Elbrus遠征〜集合はモスクワ!〜


ツアーの集合はモスクワでした。

航空券は各自手配で、いつどこからどう来ようと勝手ですが、モスクワから乗る国内線は、「みんなこれ取ってね」という感じです。

まあ、ロシア自体を事前に旅しようとか、解散後はどっか行こうなどと言う訳ありませんが(さすがに不安)、せっかくなのでモスクワは1日早く行くことにしました。

 

蓋を開けてみたら、立本さんと参加者のSさん以外は全員1日早くモスクワへ入ることがわかり、ちょっと安心。

 

話しが飛びますが、今回の海外旅行保険は、ありえないほど高額でした。近年の登山ブームで保険をかける人が多いらしく、しかし使う人が多いのか、赤字保険のため撤退する会社が多いのです。

 

高所登山&アイゼンやピッケルを使うために、危険度が増し、なんと保険料が100,000越え!

 

ロシア国内線を含む航空券と、ほぼ同額という事実だったのです。

 

話しを戻しまして…

 

ロシアに入国するのは、今回が初ですが、ずーっと前にトランジットでモスクワ空港に寄ったことがあります。それは13歳のときに母に連れて行かれたヨーロッパ旅行の時で冷戦時代。当時ソ連の上空は飛べなかったのでアンカレッジ経由で、長い時間をかけてヨーロッパへ向かっていたと思います。

なぜ母がそうしたのか?は今になって謎ですが、ソ連自国の航空会社であるアエロフロートは上空を飛べるので、モスクワ経由でヨーロッパへ行ったのです。

 

子供の頃、乗り物酔いしやすい私は、アエロフロート機内の匂いにやっつけられ、モスクワに着いた時はヘロヘロ状態。乗り換えを待つ間中、モスクワ空港の長い椅子でずーっと寝てた記憶があります。

その印象は未だに鮮明で、今回ロシアに行くにあたり、そのイメージが拭い去れませんでした。

 

そう、グレーで重たい空、人が下をうつむいている、食べ物はマズいetc.

 

しかしそのイメージが一気に払拭!

青い空〜

白い雲〜

半袖でも暑いくらいの気温〜

 

なんてったって食事が美味しい!

もちろんお酒も!

<最高級に美味しかった!ビーフストロガノフ>

 

唯一大変といえば、モスクワでも英語が通じづらいということ。ちょっとしたカフェだとロシア語のメユーしかありませんでした。

 

まあ、有名どころは抑えたのでここからは写真で説明しますね。

 

<シェレメチボ空港では、ロシアワールドカップの絶賛準備中〜>

 

<空港近くのホテルだったので、街までは電車を利用。約30分くらい>

 

<街中はメトロを利用。見て、この素晴らしいのが駅です。それぞれの駅がアート空間>

 

<数々のイコン画が素晴らしかった>

 

<観光船に乗って、ゆっくりと街中を見学>

 

<昼間も良かったけど、このライトアップは素晴らしかった!右手がクレムリン、赤の広場にて>


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM