最後の二粒


 それにしても「ううっ寒っ!」という日々ですが、みなさまは風邪など引かずにお元気ですか?

私も元気にあちこち動き回っている師走でございます。

今シーズンは、ニセコ暮らしがメインになるため日夜準備に明け暮れつつ、東京不在が多くなるため、ピラティスセッションをこなしつつ…

そんなこんなですが、先日お伝えした”ホルモン療法”が、とうとう終わりを告げました。
これが最後の二粒。

結構、感慨深くてですねー

なんだかんだと5年間、毎日二粒を飲み続けた訳ですし。
こう見えても、実は几帳面な一面もありまして(笑)、ほぼパーフェクトと言っても過言じゃないほど完璧に飲み続けたと思います。

というか、生き死にがかかっている訳だから必死と言えば必死なんだけど。

私は、強い反応ではないけどホルモン感受性があります。イコール、身体の中で作られた女性ホルモンであるエストロゲンが原因で、がんが増殖するタイプってやつです。
ということでホルモン療法は、エストロゲンの働きをブロックして、乳がん細胞の増殖を抑える全身治療なのです。

ブロックする方法はいくつかあるそうですが、私は2種類の治療を続けてきました。

ひとつはこの薬で、がん細胞のエストロゲン受容体に結合してエストロゲンを取り込めなくするもの。

もうひとつは、脳(下垂体)に働きかけて、卵巣でエストロゲンが作られるのを抑える方法で、これは3ヶ月に1度の注射でした。

最初の3年くらいは副作用が辛かったなー
生理を止める訳だから、ものすごい勢いのホットフラッシュと動悸に悩まされました。夜中に寝ている時、動悸がすごくて目が覚めてしまうくらい。
あとは関節や筋肉への影響もあるらしく、関節痛で苦しむ人も多いとか。朝起きたときに、歩きだすまでが結構辛くなってきたのは、この影響があるのかもしれないですね。
それと気持ちのアップダウンが激しくなったんですよね。よく鬱状態になってしまう方もいるらしいです。

まあ幸か不幸か、私の性格的に、「仕方ないなー、なるようになるさー」というタイプなもんで、うまく付き合いながら過ごせた訳ですが…

と、いうような5年間の治療が終わり、このあとは大丈夫なんじゃろか?という一抹の不安もありますが、前向きに過ごしていきたいと思っています。

で、昨日見た夢では、なんと生理が復活した!しかも微量(笑)というものでしたと。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM