タンザニア・サファリツアーその4(ンゴロンゴロ)


色々と思うことあったマサイ村を後にし、いよいよ「ンゴロンゴロ保全地域」へ。

 

ここは驚くほど大きいなクレーターで形成された自然の楽園だそう。イメージとしては、底の広いお椀のような感じ。

その底は南北約16km、東西約19kmあり標高約1800m、クレーターの淵は標高約2300~2400mというから、結構な高地にあります。

 

ここでひとつ。

 

どのようにして巨大なクレーターが出来上がり、それがどのような作用を及ぼしているのか?

 

数千万年前、多くの巨大な火山活動が始まりました。

その中のひとつが大噴火して、地面の中に空洞ができ、それが一気に沈下して出来たのがカルデラです。

 

このクレーターの中には、枯れない湖があります。

なぜ水が枯れないのか?

その秘密は外輪山を利用して、ほぼ毎朝キリが発生するからなのです。

 

インド洋の湿った空気が東から来る貿易風で運ばれ、外輪山にぶつかって上昇。すると急激に冷やされキリが発生するのです。

キリは木々にあたり結露して水となり、地面に蓄えられます。それが伏流水となり、クレーターの底に湧き出し、一年中枯れない湖を生み出しているという訳です。

 

ほー…

自分で言うのもなんですが、まるで学者みたい(笑)。

実はこれ、つい先日TVでやっていたンゴロンゴロの特集からなのでした。

 

しかし自然の摂理というには、本当に素晴らしいし動物が生きていくためには、理にかなっていると唸ってしまいます。

話はそれますが、その摂理を無視して開発を続ける私たち人類。この先どうなっていくのでしょうか。

 

そしてここはその自然の摂理を守り、人間と自然が見事に共存しています。この地域に住むマサイ族だけが放牧のために、唯一クレーターへ入ることが許されています。他は何人たりとも許可なしには入れません。

ですので、もちろん検問があります。

 

Francisが許可を取る間、しばし展望台からの絶景を望む私たち。

 

いよいよクレーターの底へ。

急坂をグラングラン揺られながら下っていく道すがら、双眼鏡を覗いていると、いるわいるわの黒い点!

それが一体何なのか?

 

 

象にシマウマ、バッファロー、ヌー、数種類に及びアンテロープ、グランドガゼルにトムソンガゼル、ライオンとも遭遇です。

 

鳥もたくさんいました。

アフリカオオノガンにアフリカクロトキ、何やらワシらしきものも。

Francisは鳥好きらしく、指をさして色々と教えてくれるのですが、英語名だからよくわからないし、私は一番後ろの席だったのであまり聞こえません。

 

 

「ま、あとで写真で確認すればいいか」

 

と、あまりにも普通に動物や鳥がいるので、気持ちがのんびりしてきちゃいます。

 

 

お昼はこんな感じで、水辺に車を止めて外へ出られます。

 

ヒポを眺めながらのんびりと〜

 

今日も一日、恐るべしアフリカサファリ。

 

大はつきませんでしたが、満足です。

えっ?なぜ大満足じゃないかって?

 

この日の宿はあまり良くありませでした。

初日に泊まった町だったのですが、部屋は暑くエアコンなし。しかも最初は扇風機が壊れていて蒸し風呂のよう。

ちと残念。

 

お金出せばね〜

クレーターの淵にあるロッジに泊まれるらしいんですけど。

 

そうだ、言い忘れたことがありました。

ンゴロンゴロの名前の由来は、マサイ族が釣れている牛の首についている鐘の音から付けられたそうです。

ゴロンゴロンゴロンゴロン…ゴロンゴロンゴロ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM