ニセコ・オートルート


東京は桜が散ったというニュースがあったのに、冬型&寒気が降りて来て、ここニセコは一気に冬景色へ。
しかも風を伴ったので、まるで冬将軍到来!?な4月初旬の週末でした。

その週末は昨年から考えて企画した「ニセコ・オートルート」を制覇しましょ!というキャンプ。

「オートルート」というと、ヨーロッパが有名ですよねー
フランスのシャモニーとスイスのツェルマットを結ぶ、ヨーロッパアルプスを歩いたり山スキーで巡るルート。
あー、いつかは行ってみたい!と思いを馳せつつ、ニセコにもそれがあると知り、企画したのでした。

ニセコというのは山の名前ではなく、連峰の名前。
私がいつも滑っているニセコスキー場というのは、その内の一つの山である「ニセコアンヌプリ」という山なのですが、そこをスタートとして、山々を登っては滑りを繰り返すこと3日間。最終目的地の岩内岳からスキー場へ滑り込むという日本広しといえど、中々壮大な行程なのです。

昨年は下見を兼ねて、中間地点にあるニトヌプリへ。


こちらがスタートのアンヌプリ。


手前からチセヌプリ、しゃくなげ岳、目国内岳。

そもそも何故こんな企画をしたかというと、いつもお世話になっているバックカントリーガイド・高梨穣氏が、この企画をしていて、「私もやりたい!」と手をあげ、ご協力いただいたという次第なのでした。

こんな感じの春の柔らかな陽射しの中、ツラツラと登っては滑るというイメージで楽しみにしてたんですけどねー
冬将軍さんのお陰か何なのか?

見事、「雪中行軍」へと、、


しかし参加された女性3名は元気まんまん(笑)。
そんな天気もへっちゃらへーのへー

途中に訪れる数々の自然を満喫してくださいました。


ミズナラから生えるダケカンバ。ミズナラは幹が空洞になりやすいので、その中に種が落ちて生えたのでは?というナッシーのご意見。共存の素晴らしさに感動!


巨大なカバノアナダケを発見!がんばって採っちゃうぞの図。なんたってガンに効くそうですからー
かくいう私も闘病生活中3年間は飲み続けてました。

しかし風が強かった!
残念ながらピークを踏むことはできなかったけど、風を最大限かわしてルートを連れて行ってくれたナッシーのガイド魂の素晴らしさに感動です。


そして一回も根をあげず、逆に「私たちどれだけ神さまから試されるの?」「8個あるピークをひとつも踏めずにオートルートを完了したなんて、ある意味凄くない!?」などと楽しんでくれた、女帝たちに感動のひとことでしたー!



ほれほれ、ご褒美がこれだい!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM