ガイド研修会@白馬


そんなこんなで怒涛の2月が終わり、なんとか3月へ滑り込みました。

 

最初の週は山小屋に泊まりながら、札幌郊外を縦走するHutten Kette。そして初日は台風並みの大荒れの天気となりました。びゅーびゅーの風雪の中、なんとかガイドたっちー宅にたどり着き、車を乗り換えて集合場所の千歳空港へ。

その道中に、間も無くやってくるガイド資格更新研修会のことを、たっちーに聞いてみたんです。

 

すると、何やらものすごーく大変な気がしてきまして…

何せ資格を取って初めての研修会です。とにかくロープから地図読みからレスキューから何から何まで自信がありません。

 

こんなことを言ったらダメなのかも知れないけど、山のことを知れば知るほど怖くなり、私でできるのか?大丈夫なのか?といつも疑心暗鬼なんです。

Hutten Ketteツアー中も常に頭の中を研修会への不安がよぎり、ニセコへ戻るや否やすぐさま練習に取り掛かりました。

 

友達にも手伝ってもらい、山へスキーに行った帰りに実際の現場を想定し、引き上げの練習や、コンパスを使って地図読みのトレーニングをしたり。

 

しかも何故かこのタイミングで、「果たしてElbrusにチャレンジなんてできるレベルなんだろうか?」とまで考えだしたり。

「そもそも基本的に体力が無い私の上に、こんなオバさんなのに、ガイドなんて務まるはずがなかった。もう返上した方がいい」とか。

 

要するに、すべてに対して自信喪失してしまったというやつです。

 

しかし時は止まってくれません。

鉛のように重い身体と心を引きずって白馬へと向かいました。

 

私が選んだ研修会の内容は「ルートガイディング」です。他にもスキーだけじゃなくいろんな内容の研修会があるのですが、日程的にも大丈夫だし、私に必要だと感じたからです。いや、他の内容もすべて必要なんですけどね。

 

研修生は山岳ガイドが2名、登山ガイドが私を含め3名、そこに講師が2名です。しかも山岳にはたっちーがいて、登山にはプロスキーヤーのYさんがいました。他の2名の方もバリバリ現場でガイドやっている方々。

 

もちろん私もやっていますよ。

けど内容のレベルが違います。私は基本的にスキー場のリフトを使って、山へ行くというよりどちらかと言ったら滑り専門です。本格的な山スキーの時は、地元の先輩ガイドに頼んで、私はリーダー的にフォローするようにしています。

 

結果は…

 

たくさんのダメ出しをもらいましたが、すべてに対して自分が必要なことばかりでした。

中でも一番印象的なのは、滑りのガイディングの時のことでした。目的地に対してどのルートを通れば安全で効率的なのか?を必死に地図を読もうとしていたのですが、「お客さんが楽しいと思える場所を進むことが一番安全なんですよ」という講師の言葉でした。

 

そうなんです。地図ばっかりニラメッコしていてもダメなんですよね。実際の山の様子もしっかり判断して、その上で「どう楽しく滑らせてあげるか」なんです。多少おりすぎてもシールで登り返せば言い訳ですから。

 

行く前は「あ〜悪魔がまだまだ私に棲みついている〜」と嘆いていましたが、参加して本当に良かったです。

 

ほんのちょっとですが、自信もついてきましたし、何よりガイドとして私のできる=やっていく方向性が見えた気がしました。

1歩ずつ、がんばろーっと。

<登りのガイディングをさせてもらい、精神的にヘロヘロになった瞬間>

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM