池江選手へ向けてのエール


なんだか全然ブログを更新できないまま、またもや月日が経ってしまいました。

あまりにも多くの出来事が日々起こり、頭の中では伝えたいことだらけなのに反省しかり…

 

そんな私が久しぶりに伝えたいことは、世間を驚かせた池江璃花子選手の発病のこと。

 

本当にたまたまなんですけど、前日の夜、同じ白血病で闘っているJリーガーの早川史哉選手のことを取り上げているTVを見ていました。

全くそのことを知らなかったので、驚きとともにひたむきに現場復帰を目指している姿に感動して言葉を失っていたのです。

 

彼の病気に向かう気持ちと、もう一度プロサッカー選手として活躍したいという強い姿勢には、並大抵ではない強いエネルギーを持っていると思います。

 

死を覚悟する病気に直面したときに、まず最初に向かうのが「生きる」ということ。そしてその次に「普通に生活」できるようになることです。その二つが良い方向へ向かって初めて「自分らしくやりたいことをする」のだと思います。

 

「自分らしくやりたいことをする」

 

簡単なようで決して簡単ではありません。

ましてやプロのスポーツ選手となれば尚更です。

 

抗がん剤など強い治療は、その一時だけでなく長い年月をかけて副作用が残ります。よく言う吐き気、脱毛、痛みなどではなく、本当に細かいところまで身体全体へのダメージが残ります。

 

2007年に発病した私は、12年という月日が経とうとしています。

 

当時のエビデンスでは5年間の治療だったので、直接的な乳がんへの治療が終わって7年近く経っているのですが、身体の不調は続いています。

もちろん卵巣を摘出したことがそれに大きく関与しているのはわかっていますが、左胸の硬さや違和感、そしてリンパ浮腫になった左腕のむくみや痛みは、いまだに続いています。

 

なので、池江選手に「東京オリンピックへ向けて頑張って」とは決して言いません。まずは生きて普通に生活できるようになって欲しいです。その先にご本人が強く望む姿が必ず待っていると思うから。

 

「2007年1月、発病前に訪れたニセコにて。撮影はスキーカメラマン渡部洋一氏。

いつかまたここに行くことを強く誓って…」

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM