念願の書籍出版へ!!やり遂げました〜


な、な、なんと!

7月にブログを更新したのは、わずかに一回という始末…

 

情けないっていうか、もっと仕事しろって感じです←自分に戒め

 

昨今、SNSなど様々な発信ツールがあって、しかも簡単にできるから、「ブログじゃなくてもいいんじゃない」って声が聞こえてきそうですが、13年にも及ぶ私の人生が綴られてきているので、絶対やめたくないのです。

 

これをお読みくださっているみなさま。

 

絶対にやめないので、気長にお付き合いくださいませ♪

そしてここだけは宣伝だけではなく、私の本音を書いていきます。

 

さてご報告が遅くなりましたが、7月22日に、兼ねてから挑んでいた書籍出版の夢が叶いました!

 

なぜ宮崎県の高千穂なのか?

どんな風に引き寄せられていったのか?

 

などなど。

お読みいただくと時系列でお分かりいただけると思いますが、いろんな出会いや経験が、初の書籍出版への原動力になっています。

 

そして取材という大義名分のもと、通い出すこと2年を経て、本というカタチになりました。

 

 

思えば原稿に取り組んでいた昨年の秋は、まだコロナの「コ」の字もない頃です。スキーシーズンと重なる頃は一心不乱に書き続け、お尻が床ずれ?と思うほど痛くなりました。

 

しかし、出版日を夢見て、そして記念パーチーを開くんだ!

 

という目標を設定し、がんばりました。

自分で言うのもなんだけど、本当にがんばりました←誰か頭撫でてね。

 

それがなんということだ!!

 

世界中がコロナという猛威に包まれ、旅行どころか移動も自粛。

人も集まれない状況に陥り、全てが総崩れです。

 

「旅」というテーマのため、出版社から中止や延期を言い渡されるかと内心ビクビクしていました。

 

手元に実物の本が届いたときは、感動の嵐に包まれると共に、正直気が抜けました。

「あ〜〜本当に現実になったんだ」という達成感の中で、緊張の糸が切れたのでしょう。

 

高千穂の旅のキッカケは、亡き母の言葉です。

その母は文学が大好きで、60歳をすぎても大学に通い日本語の勉強をしていました。

母の墓前(正確には写真)に報告をしたら「草葉の陰で喜んでいる」とのことです笑


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM