生と合うかどうか
2、その先生が執刀してくれるのか
3、術後の治療も主治医の先生が診てくれるのか
4、病院の雰囲気は好きか
  私が好きなのはアットホームな雰囲気
5、家から通いやすいか(とにかく通院が多いので)

そして主治医の川端先生の診察が始まると、次は「どのような手術を受けるか」、です。乳がんは比較的進行が遅いといわれているので初診から1ヶ月くらいは時間があります。その間に、温存法か全摘出かやセンチネルリンパ生検が受けられるかなど相談できるのです。もちろん、そんな余裕がない場合もあるし、腫瘍の大きさ、個数、乳房の大きさ、リンパ転移の有無、広がりなど個々によって違いが数段ありますが。

私の場合も散々迷いました。今まで生きてきた中でこんなにキツイ<決断>をしたことはなかったと思います。いろんな人の力を借りました。直美さんはもちろんのこと、コメントを寄せてくれた、あらいみお先生、遠くは福岡の心療内科の先生など大勢の方。本当に感謝の言葉がありません。みなさん、自分のことのように優しくかつ厳しくご意見を言ってくださいました。

一番悩んだのは、友達の計らいで血管内治療を行っている奥野先生に治療方針を聞いたときです。血管内治療とは、動脈からカテーテルを通して、癌細胞に栄養をあげている新生血管を取り除くという方法です。メスを大きくいれるわけではないので、入院も短く身体への負担が少ない治療方法。私が聞いたのは、この先生が行う超音波治療というもので、身体を傷つけないということに、かなり心引かれたのです。女性のシンボル・乳房を切るということは本当に辛いこと。それを少しでも軽くしたい!女性なら思うのが当然なことだと思います。しかし、新しい治療法でまだ認可されていない状態=生存率や成功率など見えてない部分が多いものでした。散々悩んだ結果、みお先生が言ってくれた「奥野先生は乳腺のプロではないから、今悩んでいる全てを素直に乳腺のプロ・川端先生に相談してみたら?川端先生ならきちんと聞いて意見を言ってくれるはず」という言葉が、ようやく心を軽くしてくれました。

ちなみに奥野先生は、日本で唯一どこでもカテーテルを通せる”神の手”と呼ばれている先生。紹介してくれた友達のお母さんが現在そこで治療中なのですが、治療法もなく痛みと衰弱していた身体から癌細胞が見事小さくなり、今では旅行もいけるほど元気になっています。ご興味ある方は以下を覗いてみてください。
http://www.etclinica.com/top.html


7月12日最後の決断をする川端先生の診察の日、私の悩んでいる経緯を全て話すと、もちろん先生はその治療を知っていました。その上で私の場合はその治療法にそぐわないということを図にも書いてきちんと説明してくれました。そして再手術の可能性がある合意の上で、手術法を<決断>したのです。

私なりに手術法を決断するにあたって(優先順位はなし)
1、妥協しない(自分のことなのだから、何がなんでも調べる)
2、納得するまで先生と話す
3、自分の置かれている状況(診断)をきちんと把握する(こうだったらいいなとかは厳禁)
4、人に頼る(氾濫する情報を解読できるのは、やはり医療関係者の力ありき)
5、近すぎる人の意見は情に流されやすいので聞きすぎない
6、自分の嗅覚や感覚を磨き、感と自分の身体の反応を見つめる
7、最後は自分で決める(これはかなり大事)
8、自分で決めたことは、きちんと受け入れて責任をもつ(かなり重要)

うわ〜またしても長くなってしまった!まだある<決断>なのですが、長すぎなので続きはまた書きますね〜
ブログを書き出して、あちこちから心配の声を聞いています。本当にありがとうございます。とくに再手術を受ける、ということでご心配をおかけしているようですが、再手術にあたっては、お話したように全て覚悟の上での<決断>の結果です。もちろん!受けない結果であるのが望ましかったのですが、後悔はしてません。痛みに弱い私としてはあの痛みだけは、なんとかして欲しいけど。。。とほほ。
とにかく今は完治へ向けて、あとひとつ乗り越えます。ありがとうございます♪



コメント
やっぱり、その道の専門の先生の意見は貴重です。
そのお話を最大限に「消化」するために、
ゆきこ先生はすごい量の「予習・復習」をしてましたね。
疑問点や希望をノートにまとめて、質問したり調べたり。
それが、「納得できる治療」につながるんだと思います。
  • あらいみお
  • 2007/11/02 1:10 AM
>みお先生
本来、勉強をするのが好きなのかも♪みお先生と一緒です。
でも一緒にきちんと整理してくれなかったら、氾濫した情報とともに埋没されたかも。
入院中、ベッドで一緒に研究してくれたお陰です(^^)v

それでも、納得せずに治療を受ける方って本当に多いと思います。是非そんな体制がなくなるよう病院としても様々な受け入れを整えていってほしいと願っています。
  • ゆっちん
  • 2007/11/02 11:10 AM
直美です。親分。本当によく勉強し、また正確に皆さんに情報を伝えてくれているなあと、ほとほと感心致します。再手術頑張って下さいまし。まあ、あまり心配はしていません!痛がっている顔見に行きますぜ。
今日はちょっと全く違う視点から書かせて頂くことにしました。「立つという大切さ」を読んだ私。第一声は医療者の目で「あいたたたた…!うちのオタンコナース!!」でした。『みやのさんは痛みに弱いわねえ、翌日からみんな歩くわよ』って。お前なあ!その言動は駄目だろ(−−;)(親分擁護は無用です、言いがちな言動だけど多分私クラスがその場で聞いていたら、トイレに連れ込みボコボココースだ!)。今、看護師の後輩達(少なくとも人に対して私なんかよりオタンコじゃない子達です…)に親分のブログを見てみるよう勧めています。医療者から見る患者さんの言動・行動の裏には、その人の人生があるわけで。このブログは医療者という視点で見ても色々と考えさせられました。医療者にとっては「人ひとり診る・看る」という奥深さをも教えてくれるブログだなあと。このブログ、実際の書き込み量より、多分頻繁にチェックしている人間はとても多いと思います(^^)。私の所への「心配!」の問い合わせ件数からしても!どうコメントして良いやら、と見守っている人間は親分が思っているよりずっと多いですよ。だから、思うままに書き続けて下さい!そしてこのブログを見ている皆様へ。私自身「近すぎてコメント出来ん!」と思っていましたが。早く完治して一緒に遊ぼうぜ!と考えたら一番の応援はこのブログにメッセージ書く事かなあと。「手術翌日に病院抜け出し飲みに行こう!」でも!(親分オペ翌日飲みに行きます!?伝説の人になれますよ)。長文で失礼致しましたm(――)m
早く復帰してくれないと、迷える子羊2匹(あ、1名は子羊ならぬ大猪(いのしし)でした)冬場は行く所が無い!
  • 直美
  • 2007/11/02 11:42 PM
>直美さま
コメントありがとうございます!医療関係の方からのご意見は重要でございます。
まあ、ゆっちん的にはまったく堪えておりません。なんたって奮い立たせて、翌日には「あっ!みやのさんが立ってる!」と驚かせたくらいですから(^^)vって着替えてただけだけど♪

看護士さん達はみ〜んな優しいですよ。すっごく色々と聴いてくれます。ご安心くだされ。
専門看護士さんしかり、別の視点からのご意見は本当によかったと思います。なので、虎ノ門を選んで間違いなかったと心から思っています。
ただ、リハビリに関しての提案がほとんどなかったなーと思いました。癌というのは精神的に辛い病気なので、身体へのケアがもう少しあると安心するのかなーと。また機会あったらゆっくりお話したいなと思っています。

雪への復活はしばし先なので、しばらく外房あたりでも迷っててくださいませね(^^);
  • ゆっちん
  • 2007/11/04 5:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM