ガイド研修会@白馬


そんなこんなで怒涛の2月が終わり、なんとか3月へ滑り込みました。

 

最初の週は山小屋に泊まりながら、札幌郊外を縦走するHutten Kette。そして初日は台風並みの大荒れの天気となりました。びゅーびゅーの風雪の中、なんとかガイドたっちー宅にたどり着き、車を乗り換えて集合場所の千歳空港へ。

その道中に、間も無くやってくるガイド資格更新研修会のことを、たっちーに聞いてみたんです。

 

すると、何やらものすごーく大変な気がしてきまして…

何せ資格を取って初めての研修会です。とにかくロープから地図読みからレスキューから何から何まで自信がありません。

 

こんなことを言ったらダメなのかも知れないけど、山のことを知れば知るほど怖くなり、私でできるのか?大丈夫なのか?といつも疑心暗鬼なんです。

Hutten Ketteツアー中も常に頭の中を研修会への不安がよぎり、ニセコへ戻るや否やすぐさま練習に取り掛かりました。

 

友達にも手伝ってもらい、山へスキーに行った帰りに実際の現場を想定し、引き上げの練習や、コンパスを使って地図読みのトレーニングをしたり。

 

しかも何故かこのタイミングで、「果たしてElbrusにチャレンジなんてできるレベルなんだろうか?」とまで考えだしたり。

「そもそも基本的に体力が無い私の上に、こんなオバさんなのに、ガイドなんて務まるはずがなかった。もう返上した方がいい」とか。

 

要するに、すべてに対して自信喪失してしまったというやつです。

 

しかし時は止まってくれません。

鉛のように重い身体と心を引きずって白馬へと向かいました。

 

私が選んだ研修会の内容は「ルートガイディング」です。他にもスキーだけじゃなくいろんな内容の研修会があるのですが、日程的にも大丈夫だし、私に必要だと感じたからです。いや、他の内容もすべて必要なんですけどね。

 

研修生は山岳ガイドが2名、登山ガイドが私を含め3名、そこに講師が2名です。しかも山岳にはたっちーがいて、登山にはプロスキーヤーのYさんがいました。他の2名の方もバリバリ現場でガイドやっている方々。

 

もちろん私もやっていますよ。

けど内容のレベルが違います。私は基本的にスキー場のリフトを使って、山へ行くというよりどちらかと言ったら滑り専門です。本格的な山スキーの時は、地元の先輩ガイドに頼んで、私はリーダー的にフォローするようにしています。

 

結果は…

 

たくさんのダメ出しをもらいましたが、すべてに対して自分が必要なことばかりでした。

中でも一番印象的なのは、滑りのガイディングの時のことでした。目的地に対してどのルートを通れば安全で効率的なのか?を必死に地図を読もうとしていたのですが、「お客さんが楽しいと思える場所を進むことが一番安全なんですよ」という講師の言葉でした。

 

そうなんです。地図ばっかりニラメッコしていてもダメなんですよね。実際の山の様子もしっかり判断して、その上で「どう楽しく滑らせてあげるか」なんです。多少おりすぎてもシールで登り返せば言い訳ですから。

 

行く前は「あ〜悪魔がまだまだ私に棲みついている〜」と嘆いていましたが、参加して本当に良かったです。

 

ほんのちょっとですが、自信もついてきましたし、何よりガイドとして私のできる=やっていく方向性が見えた気がしました。

1歩ずつ、がんばろーっと。

<登りのガイディングをさせてもらい、精神的にヘロヘロになった瞬間>

 

 



クロカンにチャレンジ!


あっという間に1月も終わりに近づき…

それにしても関東の大雪といい、本白根山の噴火といい、日本中が災害の恐怖にさらされてしまいました。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

 

そんな中ですが、北海道というのは災害に強いなあ…と思うことしばしば。

というか、自然が近いところに住んでいると自ずと自然と共に生きていこうとするんですよね。

 

 

今年の春にはElbrusが待っているので、一番頑張らなきゃならないのは、体力アップです。シーズン中は過労働につき、どうしても体力が落ちてしまうので、それをなんとか避けなければと、先日クロスカントリースキーに挑戦してみました。

 

前々から悩んでいたのですが、冬に走ることできないなら、何か手だてはないか?と。

 

私の借りているアパートの目の前は、小学校の校庭があって、授業なのか休み時間なのか生徒たちが、よく校庭でクロスカントリースキーをしているんですよね。

そんな光景をぼーっと眺めながら、「これだ!」と気付いたのが昨年なのです。

 

近くに町営スキー場があって、そこでは何とクロカン一式が無料で借りられるのです。しかも住民じゃなくても。

 

という訳で、考えるよりまずは行動!の信条の私はチャレンジしてきました。

 

ただですね、誰も何も教えてくれないということ。

 

「はい、どうぞ」と渡され、何となく雰囲気で靴とスキーを合体させ、長いポールを何とか手にくくりつけ、スースーと前へ進んでみました。

とにかくスキーが軽いのは楽だけど、エッジはないし靴は運動靴みたいだし…

 

とかくアルペンスキーを履いていることに慣れているからか、この何もない感が不安定でたまりません。

まあ、オリンピックで見る姿を想像しながら、まずはコースを2周してみました。

 

「おっ、ぎこちないけど何とかいけるじゃん」

 

と、いい気になり一段下にあるコースへと行くと、まずは下り坂が待っています。思いの外、スピードが出つつカーブへと侵入するとスキーがコースから外れ、あっという間にデン!と尻もち。

 

そうなんです。エッジがないからコースから外れるとスキーが開いていってしまうんですよね。

 

「よし、これは勉強になった」

 

と、先へ進むと今度は上り坂です。

 

「むっ、どうやって登るんだ?」

 

最初はコースから外れないように、まっすぐ登ってみますが、あっという間に速度が落ち、ズリ落ちてしまいました。困った挙句、その場でyoutubeのお世話になることに。

最近はすごいですよね〜

「クロカンの登り方」で検索すれば、いろいろ出てくるんです。

 

それによると、スキーをまっすぐにして登れない場合は、徐々にスキーの先を開いてハの字で登っています。

 

「よし!これだ」

 

と意気込みチャレンジしてみると、坂の半分くらいまでくるとスピードが落ちてしまい、あれよあれよという間にまたしてもズリ落ちて、スタート地点より後ろまで滑って行ってしまうのです。

 

チャレンジすること3回で、諦めの早い私はやめることにしました。

しかしすでに大汗!

 

雪国の冬、体力アップにクロカンは最強だと気付き、こういう場所で生活する人々にとって、アウトドアに親しみながら健康維持をしていくことが大切なのだと強く感じましたとさ。

 

この冬の間に、もう少しカッコよく走れるようにガンバローっと。

 



動くことは生きること!


ひゃ〜〜〜

な・な・なんと!

ブログを更新できないまま、あと2日で今月も終わるというではありませんか!

 

言い訳なんですけど。

 

ほっんとうに忙しいんです。

今シーズンは、昨年事故でツアーキャンセルになり大迷惑をかけた分の取り戻し、と思い倒れる決意でフル活動なのです。

 

で。

 

本当に倒れました…

 

1月にも、その序章があったのですが、とうとう本番を迎え「急性胃腸炎」ってやつ。

私はとにかく子供のころからお腹が弱くて、何かというとお腹を壊しちゃいます。腸は元気のバロメーターといわれるので、日頃気をつけてはいるんですが、外食も多くなるし、一日の終わりはどうしても「プハ〜っ」とやりたいしねえ(苦笑)。

 

1月の序章のとき、ホームドクター美緒先生から「とにかく身体をゆっくり休めて暖かくしてください」って言われて「えっ?毎日寒い中外にいて忙しい私はどうしたら?」と首を傾げて笑ったのはいいんですが。

 

笑いで済まされなかった今回の胃腸炎。

 

21日火曜日は、1日缶詰でスキージャーナルの原稿と例のやつ(確定申告)に取りかかりました。夜遅くまで粘ったので、そそくさと買い物に行って、普段なら手を出さないのに買ってしまった「とりザンギ(北海道では唐揚げをザンギと呼ぶ)」。

弱った身体に油がいけなったんでしょうかねえ。

食べてる途中から、なんだか変な感じはあったんですが完食したその夜中です。冷や汗ダラダラの吐き気に襲われるわ、熱がでるわの大騒ぎ。

 

朝を待って、這いつくばるように病院へ行き、お薬のお世話になることになりました。

 

その翌日、木曜日になっても吐き気が治まらないので、一日ほとんど布団の中で過ごすことに。こういう時って、本当に寂しいし、物悲しいし、不安だし、マイナス指向のオンパレードになっちゃいますよね。

 

それでも金曜日は少し回復してきたので、上向き指向が顔を出し始め「明日は久しぶりにスキーに行けるかなあ…」なーんて思えるようになりました。

 

が!

そうは問屋が降ろさない!

 

その晩は腸が暴れる出番だったようです。

一応、女子なので細かい描写には触れませんが(苦笑)。

 

ほとんど睡眠が取れないまま迎えた土曜日の朝、体調よければ地元の友達と山へ行く約束だったのですが、当然の如くキャンセル。

でも意を決してスキー場へは行くことにしました。なんとなくカンで、身体を動かした方がいいような気がしたんです。

 

私の数々の闘病や怪我経験からすると、「動き出すタイミング」ってあって、そこであまり大事をとってしまうと長引いちゃうんですよね。

 

昨日は少しゆっくり目にスキー場へ行き、雪も良かったので一人で大好きな「スキー散歩」をしました。

あっちの森はフラフラ〜、こっちの森へフラフラ〜って感じ。久しぶり(とは言っても5日ぶりですが)のスキーは気持ちよかった〜

 

しかしご飯もあまり食べられていないし、たった数日寝込んだだけで筋肉が全く機能しなくなっていて、踏ん張れません。ボーッとして枝に引っかかり転んじゃう始末だし。

たった1時間半くらいのランで、相当疲れたようで家に帰ると倒れるように2時間も寝てしましました…

 

けどね。

 

Be active, be lively〜動くことは生きること!」です。

 

私が作ったこの名言←自分で言うか(笑)

 

そこから先は、あれよあれよという間にどんどん元気が湧いてきました。

今日もね、たくさん滑ってきましたよ。フェイスショットもあり、オーバーヘッドもあり!

良い汗たくさんかいたので、これでも大丈夫。

 

 

長くなりましたが…

 

最近忘れてしまっていたこと。

 

動けること、元気でいれること、そしてスキーができることって本当に素晴らしい奇跡!

あたり前があたり前にならないように、また明日からも大切に動いていきましょう。

 

<倒れる前日>



大人のスキーの読者の方と


気がつけば怒濤の日々の1月も、残すところ一週間。

あ〜〜〜どんどんパウダーシーズンが過ぎていきますね。

 

今はプライベートガイドに専念する時期なので、毎日いろんな方々とご一緒させていただいています。

 

そんな中、数年前に書かせいただいた「大人のスキー」の記事を読んだ方と昨日はご一緒してきました。

昨年メールをいただき、そのときの題材だった「スキーと五感」にとても共感してくださったそうで、私と滑りたい!と連絡をくださったのです。

 

こんなに嬉しいことってありません!

 

私は文章を書くのが大好きで、いつか文豪と呼ばれたい!と大妄想していますが(笑)、書いた記事に感動して、しかも行動に移してくれるというのは、一番願っていることなのです。

 

たくさん滑って、たくさんお話しました。

 

こんな風に感じ、こんなことを思ってくれたんだと、私自身にも気づきがたくさんあった時間でした。

 

忙しいと、つい忘れがちな気づきや感動を逆に教えてもらったかな。

よーし、心機一転またがんばろーっと。

 

ありがとうございます!



今更だけど「昆布岳」滑ったよ!


GWも終わり雪もなくなってきて、そろそろスキーも終わりかぁ…と思う今日この頃。
 
思い起こせばシーズンの予定がとんと狂ってしまい、なんだか訳がわからないままシーズンが終わってしまったと思う私なのです。
が!その反面いつもより時間もあって、今まで挑戦できなかったことなど多くのことにチャレンジもできました。
もちろんリハビリの一環ですけどね。
 
ということで4月の始めに行った「昆布岳BCツアー」の事を書いちゃおっと。
 
「昆布岳」って面白い名前ですよね〜
ニセコ界隈にある山で、形といい名前といい存在感はいっぱいある山なのですが、何せ羊蹄山やニセコ連峰に比べると超マイナーな山です。


周囲の人に聞いてみると「行った事ない」や「滑るとこないらしいよ」などと後ろ向きの答えしかなく、私の中でも「ふぅ〜ん」な感じでした。
 
しかしニセコの友人から「昆布行きましょうよ」というお誘いを受け、知らないもの好きで好奇心おう盛な私としては「行く!」と即答したことは想像つくと思います。

 
当日は見事な晴れのハイク日和。
となるとグングン上がりそうですが、いやいやそうじゃないんです。ユルユルとゆっくり高度を上げる、いや上げるというより横移動。
ちょっとした斜面をあがり小高い尾根にでると、今までみたことない角度の羊蹄山やニセコ連峰、そして遠くには内浦湾越しに駒ヶ岳までも見えました。
これぞスキーハイキング!

 
山頂直下はニセコ界隈らしく、森林限界を超えているので雰囲気はカナダ?
広いバーンが待っていてくれましたが、残念ながら6〜7ターンで終わる位の短い斜面。
しかも滑るとこと行ったらそれだけ…

 
帰りもユルユルと下るような登るような横移動だったので、中々苦労しましたが念願の「昆布岳制覇」に私としては大満足の1日となりました。
 
ちなみに登り3時間半、下り2時間です。
もっともっとちなみに先日羊蹄山に登ったときは、登り7時間半、下り1時間だったので、考えるとどれだけ滑れないのか?がよーく解りますよね(笑)。

 


やっぱり雪が大好き!


ニセコへ一時帰宅〜!
久しぶりの雪の中です。それにしてもやっぱり雪って素晴らしいな。
雪でのスリップ事故だから、怖いはずだけど許せちゃう。
真っしろしろでフワフワで綺麗ですもんね。
 
あっ、言っておきますけど。勝手に判断して来た訳じゃないですよ。ちゃーんと先生から許可を貰ってです(笑)。
 
そして念願のスキー!
滑ってみました〜
 
いえ〜〜〜〜い!!
 
洋一さんにばったりリフト乗り場で会って、最初の1本をおつきあいいただいて。ユルユルと滑り出そうとしたら後ろから「深呼吸〜!」と叫ばれ、「あっそうそうだ、緊張しているなー」と苦笑い。
 
綺麗にピステされたオンコース。
スキーを踏込む感触とシュプールの音は、何もかもが新鮮そのもの。
「なんだかここ数年、こんなこと忘れてた…」
 
嬉しさと共に体調も相乗効果ならいいのだけど、残念ながらそうはユカズ。
目線がついていかないんですよね。スキーって目線がすっごく動くじゃないですか。どうもクラクラしてきちゃうんです。
段々頭も痛くなって背中も痛くなってきたので、1時間くらいで終了です。
 
次の日も行きましたよ。
初日に比べ格段に体調アップ!
ニセコのお帽子やさんの沼さんや、蕎麦やの宇賀ちゃんにおつきあいいただいて、2時間ほどの滑走です。

 
自分のペースでだったら、少しずつ滑れそうな自信が湧いてきました。そう、全てにおいて自信を無くしている私なのです。
 
あとは頭痛対策もしないとね。こっちにきてから、ひどくなっているんですよねー
気圧とか寒さとかと関係あるのかなあ。
 
まあゆっくりゆっくり。
ということでこれから東京へ戻り、明日はまた病院へ。
 
 


今の私がある理由・立教ワンゲルの山小屋へ


先週、私が初めてスキーをつけて雪遊びを始めた場所に行って来ました。そこは奥利根の上ノ原という場所です。
父は立教大学のワンダーフォーゲル部に所属していて、その山小屋に幼い頃から良く連れて行かれていたんですよね。
 

私は3兄姉の末っ子なので、必然的に小さい頃から連れ出されていました。聞かされていたのは3歳のころには、全ておさがりセットで滑るというか、雪と戯れていたそうです。
 
当時はやっと電気が通ったという山小屋。もちろんTVもないし電話もありません。そういえば、年末の紅白歌合戦やレコード大賞を初めて観たのは、ここで年越ししなかった中学生の頃だったような?
しかも一番近いバス停からは、大人の足で徒歩1時間の登り。私はというと、歩けなくなると荷物などを運びに降りてきてくれる、現役部員のお兄さんが引くソリに乗っけてもらっていました。
かなり仙人のような子供だったんでしょうねえ(笑)。
 
スキーはというと、もちろんリフトはありません。一番近い民家の方が管理人さんをしてくれていたんですが、その方がつけてくれたロープトゥを使うか、歩いて登るかでした。
 
ちなみにロープトゥって言っても、ワイヤーロープがグルグル回っていて、それを手で掴むだけのもの。幼い私は握力もないから、一人では使えず(どうしてもズルズル落っこちちゃうんです)、現役の学生のお兄さんとかが後ろから支えてくれていたけど、辛かった記憶があるなー

 
そんな私には、ふたつの大冒険がありました。
 
ひとつは山小屋の裏手からツアースキーで、湯の小屋温泉まで行くこと。時間的な事とかは全く覚えていませんが、往復していた記憶があります。多分、温泉に入って、父たちは一杯引っ掛けて、またスキーつけて戻ってきていたんでしょうね。
 
そして時折、宝川温泉まえ足を伸ばしていた記憶もあります。この時はどうやって行ったんだろう?
まだ父が生きていたら、今更ながらに聞きたかったな。
 
もうひとつの冒険は、帰る際にはバス停までの登りをスキーで滑り降りること。
徒歩1時間って言ったら結構な距離があり、とても楽しかったんです。
 
そうそう、その中でも辛かった記憶もあってですね。
なぜか山小屋から一番に出発させられた時があったんですよね。多分まだ小学校低学年だったのに、ひとりぼっちで。
言われたのは父親からのこの一言「バス停まではずっと真っすぐだからな。行けば解るよ」。
 
颯爽と滑っていったのはいいけれど、一本道じゃなく分かれ道があったんです。どっちへ行っていいのか解らない、ひとりぼっち、となれば子供のことだから、急に不安になります。
ギャンギャン泣いていたら、後ろから滑って来た兄だか姉だったかに見つけてもらい、何とかバス停まで滑っていったんですよね。
 
その話を聞いた父は高らかに大笑い。
全くもって凄い育てられ方をしたもんです。

 
しかし今更ながらに、DNAとここでの数々の経験が今の私を形成しているんだなーと感じます。
ゲームや遊園地に行くより、スキーしていた方がよっぽど生のスリルがありますもん。そんな私だからファッションとかブランドとかには、どうしても馴染めないんだろうなー


ニセコの神さま


あ〜〜
新年早々に書いたブログのタイトルを間違えて始まった2016申年…
 
お気づきの方はたくさんいるのでしょうね(涙)。
 
「豊富」は「抱負」の間違いです。
 
けどけど!
言い訳に聞こえると思うけど、「抱負」って負を抱えるってことだから、あれ?って思いました。
「豊富」の方がいいですよね?豊かな富を語る訳だから(笑)。
 
という事で、そのままでいきます!
んで、追加なのだ。
今年はブログをたくさん更新します。すぐに見れるFBTwitterにばかり目が向いていた私もリセット。
 

そんな今日は「スキー神社」へ新年のお参りに行ってきました。
神社って言っても鳥居がある訳じゃないんですけど。
私にとってはニセコの神さまなのです。
 
けど今年は本当に雪が少ないです。
回りに笹が見えますよね。本来ならこんな姿ではないのですが…
けど、夏は笹が茂り決して人を寄せ付けない姿が想像できます。
 

ここはようやく良い雪が降り出してくれました。
全国各地、暖かく雪が少ないシーズンですが、この先たくさんの雪たちが舞い降りてくれますように。


滑ってきたよ!春の岩木山


いってきました!岩木山、山頂からの大滑降の巻きー!
 
色々と用事があって青森に滞在していた私ですが、昨日は天候も良く、霊峰・岩木山にバックカントリースキーへ。
朝から岩木山がどどーんとそびえ、いやでもテンションが上がりまくりです。

 
いつもは厳冬期に来ているので、そうそうピークまで行けるタイミングではありません。
今回は別の目的があったので、「まあ、行けたらラッキー」位な気持ちでしたが、そういう真摯?な気持ちというのを岩木山の神様は見ていてくれるものなんですねえ(嬉涙)。
 
冬には樹氷に覆われたコメツガの木々や、雪をまとったブナ林も、すっかり春の様相に変わり、なにか暖かく迎えてくれている気がします。
もちろん亀裂が入っていたり、穴が開き初めていたりと危険もいっぱいあるんですけど。
 
前日には吹雪いていたという山の上も、太陽の力と共に、どんどんザラメに変わってきてくれ、ズンズン登っていけます。
 
「シールの力って凄いなあ」なんて改めて感動していたと思いきや、山頂直下はキックターンも出来ない位の急登に。最後の10M位は、スキーを外してツボ足で登りましたが、念願のピークに到着!
 
もちろんきちんと御礼を述べています。が!ここ結構怖いとこなの(苦笑)。
 
目の前にはザラメ雪の大斜面、そしてどこまでも広がる津軽平野へと滑る大滑降は、もうアドレナリンでまくりです。
スラフのようなフィルムクラストからスタートし、次第に春の滑りやすいザラメ雪にと変わります。とにかく大きなターンを刻みながら、自然とスキーの醍醐味をこれでもかー!と堪能してきました。
 
そして下山後は温泉で身体を癒し、ちょうど見頃になったお花見へ。幾度となく通っている弘前ですが、なんと市内をほとんど歩いたことがありません。
 
足取り軽く、日本三大桜の名所となっている「弘前公園へ」と出かけると、それはそれは見事な桜がお出迎え。なんともラッキーな私です。

お城の天守に登ると岩木山の夕景がバッチリ見え、「あのピークから滑り降りて来た私は、今ここにいるんだ」と、言葉にならないほどの感動が押し寄せてきました。

 
よくよく考えると、凄いことをやらせてもらっているんですね。
 
改めて自然、スキーそして仲間への感謝の気持ちが溢れ出てきました。
 
弘前ありがとう!また来るよっ
 
ということで、シメの写真は「わさお」なり(笑)。

 


自然のアートが教えてくれたこと


たった2日前は春日和の中、最高のツアーを行ったというのに、今日は一転して猛吹雪。
 
ペチペチとパソコン作業をしている窓の先に広がる風景は、真冬なみの大荒れです。車を見ると2−30cm位積もっているようでして…
 
あ〜、久しぶりの雪かきが私を待っているようです。
 
そんな今日ですが、春日和の最高のツアーは長沼方面へ。プライベートセッションでお越しになった皆様と、ガイドのナッシー、アシスタントの鈴木くんと出かけてきました。
 
とにかく歩いていても滑っていても、ちょうど良い気温とお天気。そして最高のバーンを滑っちゃった訳だから、大満足の3日間。
って、私が言うんじゃなくて参加のみなさまが言うべき気持ちですが(苦笑)。
 
そんな大自然の中、スキーをすることはもちろん素晴らしいのですが、時にアートを演出してくれて、ツアーに彩りをつけてくれます。
 
見よ!鹿オトコ現わる!
まるで山を案内してくれているようですよねー

 
もうちょっとアップにしてみると、こんな感じ。彼氏になっています〜(笑)

 
そしてこれは1月に行ったBCスキーで、登っている最中に現れたエゾシカちゃん。こっちを覗いていているみたいでしょー

 
雪、風、太陽などが無の境地で作り上げたアート。
人にどう見せようとか、自分の心を表現するとか、そんな世俗は全くないものなのです。
 
最近の私は、ついつい「自分はこうだ」とか「こうありたい」とか、気持ちや想いを認めてもらおうと必死になっていることに気がつきました。
 
認めてもらおう、見てもらおうなんて考えなくてもいいんですよね。
ただ、自分が信じる事を精一杯やっていれば。
あたり前のことなのに、欲というものがニョキニョキ出てきて、つい執着心で一杯になる自分がいることに、気がつかせてもらいました。
 
さて、ココロもゴシゴシ洗濯できたことだし、素直に生きてみよっと。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM