粉雪を求めて…CMHの旅その7(完結)


 そして迎えたCMH最終日は、5日間でさいこー!というどっぴーかん。
さあ、そのお天気のように有終のフィナーレを飾れるのか??

朝ごはんを食べてるとConieが来て、「今日はスキーに行く?」と。
私はもっちろん「いえーす、おふこーす!」と満面の笑み。今日は移動だから午前中だけになっちゃうしね。

グループボードを見ると、またまたTomと一緒でしかも丹羽さんとの3人のみ。Andreaたちは、飛行機の都合で朝の移動になるそうです。そんなこんなでまたスタッフの女の子・Christineが入ることになりました。


ガイドのPeteは、とっても話好き。
日本人のお友達がいるそうで、その彼は北大雪で天狗キャットというのを始めたんだよとか、Face bookやってるんだったら帰ったらすぐにAdamantsにアクセスするのがお約束!とか(笑)。

いつも通りヘリに乗り込んで、向かうはアルパインエリア。思えば、初日に比べてヘリの乗り降りも大分慣れてきたなーと感慨深くなりつつ、、、
雲ひとつなくどこまでも澄んだ青空の中をヘリが飛んでいきます。気温はベースロッジで−10度と低く、最高のコンディションは間違いなし。

最初に着いたのは、Clamshell。

朝の光が雪に反射して、キラキラ煌めく粉雪の中を滑り出す。どこまでもどこまでも澄み切った空気を吸い込むと、透明人間になっちゃったんじゃ?と感じるほど、全てが無になってゆく。
自分の刻むシュプールの音だけが、広大な山々の中に反射し始めると、今ここに自分が生きている!ということが痛いほど伝わり始めてくる。

何も要らないね
みーんなここに在るんだね

ただ、ただ、産まれてきたこと、そして生きてこれていることに感謝できる自分がいました。

そして下の方へ滑り降りると、大きなデブリが待ち構えています(デブリとは、雪崩が起こって雪が滑り落ちたとこにたまること)。

Peteによると、
昨日ConieとPeteで私たちの安全確保のために、アバランチコントロールをしたそうです。
これがその跡。



山の稜線の下に雪が切れている線がありますよね。その右の上の方に黒くなっているところに、爆薬を仕掛けて雪崩を起したそうです。この写真だと伝わりにくいですが、かなりの広範囲でした。

北米の雪質は日本とは全く違います。
大陸性のためか、とってもドライで密度が濃い感じ。日本の雪は降雪のあと、時間をかけながら雪の結晶同士がつながって、安定してきますが、こちらは逆なんです。
時間が経てば経つほど、雪同士はつながらなくなって雪崩の危険性が増してくるそうです。

なので、山だけじゃなく街のあちこちでもアバランチコントロールして、街全体を守っているそうです。

私たちが来る前から降り続いていてかなりの降雪があったので、雪崩も起こりやすくなってきていたんですね。

そして最高の6ランを終えて、憧れのCMHヘリスキーが無事に終了。

トータル滑走標高差は33,380M。八方のリーゼンコースを約42本滑りきりました!

ガイドのみんなとHugしてお別れ、、、
バイバイ!また絶対来るからね!



お話には登場しませんでしたが、仲良くなったシアトル在住のChiristopheが撮った動画がこれ。同じグループになれなかったので、私は映ってませんが、大体こんな感じ。かなり完成度高いですー



私もChristopheを見習ってがんばってみましたー
Andreaも出てくるよ!



CMH Adamantsの動画がこれ。今年の3月に撮ったみたい。4:20位に出てくる青ウエアの人は、2日目のガイドのCraigっぽい。速いよー!



おまけ♬

気になるTomは良いひとなのか悪いひとなのか??

帰りのバスでのこと。
丹羽さんと私は途中下車の旅で、バンフで降りました。みんなとHugしてお別れしていると、Tomがやってきました。そして、、、

「Thank you Yuki, it's wonderful time to go skiing wish you !」んで、Hughug.

ふんだ、、結局良い人だったんじゃないさ(涙)。



コメント
動画楽しかった!
やっぱ、Chiristopheの動画は音楽が外人っぽいですね〜。
完結してしまうとなんだかさみしいなぁ。
いつかは私もあの斜面に立ちたいです。
  • 2FDO
  • 2012/04/19 9:28 PM
動画楽しかった!
Chiristopheの動画の音楽が外国人だな〜って思いました。
これで完結だと思うとなんだかさみしい。。。。
いつか私もあの雪上に立ちたいです。
  • 2FDO
  • 2012/04/19 9:44 PM
最後笑い泣きしちゃった。一期一会 ですね。
連載終わっちゃってさみしいな・・
  • taiko
  • 2012/04/19 10:40 PM
どぅさん

行きましょ行きましょ!
多分、スキー感がかわりますよー

動画、だいぶ進歩しましたよね?(^^;
クリストフに感化されました。

たいちゃん

そこまで言ってくれて嬉しいですー
お付き合いありがとう!
  • ゆっちん
  • 2012/04/20 8:12 PM
無事に完結ですね。
よかったよかった。

しっかしどの写真を見ても
パッと見はスケール感がわからず。
よ〜く見るとシュプールがあったり、
人がいたり。。。

スキーを履いているからこそ
そんな場所にも立つことができる。
素敵なことですね。

いつかは。。。
それには「休暇」と「お金」と「英語力」だな。
がんばりまする。

  • HIRO
  • 2012/04/23 7:30 PM
HIROちゃん

読み切ってくれてありがとう!

いつか絶対行こう!
日本でもあちこち体験してもらっているけど、やはり
スケール感が違います。
NZヘリももちろん楽しいんだけど、これは本物って感じ。

絶対体験してもらいたいのー
  • ゆっちん
  • 2012/04/26 8:52 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM