姉と過ごした2ヶ月間


SNSが全盛の時代、どこで何を発信しているのか?はたまたしたらいいのか?がグチャグチャになってしまうお年頃になりました(苦笑)。

 

Face bookとかインスタとか、あっという間に情報が流れ埋もれ消えてしまう日々が、少し悲しいなーと思う反面、いらない情報ばかりに埋め尽くされてしまうのもキツイしね。

 

自分に負担をかけないように、けど伝えたいことは伝えていこうと改めて思う今日この頃なのです。

何をかくそう、そもそもこのブログのタイトルは「伝えるために生きている!」です。今じゃ、かっこつけて「YUKIKO MIYANO OFFICIAL BLOG」だなんてしているけどね(笑)。

 

この秋、Swedenに住む姉が2ヶ月ほど日本に来ていました。

大抵長くても3週間くらいなのですが、仕事の変わり目などいろいろあり、初めての長期滞在でした。

年齢で3歳、学年で4つ違う姉とはあまり一緒に暮らしていません。母がとても外交的というか、目線がとてもグローバルだったので、子供たちを海外へ出すことに力を入れていたからです。

 

彼女は高校生の時にすでに1年ほど、休学してアメリカの高校へ。ちなみに私は中学生になったばかり。日本に戻り日本の高校を卒業すると、今度はすぐにスイスへと旅立ちました。

向こうで働くようになってから一旦日本に帰ってきましたが、3年くらい暮らした後、現在定住しているスウェーデンへと渡ったのです。

 

そんなこんなで、私が一緒に暮らしたのは物心ついてからだと、本当に数年だと思います。

今でこそ通話は無料アプリがあるし、メールもあるから、時間も気にせずにやりとりができるようになったけど、当時の国際電話といえば高額!

 

それでもたまにかける姉との電話がとても嬉しくて、長電話になっては母に「いい加減にしなさい!」と怒られていました。

 

この2ヶ月間、本当に楽しかった。

忙しくなる時期にきついかな〜とも思っていたけど、全くそんなことを感じないほど楽しい毎日でした。

 

来る前に「よし、一緒に行こう!」と企てていたのは、まず映画「ゴッホ〜最後の手紙〜」を観に行き、それからの「ゴッホ展」。

 

えっ?私がゴッホ?

と思うなかれ〜

 

昨年の夏にフランスGivernyのモネの家に行ってから、実は絵画に興味を持つようになった私←ほんとよ。

 

からの、吉本公演(これは私らしく)。

 

それとそれと、大橋トリオさんのライブ。

 

それからそれから、あちこち山歩き(これは報告済み)。

 

本当にあっという間の2ヶ月でした。

もっと日本にいてくれたらいいのに…

 

まあ、ずっと仲が良かった訳ではないけど、両親はとうの昔に他界し、自分で家族を持っていない私にとっては兄と姉は欠かせない大切な存在。

何かあってもすぐに飛んでこれる距離ではないけれど、これからも心は寄り添っていきたいなと思った日々なのでした。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM