有酸素系再始動!@Sweden


あっという間に7月ですねー

このところ恒例になっている北欧スウェーデンへ来ています。今回は色々あって(話せなくてすみません)なのですが、3週間弱の滞在予定です。

 

今年のスウェーデンは夏の訪れが遅く、まだまだ寒い日もあり、またしても持ってくる洋服のミスマッチに苦労しています。

寒いと薄めのダウン着たいくらいだし、暑いとTシャツで充分だし…

びみょ〜〜〜

<夏至近くなので23時でもこんなに明るい>

 

今回の旅は自分なりのミッションがあってですね。

何かというと、しっかり「有酸素運動をする!」と決意しています。渡欧する前に、お世話になっている方が運営しているKynetikosへ行き、現在の体力状態をチェックしてもらいました。

圧倒的に上半身の力が弱いのが解りましたが、それはまだ先のこと。まずは基礎体力アップという訳です。

 

目指すは心拍数13030分の有酸素運動を継続すること。

 

前にも書きましたが、走るの大っ嫌い。しかもブログを書いたあとに、腰痛がひどくなり走るのをバッタリ止めていました。

けど、こっちにきてからはひどい腰痛も治まり、軽く走れる程度に改善されているので、2日に一度くらいのペースでがんばってます。

 

今朝は姉と近くのトラックへ行き、1時間ほど走ったり歩いたりしてきました。トラックといっても、森の中にあるコースなので足元はフカフカだし、鳥のさえずりや木々のゆらめきなどを感じながらなので、めっちゃ気持ち良かったです。

 

あっという間の1時間!

 

日本にもこんなトラックが、あちこちにあるといいなー



走るの大っ嫌いだけど


小学生の頃は走るのが大好きで、運動会では常に一等賞。中学では陸上部に入り、幅跳びや高飛びで世田谷区の大会に出ている私。

いや、だった私。

 

今じゃすっかり走るの大っ嫌い。

 

大っ嫌いになり始めた頃は高校時代。

思えば年に一回のマラソン大会を3年間とも仮病を使って休んだという実績の持ち主なのだ←自慢にすらなっちゃう(笑)。

 

と前置きしておいたのは、フツーにすらすら走っちゃう人に比べ、こんな私だから「走ろう」と決心して行動に移すまでが、結構大変なんです。

 

公言した「エルブルス・スキー滑降」まで、約1年。

なんだかんだ言い訳していると、あっという間に月日は過ぎるから、少し前から走り始めました。

 

とはいえ、最初は5分も走れば「はぁはぁ、ぜーぜー」

情けないんだけどね、「千里の道も1歩から」だから少しずつ伸ばしていけばいいと自分に言い聞かせつつ、今日も走りに行きました。

 

なんと、15分も走れるようになったのよ〜

もちろん速度は早歩きに毛が生えた程度だけど、一ヶ月以内に30分は連続して走れるように、がんばるっ

 

 

西風びゅーびゅーだったけど負けなかった!

 



滑り込んでます!


先日、エルブルスチャレンジを公言してから、いろんなことが動きだした気がします。

まずはもちろん自分自身。

言ってしまったには、何はともあれガンバらねばっ!

 

今できることは、とにかく滑ること。

嫌いな雪質や斜面ってあるけど、「これ嫌だから止めとこう」とか、「疲れるから他へ行こう」とか、言ってちゃダメだもね。

 

今朝は朝一番、まずはゲレンデへ。

昨晩、街では雨だったけど山は雪だったらしく所々白くなっている。すると滑らないんですよねー

突っかかるのでひっくり返りそうになっちゃう。

 

しかも全てがそうではないのが、自然の成せる技←あんまり良い意味じゃないけど(苦笑)。

太陽のあたり具合とか、気温とか、風とかで刻々と雪の状況が変化してくるからです。

 

「うわ〜気持ち良いターン!」と思った次のターンでは、スキーがググッと雪面にくっつくから「ぎゃ〜」という悲鳴に変化。

 

トップシーズン中も、もちろん変わるけど春ほどじゃない。

多分、気温が全体的に低いから変化の度合いが少ないのかな?と思います。

 

はい。

かなり疲れます。

 

しかしメゲテちゃいけないのさ。

 

 

後半は山頂まで登り北側へ。

スキーをつけたザックを背負って登ると息が上がるし、足は疲れます。

これが大切なのかなーと。

さすがに良いお歳になっているから、絶対的な筋力が落ちているので、ここを回復せねばです。

 

 

まあ、ご褒美もあるからヨシとしよーっと。

 

 

という訳で例年になく春も滑り込んでいます!



ヨーロッパ大陸最高峰・エルブルス滑降にチャレンジします!


先日ポンと背中を押され…

 

2018春にヨーロッパ大陸最高峰・エルブルス滑降へチャレンジすることにしました!

 

2年半前にチャレンジしたアコンカグアが終わり、サミッターには慣れなかったけど、なんだかやり遂げた感一杯で、その後の気持ちがずっとフワフワしていました。

 

2度の乳がん手術、抗がん剤、そしてホルモン療法という大きな病気と闘ったというのに、遺伝性が判明し卵巣摘出という大きな決断をした私。

しかもアコンカグアは卵巣摘出手術後半年で挑戦という、今から思うと恐ろしいほど貪欲に挑戦した訳です。

 

多分、燃え尽き症候群ってやつかな。

行きたいところは多々あれど、身体も心もついてこなかった。

そっか、歳もいったしこれでいいかーと思っていたはずなのに。

 

なんだか今シーズン色々考えていたら、私の人生の目的ってやつの輪郭が見えてきて、その目的のためには目標が必要で、そのひとつに、ポンとエルブルスがハマったのです。

 

面白いですね。

中々やってこないのに、やってくる時は絶妙なタイミングで全てがやってくる。

 

そんなことで、アコンカグアに登頂できなかった悔しさをバネに、もう一度更なる体力アップ。昨年の大きな交通事故以来、実は体調がイマイチだから、ここをなんとかすることが一番の課題です。

 

そしてスキルアップ。

 

弱いポイントを徹底的に克服して、自信をつけ、最後は精神力を味方につける。

 

がんばります!

応援よろしくお願いします!


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM