ノルウェートレッキング紀行〜歩き切りました!ゴール〜


ヒロコさんがくべていてくれた暖炉のおかげで、ぐっすり寝た私は快適な起床。

さあ、いよいよ最終日です。

 

ゆっくりコーヒーを飲み、朝ご飯を食べ、出発時間は、なんと11:00過ぎ。

日本の山じゃ、ありえませんね〜

これだからノルウェートレッキングはやめられない(笑)。

 

最終日も相変わらず、どこまでも続く道を歩いていきます。かなりの湖が点在しているからか、途中ではトレッキング兼釣りという人にも会いました。どうやら、ここいらはこのスタイルがノーマルみたい。

 

あっちいって釣り、こっちいって釣り。

そこいらでテント張って寝る。

まー!自由でいいわねー!

 

そうこうしているうちに段々雰囲気が変わり標高を下げ始めました。最後の最後にきてこれでもかという岩だらけの世界。

それはまるで「岩の川」のようです。何千年?何万年?前に、一体このあたりに何が起こったのでしょう。とにかく不思議な世界です。

 

そんな岩の川を抜けていくと、その先に湖が見えてきました。

お〜〜あの辺りがゴールのはず!

 

しかしこれだけ広大だと、見えてからが長いのは周知の事実。いい加減に慣れて来たので、まだまだ一休み。

 

ゴールの湖近くになってくると、久しぶりの森です。

ずーっと岩だらけの山の中にいたので、森の香りに満たされると、すごく安心する私がいました。やっぱり人間は「森の人」なのね。

 

花々が咲き乱れた森を抜けると、いよいよゴール!のMorgenへ。

この日は約15kmの道のりで17:00着でした。

 

ここでも「小屋を建て替えてから来た日本人は、あなたたちが初めて!ゲストブックを書いてね」と感激され、つたない英語で書かせてもらいました。

 

古い山小屋なので、長い歴史のゲストブックの1ページに刻ませてもらったと思うと、胸の奥がジーンと…

 

思えば、現地に来てから急遽ルートが変わるというビックリなスタート。雪渓を越え、岩山を越え、歩くこと87.1KM

とてつもない筋肉痛から始まり、足首もくじいたし、まあまあ色んなことがありました。

 

しかし決して一人では成し得なかったこの経験は、私の山の歴史の中に深く深く刻み込まれました。

 

ありがとう〜〜

NORWAY!大好きだよ、また必ず来るよ!

 

NORWAYからSWEDENへの飛行機が、今回歩いたHardangervidda上空を飛んだので、ぱしゃり。

人間ってちっぽけだね。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM