エルブルス遠征〜高度順応のためウルタウへ〜


モスクワ観光を終え、全員揃ったところで翌日の朝、国内線で南南東方面、ミネラルヌィ・ドボイ(ミンボディ)に飛びました。

 

迎えに来てくれたのは小さなワンボックスカーとドライバーさん。えっ?ここに荷物全部と私たち総勢7名が乗るの?

でしたが詰める詰める→のちにこの積み重ねが大変なことを招くのですが。

<ちなみに私のスキーが一番下>

 

しかし、ロシアの道路事情は恐るべし。

よく世界仰天ニュースってあるじゃないですか。海外で対向車が来て、「うわ〜ぶつかる!」という寸前でかわすやつ。

一言でいうと、その連続でした。

片側1車線通行プラス牛がたくさんいるところで、なぜか3台ですれ違うって感じ。何回目を閉じたことか…

 

英語が全く通じないドライバーさんに連れられて行ったのは、レストランらしき建物。看板も何もないので、普通の家に入ったのかと思いましたが。

 

どうやらここでランチしながら、今回の現地ガイドを待つらしいです。しかし待てど暮らせどやって来ず。4時間近く待ってようやくやってきたガイドは、めっちゃ明るいロシア人のIvan。何とカムチャッカにガイドで行っていて、飛行機が遅れたみたいです。しかしカムチャッカとは〜〜

 

その後、再び狭い車内を過ごし着いたところは断崖が迫る渓谷の突き当たりでした。

 

こんなリフトに車ごと乗ることもあるらしいけど、私たちは荷物と自分たちだけ乗って上へ。

そこで幌トラックに乗り換え、目指すはウルタウです。

 

ウルタウエリアはジョージア(昔のグルジア)と国境を接している地帯なので、ロシア軍の管轄エリア。そこに入るための許可証を日本で取るのに時間がかかり大変だったのです。

 

すぐにロシア軍の検問所があり、一人一人呼ばれてはチェックを受けました。ちなみに撮影はNGとのことなので写真はナシです。

 

無事に全員検問を終え、さあ目指すは渓谷の奥ですが、まあその悪路のすごいこと!2時間くらいドッタンバッタン揺られ、ほとほと疲れ果ててようやく山小屋に到着しました。

<荷物と一緒に全員荷台へ>

 

<到着したのは真夜中>

 

そのドッタンバッタンも積み重ねに加えられ、翌日の悲劇へと続くのでした。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM