フィルムクラスト大滑降!


なんだかんだと言いながら、あっと間にGWが終わり、シーズンキャンプも全て終了となりました。

ご参加いただいたみなさま。

たくさんの経験と笑顔の共有をありがとうございました!

実はすでに夏シーズンの仕込みやらが佳境に入り、下調べや下見等々が始まっていて、その様子をブログに書きたいなーと思いつつ、これを「書かなきゃシーズン終わらん!」ということで「フィルムクラスト」なのです。

相変わらず、前置き長くてすみませーん(苦笑)。

それにしても今年の春スキーは、ザラメ雪が気持ちよかったです。
昨シーズンは、GWまで積雪ある天候だったので、硬いのなんのって。アルペンスキーだったら、それは気持ちよかったのかも知れませんが、山スキーとなるとそうはいきません。
結局、ラスト会の「乗鞍」で、気持ち良いザラメ雪に出会えってシーズン終了。

昨シーズンの心残りは「ザラメのコーンスノー」を気持ちよーく滑り降りることだったのです。

GWにニセコへ戻ってから、キャンプやプライベートセッション以外でも毎日滑りました。
実をいいますと、、4月始めに古傷の内足靭帯を伸ばしてしまってですね。オートルートはテーピングと装具で乗り切りました。
たった2週間、スキーから離れただけで滑りたくて滑りたくて仕方なく。また、滑れるかの不安もあったのが相乗効果となり、滑りまくり登りまくりの春スキーとなりました。

笑笑

スキーの神様が微笑んでくれたのかなー。
連日のザラメコーンスノーに大満足!にひひ♬

そして締めがこの「フィルムクラスト大滑降」なり!
ちなみに左側は違うパーティのターン弧。我がチームのターン弧とはえらく違うの気がつきました?
最初に滑ったのが、ほぼ中央にあるガイド・ナッシーのターン弧で、向かって右隣が私。そこからは参加者の方々のです。


ナッシーは身長190cm近い大柄だし、テレマーカーだし、とにかくターン弧がでっかいんです。
ナッシーの隣を狙って「よし!同じラインをつけていこう」と意気込んだはいいんですが、「ひえー!こんなにでっかいの?うー、、負けなーい!」と大声で言いながら滑り始めたわたし。

パリパリパリパリ…とフィルムクラストを砕きながら滑るスキーの音色が、そんな気持ちを後押ししてくれ、春シーズン最高の1本となりました。

滑りやすかったり、滑りにくかったり。
怖かったり、気持ちよかったり。
雪の違いに一喜一憂する、わたしたちスキーヤー。

滑らせてもらっているんだなーと改めて強く感じ、今シーズンも元気にみんなと滑れたことに感謝の気持ちでパッツンパッツンになりました。

目国内岳だよー


コメント
わかるぅ!
今年は4月が寒くて、私もザラメを滑ったのは、4月の立山とGWよ
コーンスノーなんて、ぜんぜん滑れなかった!
  • みぽっち
  • 2014/05/14 5:24 PM
みぽっち

そうだったんですねー
まだまだ滑りたりないのかしら?

今年の北海道の春は大当たりでしたよ!
  • ゆっちん
  • 2014/05/16 2:10 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM