BLS一次救命処置講習会


 夏の間さぼり気味だった朝のおさんぽ。。最近はきもちがよくて再開しております♬
今朝はこんな感じで、おひさまがキラキラと。


この間の日曜日、BLS(一次救命処置)講習会へ出席してきました。

この企画は日赤とか消防署で行っているものではなくて、スキー仲間の荒井直美さんからのお申し出による講習会でした。
荒井さんは、虎の門病院のシュミレーション・ラボセンターで、救急だけではなくさまざまな医療のための研究や講習を全国でしている方です。そしてBLSに関しては、トップクラスのインストラクターなんだそう。

まあ、スキー界で言うとナショナルデモンストレーターというあたりでしょうか(笑)

救急法というと、指導員のお受験当時に受けていたので、かれこれ何年前だろう?というくらい、むかーしむかしのこと。

あたり前ですが、内容は大分変わっていましたし、こんなに実技もしていなかったので、救命に関する常識が一変しました。

まず胸骨圧迫の方法。

1、なんと100回/1分以上なんです。これって相当早いですよ!
2、んで、深さは5cm以上。現場では胸骨が折れることも多々あるそうですが、命との天秤にかけたときはどうなんでしょうね。
3、押したものを完全に0ポイントまで戻します。
4、中断は最小限。人が交代する場合でも5秒以内で理想は中断しないこと。


とにかく1秒でも早く、この胸骨圧迫を始めるのが大事だそうです。

続いて人工呼吸の方法。

1、まずは気道の確保。時間がないから、焦っちゃってこれが難しい。
2、1秒で1回→を2回やる。そのときには口をガバッと囲んで確実に胸郭が上がるかを確認。

胸骨圧迫を30回→人工呼吸を2回


これを意識が回復するか、救急車が来るまで、ずーっと続けるのです。

AEDを使った救急法もやりました。

よくAEDはガイダンスがあるから簡単と言うけれど…
私は初めて触ったんですが、実際は焦るだろうし、ガイダンスを聞いている余裕が本当にあるんだろうか?という疑問でいっぱいです。

でも、最初から最後までやっておくと、こういうもんだというのが解るから、全然対応が違うんじゃないかなと感じました。
だって、AEDでショックをかけるだけじゃないんですもんね。実際は、胸骨圧迫と人工呼吸と組み合わせてやる訳です。

この講習を受けて、荒井さんとも話し、共感したこと。。

医療に素人のわたしたちには、完璧に救命をするというのは難しい。
けど、何もしないで、できないでただ見ているだけで後悔しないのだろうか。。それがもし自分の大切な人だったとしたら。

そしてスキーやピラティスのインストラクターとして、人と向き合っている以上最低限の責任というものが存在していることも、忘れてはならないと肝に銘じたのでした。

荒井さん、ありがとうございます!
そして参加されたみなさま、お疲れさまでした!

救命処置ができるようにするかではなく、大切なことなんだよーということを伝えていきましょうね。




コメント
大変勉強になりました。
  • クマさん
  • 2011/10/04 7:02 PM
荒井さんの真剣な姿。
カッコイイです。
私はビールを飲んでいる荒井さんとしか
殆ど接点無いので・・・
ほんと男前です。
勉強になりました。
  • コンチン
  • 2011/10/05 8:12 AM
大学生のころ、
ライフガードの資格取得のために講習を受けた時、
それまでそういう知識を持たずに水泳教えてきたことに
恐怖感を感じたことを思い出しました。

大変勉強になりました。
  • HIRO
  • 2011/10/05 11:34 AM
>クマさん

おつかれさまでした!
身体の大きなクマさんだったら、腕じゃあ足りないなーと痛感。
そういえば、子供や赤ちゃんなど体格に応じてって
あったけど、、、クマさんにはどうすればいいのか?
今度聞いておこーっと。


>コンチンさん

そうなんですー
私もビア樽抱えている姿しか想像つかなかったけど、
すっごく解りやすい講習でした。
時折冗談も交えたり(笑)


>HIROちゃん

水泳ずーっとやってたもんね。
人一倍そういう状況に敏感なんだろうね。

少しずつでも大切さを伝えていきましょう!
  • ゆっちん
  • 2011/10/05 11:43 AM
うちの会社にも最近AEDが設置されましたが、どう使うのかの講習等が無かったので、大変タイムリーに受講でき感謝です。よくよく考えてみると、スポーツの場だけでなく日常でも十分ありうることことですものね。特に我が部署は、お客様がたくさん集まるところなので今回の講習内容を忘れないようにしたいと思います。ありがとうございました。
  • 2f_do
  • 2011/10/05 12:10 PM
直美さん、カッコイイっす!
コンチンさんに1票!!
  • sawa~da
  • 2011/10/05 9:37 PM
>2fdoさん

本当ですね。救命処置は、誰でも遭遇する可能性があるものだし、決して人ごとじゃないと思います。

私は父が病院で心停止したときに、看護士さんがかけつけて心臓マッサージを始めたのを目の辺りに見ていました。
私は何もできずに呆然としていましたが、、、

これで満足せずに、繰り返しトレーニングしておくことが必要ですね!


>sawa~daさん

ですよねー
次回はぜひ受講してみてください!
  • ゆっちん
  • 2011/10/10 2:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/10/20 8:22 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/11/02 7:24 AM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM