滑ってきたよ!春の岩木山


いってきました!岩木山、山頂からの大滑降の巻きー!
 
色々と用事があって青森に滞在していた私ですが、昨日は天候も良く、霊峰・岩木山にバックカントリースキーへ。
朝から岩木山がどどーんとそびえ、いやでもテンションが上がりまくりです。

 
いつもは厳冬期に来ているので、そうそうピークまで行けるタイミングではありません。
今回は別の目的があったので、「まあ、行けたらラッキー」位な気持ちでしたが、そういう真摯?な気持ちというのを岩木山の神様は見ていてくれるものなんですねえ(嬉涙)。
 
冬には樹氷に覆われたコメツガの木々や、雪をまとったブナ林も、すっかり春の様相に変わり、なにか暖かく迎えてくれている気がします。
もちろん亀裂が入っていたり、穴が開き初めていたりと危険もいっぱいあるんですけど。
 
前日には吹雪いていたという山の上も、太陽の力と共に、どんどんザラメに変わってきてくれ、ズンズン登っていけます。
 
「シールの力って凄いなあ」なんて改めて感動していたと思いきや、山頂直下はキックターンも出来ない位の急登に。最後の10M位は、スキーを外してツボ足で登りましたが、念願のピークに到着!
 
もちろんきちんと御礼を述べています。が!ここ結構怖いとこなの(苦笑)。
 
目の前にはザラメ雪の大斜面、そしてどこまでも広がる津軽平野へと滑る大滑降は、もうアドレナリンでまくりです。
スラフのようなフィルムクラストからスタートし、次第に春の滑りやすいザラメ雪にと変わります。とにかく大きなターンを刻みながら、自然とスキーの醍醐味をこれでもかー!と堪能してきました。
 
そして下山後は温泉で身体を癒し、ちょうど見頃になったお花見へ。幾度となく通っている弘前ですが、なんと市内をほとんど歩いたことがありません。
 
足取り軽く、日本三大桜の名所となっている「弘前公園へ」と出かけると、それはそれは見事な桜がお出迎え。なんともラッキーな私です。

お城の天守に登ると岩木山の夕景がバッチリ見え、「あのピークから滑り降りて来た私は、今ここにいるんだ」と、言葉にならないほどの感動が押し寄せてきました。

 
よくよく考えると、凄いことをやらせてもらっているんですね。
 
改めて自然、スキーそして仲間への感謝の気持ちが溢れ出てきました。
 
弘前ありがとう!また来るよっ
 
ということで、シメの写真は「わさお」なり(笑)。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM