交通事故に遭いました


「人生山あり、谷あり」といいますが、私の人生は、なんでこんなに谷が深いのかなぁ…と思う今日この頃。
 
1月26日に交通事故に遭ってしまいました。
片側一車線の凍った雪道をスリップしてきた車に突っ込まれて、正面衝突です。
私は右カーブに入ったところだったので、車が目の前にいる!と思った瞬間にあっという間にバーン!と、ぶつかっていました。
 
よくTVで衝撃映像ってありますよね。
車が飛び込んでくる交通事故の映像。それと全く同じで、スローモーションのようにだなんて事は全くナシ。
「きゃ〜〜〜〜〜〜〜」って叫んだ記憶があります←一応、女子でした(笑)。
 
意識は失わずに、とにかく強烈な匂いに驚いて早く車から逃げ出さなきゃと、開きづらいドアをギギギ〜と開けて、転がるように地面に倒れ込みました。
後から考えると、これって危ないことですよね。後続車に引かれたりするって言いますもんね。けど、正直全く考える余裕なんてなかったです。
 
頭と胸がすごく痛くて、唸りながら「あれ、もしかしたら私死んじゃうの?」とか「頭開かれる手術するのかなあ」とか、そんなことを考えていました。
 
ともあれ理性の部分もあって、動かない方がいいと判断してずっと雪道の上に横になっていました。後から考えるとすごく身体は冷えたけど、これが良かったのかも?と思ったりしています。RICEってやつですよね。
 
相手方は怪我がなかったようで、混乱しながら「どうしよう!大丈夫ですか?どうしよう〜」と叫んでいたことを覚えています。
20代半ばの男性でした。
 
後続車とかの方だと思いますが、みなさん「大丈夫ですか?意識はありますか?」とか、「寒いですよね」とか声をかけたり毛布をかけたりしてくれ、優しさが染み渡っていたのを覚えています。
 
田舎なので救急車が来たのは、大分経っていたような気がしますが、到着するや否や救急隊に首を固定され、痛かった胸の確認のために「衣服を切ってもいいですか?」と聞かれビリビリと切られました。
その際に「はい」って言ったけど心の中では「ユニクロのヒートテックはいいけど、パタゴニアのベースは、もう廃盤で気に入っているのになぁ…」と、嘆いていました。
 
担架に固定されながら、顔に舞い降りてくるヒラヒラした雪を感じ、ようやく「大変なことになっちゃった」と心が叫びだしていました。
 
救急車で病院へ運びこまれ、すぐさま外科の先生の診察へ。
脚も動くし痺れも無かったので、頭はとりあえず大丈夫そうと言われ、とにかくホッと安堵←これ、そうとうな安堵。
すぐにCTを撮ってもらいました。
 
いやいや私の身体が強いのか、車に守られたのか、骨折もせずに胸部打撲と頸椎捻挫との診断でした。
しかしまだ予断は許さないと言われ、入院するかどうか聞かれましたが、すぐに駆けつけてくれた友達が泊ってくれるとのことだったので、家で様子を見る事に。
 
その後は吐き気や強い痛みは起こらずに、今、こうしてブログで報告できるまでになりました。
 
先生から許可も降りたので、29金曜日に東京へ戻って来て、転院しました。やっぱりスポーツ専門の先生に診てもらいながら、きちんとリハビリを受けたかったからです。
私は頭より身体を使うことが仕事ですもんね。後遺症に悩まされてしまったり、パフォーマンスに今後影響が出てしまったりすることは脅威ですから。
そして何より精神的なダメージが大きくて、雪道が怖くて仕方ないんです。環境を変えたかったというのもありました。北海道だと嫌でも車に乗らないと生活できないけど、東京だと車無しでも生活できますもんね。
 
今は毎日のように病院へ通って、その時々に合わせたリハビリを受けています。そのお陰で、しばらく続いた頭の痛みや腫れた感じは大分収まってきました。心配だった目眩も落ち着いてきました。
先日からは、自転車こぎも始めています。
 
トップシーズン中の出来事で、たくさんの方々にご迷惑をおかけしていることを改めてお詫びいたします。
 
今は一日も早く雪の上に立てることを目標に養生&リハビリに努めます。
 
それにしても、先生からも警察の方からも「これで済んだのは奇跡ですね」って。亡き父が乗っていた車…大破しちゃったけど、父が守ってくれたんですね。
その命、本当に大切にしなきゃ。

コメント
ほんとうに無事で良かったよねえ。軽自動車なんかだったら、、、とても怖いわ。
父上の守りでござるな。
後遺症出ない事を祈っています。
  • MASARU GOTO
  • 2016/02/10 6:08 PM
GOTOさん

ありがとうございます〜
GOTOさんも車での移動がほとんどだと思うので、くれぐれもご注意くださいねー
一瞬で人生が変わってしまいますもんね。
  • ゆっちん
  • 2016/02/11 12:30 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM