検査を受けるということ


昨日は書きたいものが、ふたつになってしまい、どちらを書こうかと悩んでいたら、結局かけずじまい…とほほ。
明日の夜、土曜日にやった都連フィットネスの理論バージョンがあるのだけど、治療に入ってしまったゆっちんは行けないので、参加者の方からの質問を書いていたら、なんとあっという間に2時間が経過してしまいました。
当然ブログを書く気力なく。。

今日は<検査を受ける>ということについて書こうかと思います。
前にも伝えましたが、現在日本女性の20人に1人が発病すると言われる乳がん。それは検査の受診率があがったので、早期で発見できる人が増えたからだそうです。アメリカでは、なんと8人に1人!しかしアメリカの死亡率はじょじょに減っているのに対して、私達日本人では増えているそうです。なぜなのだろう・・・これには食事の変化だとか様々な説があるみたいですが。

ピンクリボンや芸能人の告白などによって、検査が盛んになり本当に良かったとつくづく思いますが、まだまだ検査率が低いのが日本の現状。おそらく、私はまだそんな年齢じゃないとか、仮に検査を受けても経過観察で安心したりしてませんか?

今や35歳から疾患率があがり40代前半から50代にかけてがピークになる、発症年齢がどんどん若くなっているのが現実です。かかりやすい人には、遺伝性(母親、姉妹に乳がんがいる)、初潮が早い&出産経験がない(これは長い間エストロゲンというホルモンにさらされているから)、背が高い(これはなんでだろう?)など色々あるようです。ちなみに私は母親を乳がんで亡くしましたし、出産経験がありません。おまけに背も高い。リスクは当然高いのですが、ひとことでリスクが高いから発症したと思いたくありません。なぜなら、遺伝なんて言ったら、それこそ変えられないの?と本末転倒だし、癌は自分でコントロールできるということに気がついたから。
そう、癌にかからない生き方をすればいいのです。この話を始めると横道にそれてしまうので、一旦棚の上に上げておいてと。もちろん肩甲骨を下げながらね。

では検査はどうやって?
私がここまでかかって発見した道のりをまずお話したいと思います。4年前の2003年の春に健康診断を受けました。そのとき、実に私は心も身体もボロボロ状態で、案の定、肺に影がみつかり精密検査となりました。健康診断の前にアレルギー性喘息を発症していたのだからだと思います。その際に年齢も年齢だし胸だからと、乳がん検診も受けたのが最初でした。そのときの診断は乳腺症。これは、硬いしこりができたり、水がたまったり、痛みが出るのですが、それ自体は悪性ではなく、乳がんが見つかりずらいということで経過観察になります。それからは半年〜1年に1回の検診を受けていました。
そして2005年の9月に受けたマンモグラフィーの検診で、両乳房石灰化現象、左胸局所的非対称性組織と診断され、3ヶ月〜半年に1回の検査になりました。2006年4月に再度受診して同じ診断。今から思うとここで安心せずにもう少し詳しく調べていれば…という思いは消すことができません。
そして私自身も忙しさにかまけてたのと、そんなに深刻に考えてなく、次に受けた今年の5月に決定的なものになったというのが流れです。もちろん、これはあくまでの私の例で、ほ〜んとに様々なパターンがありますのでね。

しかし、ここでひとつ検査を見直してみました。2005年からは東京のとある検査機関で受けているのですが、石灰化があった時点で、もう少し詳しく話ししてくれていたらと思います。石灰化=乳がんではありませんが、石灰化していることで見つけずらくなるのだと思いました。石灰化というのは、乳管にたまったお乳が垢となって、そこから外にこぼれ落ちて石灰化という現象になります。これ自体はがんではありません。がんは最初、乳管の中にでき(乳管がんの場合)その中にとどまっているものは非浸潤がんで、その段階で発見できれば、100%近く完治できます。そこから管を破って浸潤がんとなり、血管やリンパに転移すると考えられてます。管にあるがんの真ん中の方は栄養がもらえなくなり、死滅して、お乳の垢と同じように外へこぼれ落ちるときに発見されるのですが、そのときの画像がお乳の石灰化と似ていて見つけづらいのだそうです。

私の場合はまさしくその状況で、今年の春に、とある検査機関から高井戸東クリニックというところを紹介されて、そこで検査をして
もらい見つかったのです。
私はしこりになるタイプではなく、乳管を広がっていくタイプで触診&エコーではほとんど見つけることができませんでした。実際に詳しい検査でも触診、エコーともに異常なし。マンモグラフィーで、その先生はどうしても気になるから細胞を取りましょうということで見つけてくれたのです。乳がん=しこりと思いがちですが、私のようにしこりにならないタイプの全体の25%ほどいるそうです。最近では、TV番組で色々な乳がんの特集もやっていますが、しこりにならないタイプの発見について、取り上げていないのが気になります。なので今回はあえて私の例をだして、伝えようと思いました。

いまやただ検査を受ければいいという時代ではないと思います。
的確にその検査を読み取る力のある先生のもとを訪れなければなりません。私が見つかったのはラッキーだったのかどうかは神のみぞ知るだけど、とある検査機関でまた見逃していたら、飛んでもないことになっていた可能性大です。

何故、今日はこちらのお話にしたかというと、昨日は病院の日だったのですが、私の主治医の川端先生が市民開講講座で講演をすると聞いたので、興味のある方、男性でも奥様や恋人のために聞いておこっとと思う方、お時間があれば是非にと思ったからです。
詳しくは0120-701-220 市民公開講座 乳がんってどんな病気?11月6日(火)18:30〜20:00会場は
http://www.miraikan.go.jp/
港区医師会が後援で参加無料だそうです。ちなみに川端先生は本も執筆していたり、毎年開かれる国際会議にも出席して毎年変わる乳がん治療のガイドラインをきっちり勉強されている方です。
まあ、あまり愛想は良くないけど、質問にはきっちり答えてくれます。私が手術方式で散々迷ってたときにはじつに50分もかけて相談にのってくれました。
そうそう、川端先生はエコーでも発見してました。まあ、先生いわく「あるという前提のもとで見てるからね」というけれど、他の先生は「う〜ん、川端先生はどうやって範囲を特定するんだろう?」と悩んでましたが(^^);

とにかく、ゆっちんの結論としては、検査は早めに、そしてちゃんと結果が読める先生のもとへGO!です。

追伸:がんの診断はあくまでも私の現在の知識の中なので、心配な方はちゃんと調べてくださいね♪

コメント
日本での乳がん検診の受診率は17%。
アメリカ、イギリスでは75%を超えてます。
計算上では死亡率を下げる為には60%以上の受診が必要なのだとか。

だからもっと乳がん検診をうけましょう。
マンモグラフィーも受けたほうがいいらしいです。

「数字」で言うとそういうことかもしれません。

じゃあ、どこでどんな検査を、どうやって受けますか?

ネットで「乳がん」って検索するだけで、
検診の方法、治療の選択、こころのケア、
あらゆることがすごいいきおいで出てきます。
まことしやかに書かれたものでも、よーく調べてみると、
「だいたいこれでOK」という方法はあっても、
「これで完璧」というのはなかったりします。
検診の方法ひとつとっても、
ちょっとでも有効な方法はどれか、
世界中でたくさんの人たちが今もまだ探しているんです。
マンモグラフィーは1方向で良いの?とか、
超音波は見る人によってそんなに所見が違うの?とか。
検査すれば安心なんじゃないの?と、
不安になってしまいます。

それでも私たちは、そんな情報の中から、
自分の方針をたてなければいけないわけですから、
ゆきこ先生のように、具体的な情報を提供してくださることが、今乳がんを持つ人にとっても、
これから乳がんについて考えるひとにとっても、
どれだけ貴重なことか。

ついでに読んでくださる方のために、自己紹介しますが、
私は医者です。
残念ながら乳がんの専門家ではないです。
ゆきこ先生のピラティスの生徒です。

病気に関して、世の中に、これほどまでにあいまいな情報があふれかえっていることを、
私はゆきこ先生の病気を通じて初めて実感しました。
そして「これなら絶対」がない情報の山に埋もれても、
「納得できなければ絶対進まない」ゆきこ先生の姿勢に、
これまでの生き様(?)を見た気がします。
「これが、みやのゆきこか〜」的な…。

自分に今何が起こっているのかを知ること、
じゃあ何をすればいいのかを考えること、
自分で考えて、自分のプランをたてるのは、
病気に関してはとても大変なことです。
でも、それが自分の体を知ることにつながり、
結果的に検診受診率のアップやひいては死亡率の低下につながるのでしょう。

すっかり長文で、おじゃまいたしました。







  • あらいみお
  • 2007/10/26 2:15 AM
>みお先生
貴重な書き込みありがとうございますm(--)m
ゆっちんは、みお先生が一緒に様々情報を解読してくれなかったら、今も悩みながらの治療を続けていたかもしれません。本当に感謝の言葉もないくらい感謝してます。

ゆっちんは、みお先生のような方に会えて幸せだと思います。いかに今自分が置かれている状況を把握して、どう選択していくのか…ときには厳しくそして優しく、その状況を一緒に考えてくれたから今ここに生きているのだと思います。

この間盛り上がったように、いつか赤ひげ先生的な身近なお医者さんから始まるネットワーク医療が実現するといいなーと心から思ってます♪
  • ゆっちん
  • 2007/10/26 3:38 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM