避難所ボランティアへ


 日曜日、郡山の避難所へ行って来ました。
駅から車で15分くらいのところにある”ビックパレット”という大きなコンベンションホールで、そこには川内村と富岡町から避難してきた方々が暮らしています。

震災当時は約2400人の方々が避難していたそうですが、今は仮設住宅や自力でアパートへ移ったりして、900人弱の方々がいらっしゃいました。

震災当時から、今の私の状況でも何かできることはないんだろうか…と自問自答の日々。

力仕事はどう考えても無理だし、自己完結を考えると、ある程度落ち着いてきてからムーブメントやセラピーを提供することができるのではないか。。。というのが私の答えでした。

各避難所で少しずつ受け入れ始めたアロママッサージやヨガのボランティア。それでも団体での受付じゃないと無理だったり、そこまで受け付けてもらえなかったりと、なかなか進まない状況の中、元スキージャーナル編集部の太宰さんという、めっちゃカッコイイ女性にご縁をつないで頂く事となったんです。

つないで頂いた方は江口麻衣さんという、アロマセラピスト。フェイシャルリフレクソロジーという、反射療法を取り入れて活躍されている方です。

江口さんは郡山出身で、ご実家のご両親は郡山で暮らしています。未だ終息が見えない原発問題で、この先福島はどうなってしまうのだろう??という危機感とともに、大勢の被災者の方々へ何か提供したい!という想いに溢れているのです。

郡山が近づいてくると、一見普通に見える景色も少し違ってきました。あちこちの屋根に修復の跡がハッキリと。

街も普通に機能しているように見えるけど、外を歩いている人が少なかったり、閉まっているお店も多いように感じました。そして、壁が落ちていたりも…

避難所へ入ると屋根のある半屋外のスペースで、仮設テニスコートで遊んでいる子供たちやジャグリングを披露しているボランティアの人たちがいました。

放射能の問題で、太陽の下で思いっきり遊べないそうです。

建物の中に入ると、あちこちに段ボールで仕切られたスペースがありました。トイレの目の前の廊下にまで。。。

それでも三分の一くらいに減った訳だから、当時はどんな状況だったのかを想像すると言葉になりません。

今回、私が提供させていただいたのは、足と腕のオイルマッサージと関節を緩めていくセラピー。対象は避難所で働いている職員さんたちです。そう、職員さんだって被災者であり避難しているけど、どうしても住民の方々を優先してしまい、マッサージチェアを使うのもためらっている状態なんだそうです。

階段脇のこんな場所で、、、江口さんの妹さんも一緒でした。

印象に残った言葉。。。
『こんなに静かな環境で、リラックスできたのって震災以来初めて。それだけでも嬉しくて嬉しくて仕方ありません。ありがとうございます。』

誰もが口にしてくれるんですよね。

『わざわざご苦労さま、本当にありがとう』って。帰りのバスに間に合わなくて乗ったタクシーの運転手さんまでもが。

そして『また必ず来ます!』という私の言葉に『いってらっしゃい!』と送りだしてくれるんです(涙)

問題は山積みだし、状況も刻々と変化しています。それでも、その瞬間瞬間を大切にこれからも寄り添っていけたらと願います。


コメント
ちゃんと行動に移せるゆっちんさん、本当に尊敬します!!!
私も何かできることはないかと思っても、募金くらいで・・・。
もどかしい気持ちでいっぱいですが、その時その時出来ることを見つけて、やっていきたいと思います!!
  • 結佳
  • 2011/06/13 11:30 PM
ご苦労様でした。

次回は声を掛けておくれよ。
隣でBGM係くらい出来るから。

  • 後藤まさる
  • 2011/06/14 12:47 AM
マッサージや関節のリリース、
テニスボールを使った簡単な
セルフリリースをお伝えすることなら、
私にもお手伝いできそうです。
私にも声をかけて下さいね!
  • ちょびん
  • 2011/06/14 8:38 AM
>結佳ちゃん

いいのいいのー
できることやればいいし、想うだけでもいいと思うのー

私は自分がピラティスIRという職業についている
意味を考えてのことだから。

そして発信し続けていくことも役目だと思っているから。


>後藤さん

ココロ強いお言葉ですー

まずは自分で見て感じて。
そこから次へと何かが繋がっていくかなーと。

声かけさせてくださいね。


>ちょびんさん

段ボールで仕切られている個々のスペースも、本当に
狭くて、横になっている人も多いから、セルフリリースは
とっても良いと感じました。

途中でラジオ体操は流れていて(見にいけなかったけど)
必要性はあるんだなーとも。

これをキッカケに、ひとつ何かが始まれば
うれしいなーと思います。
  • ゆっちん
  • 2011/06/14 4:41 PM
ゆっちんさんは郡山の避難所の方々に
POWERをあげたね。
輝いてるよ!
  • コンチン
  • 2011/06/14 8:47 PM
すばらしいです!
思っていてもなかなか行動に移すのは・・。

自分でもなにが出来るのか考え、ほんの少しの事でも実行していきたいと思います。
  • sawa~da
  • 2011/06/14 10:32 PM
>コンチンさん
そうだと嬉しいですー
聞くと、福島県ナンバーというだけで、嫌がらせもあるみたいです。
他府県から来てくれたというだけで、喜んでくれました。

>saws~daさん
人と寄り添って生きてゆきたいと、雪山が教えてくれました。
色んな形や色があって、寄り添ったときに、かがやくのかなーと。
それぞれの形や色を大切にしましょーね(*^_^*)
  • ゆっちん
  • 2011/06/15 3:04 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM