あたり前の日常の大切さ


年末にニセコに来て、とにかくびっくりしたのが雪の少なさ。

スキー場に行くと笹は出ているし、地形は残っているし、とてもじゃないけどオフピステを滑る気分にはならず…

 

その反面、ゲレンデはビシッと雪上車で圧雪されているから、カービングターンの気持ちよさったらもう。

 

いつ降るか、いつ降るか

 

と心待ちにしていたら、やっときました大寒波!

 

昨日の午後から天気が変わり出し、いつものニセコの風になり、ニセコらしい雪がどんどん降り出しました。

 

大雪は大変だけど、やっぱりここではそれがあたり前の冬だから安心しますよね。あたり前のことがあたり前じゃなくなることって、実はとても怖いこと。

それに引っ張られ、全てが狂い出すように感じます。

 

あたり前のニセコ生活は、真っ暗な早朝に除雪車がやってくる音から始まります。暖かな布団の中で、ぬくぬくとまどろみながら、「あ〜今日も雪が降ったのね」と一日の予定をめぐらせ起き出します。

 

すぐさまスキーに行ける格好をして、顔を洗い、朝食を食べます。

平日は、ほぼ毎朝8:00までのゴミ出しがあるので、ゴミを出しがてら車と玄関先の雪かきをし、その後はスキーへGO

 

大体午前中早めに帰って来て、家でゆっくりお昼を食べ、そしてコーヒーを飲みながらPCに向かうというのが、あたり前の日常。

 

雪が降らないと、私はその全てが狂ってしまうんですよね。

除雪車が入らないと、「今日はノーパウかあ、、」とつい寝坊しちゃうし、滑ってきたフレッシュ感もなく、なんとなく一日が過ぎちゃう。

 

このあたり前がいつまでも続くように、いろんなことを大切に過ごしていこっと。

 

雪っていいね!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM