国境越えてどんぶらこ〜と荷物が送れました


北海道には梅雨がないとばかり思っていたのに、「蝦夷梅雨」と称して、しっかり雨が降るんですよね。

 

考えてみれば当たり前のこと。雨が降らなかったら、農家さんは大困りですから。

 

しかし東京みたいに、一日中シトシトと降り続くとかはあまりありません。

今朝も朝は素晴らしく晴れあがっていたと思いきや、お昼頃から黒雲に覆われ雨降り。しかし、今はまた青空が覗いています。

 

植物たちは太陽と雨を浴び、どんどんと成長しながら彩り深くなるのが、楽しい毎日です。

 

そして!

今日は嬉しいことがありました。

 

スウェーデンの姉に向けて、小包を送れたのです!

 

 

あれは5月の初めだったかな。

日本食が大好きな甥っ子と姪っ子宛てに、色々と買い物をしてパッキングをしました。EMSだと500gごとに料金が変わるので、最後の最後におせんべを買いに行って、ジャスト2,5kgにしたのです。

 

「よし、全てはOK」満足したけど、念のため、郵便局でしっかり測ってもらってから封をしようと、段ボール箱を抱えて、いそいそと郵便局へ向かったのです。

 

そしたらですね。

 

「あ〜!今日から規制が変わって、ほぼどの国も送れなくなっちゃったんですよ」だと。

 

もう呆然と立ち尽くしてしまいました、、、

 

つい、2日前に調べたときは大丈夫だったのに。

なんですぐに送らなかったのかと、自分を責め責めモードに入り、沈みきってしまったのです。

 

しかも、私は食べない「赤いきつね」とか「ラ王の醤油味ラーメン」とか、ふりかけとか、、、

 

なんだかスウェーデンとも関係を絶たれて、広い日本でたった独りになった気分にまでなっちゃって、当時はかなり落ちてしまい、実はヤバかったです。

 

その時、姪っ子に送った写真がこちら。

 

前回送ろうと思った時より、倍の重さになって、送料なんと9800円!

でもま、首を長くして待っている姉や子供たちを思うと、そんな痛手も嬉しい悲鳴なのでした。

 

あー

よかったよかった。



私の人生って?


あっという間に6月も半ば…

前回ブログを更新し、決意を新たにしたというのに、この間私は一体何をやっていたのか?

情けないと思いつつも、しっかりまた一つ大きくなりまして。

 

世界中が、多くの不安を抱える中、私の合言葉が決まりました。

 

2020GOGO!

 

勘の良い方なら、この意味はわかると思います(笑)

 

コロナのバカー!に襲われた2020だというのに、何を隠そう、私は二つの大きなことにチャレンジしています。

 

一つ目は、

とうとう本の出版まで、あと一息になりました。

今、手元には最終ゲラというものがきています。この先、もう修正はできないので、穴が開くほどチェックチェックです。

 

原稿を書くだけではなく、本を出版するということは、いろんなことをやらなければなりません。それも全て初めてのことなので、毎回勉強です。

 

この時期によくもまぁ、ですが、何年も何年も努力を重ねてきたことなので、赤子を産み出すような気持ちです。

 

二つ目は、

私の近くには知っている方も多くいますが、ピラティスのスタジオ兼自宅を建築中です。

 

一昨年、ニセコ地区に気に入った土地を見つけ購入し、昨年建築の予定でしたが、色々と準備が整わず、今年の着工になりました。

しかしながらにコロナ発生!という不運に見舞われたわけです。

 

いや〜

一時は全てを諦めかけましたが、多くの方のご協力のもと、来月完成予定まで進んでいます。

 

いつも応援してくださる方から記念樹をいただきました!寒桜〜

 

それにしてもさ。

人生の中で、なんでこんなタイミングで初のことだらけなの??

って感じです。

しかもコトが大きい!

 

正直、5月の半ばまで精神的にやばかったです。

 

この先どうなるか?

どころか家のローンも抱えて良いのか?

私一体どうなる?

 

大きな賭けでした。

けど、強く思ったのは「経済を止めない!」です。

 

私にとっては、今人生の中で一番大きなお金を使っています。

 

最後になりますが、オンライン・スキーヤーズの無料トライアルを実施することになりました。これもまた初めてのことなので、どうなることやらですが、ちょっと楽しみ♪

 

さて、どうやらまだ人生が残っているらしいから、がんばんべ〜



変化を受け入れ強くなるために、今取り組んでいること


 

感染爆発がなんとか落ち着き、39県では緊急事態宣言が解除されました。

 

私はまだ緊急事態宣言下の北海道ですが、私の住む後志管区は制限が少し緩和されてきています。

しかしこの先再び波がやってくると言われ、まだまだ気を緩めてはいけない今日この頃です。

 

先日noteを始めたご報告をしましたが、粛々と(結構)頑張って書いています。いや、これがなかなか面白い!

 

今まで数々行なってきた旅を深く掘り下げているのですが、自分で言うのもなんだけど「旅のまとまり感」が半端ない。

旅の様子をツラツラ書いているだけでは、旅は終わってないんだとの気づきが、私を奮い立たせております。

 

お時間あればぜひ読んでみてください!

で、♡マークをポチッと押してくれると、めっちゃ喜びます。

 

そんな感じで新しいことをスタートさせている訳ですが、今強く感じていることがあります。

 

それは、コロナだからということで今を終わりにしちゃいけないということ。

 

説明すると、誰もが今を乗り切るためにネットを工夫していると思います。しかしいずれ必ず収束すると言われているコロナですが、その時に工夫したネットはどうするのでしょうか。

 

私が考えているのは、その場しのぎにしないことです。

 

もちろん形を変えるのはアリですが、継続できるものを提案することなのかなーと。

 

この数週間、様々な勉強をしています。

それは今まで私が全くやってこなかったと言っても過言ではない、ビジネスについてです。

 

これまで私の活動はオフラインでした。そして、北海道へ引っ越しをしてから、今まで私を支えてきてくれた顧客の方とのつながりが薄くなってしまう場面が多々ありました。

それは、オフラインのみの活用だったからだという気づきがあったのです。

 

もちろん主軸であるオフラインは変わりません。

 

顧客の方にとってのオフラインを強いものにするため、オンラインなどのインターネットを駆使していくことがこれからの時代だという気づきがありました。

 

現在、進行し始めた事項がいくつかあります。

 

  • そのうちの一つがnoteです。

 

これは今年発売予定の「旅のエッセイ本」と絡ませていくと面白いなと考えて始めました。

何年も前から本を出したい!という想いがようやく実現へとこぎ着けそうで、本当に嬉しく赤子を育てていくような感覚になっています。あっ、まだ産まれていませんが。

 

なので、産まれてきた赤ちゃんを育てていくために、今から準備をしている、というワケです。

 

  • もう一つはピラティスに関して、です。

 

現在、関東地方の顧客の方のみへレッスン動画を限定配信していますが、これを継続させながら、新しい形で展開していく準備をしています。

もちろん東京クラスが再開した時には、対面のクラスが主軸になりますが、ネットとの組み合わせで、より強固なものになるはずです。

 

そして姿勢を整えることの大切さを、より多くの方々へ伝えたいとも考えています。

 

これはサポーターの方々のヘルプもあり、早々にまとまりそうです。いや、まとめなければ。

 

  • スキーヤーズも強くなります!

 

北海道に拠点を移し、月に二回行っていたスキーヤーズが月一回となりました。昨年がその初年度でしたが、そのためにおこっていた顧客の方の変化について、懸念していました。

それは圧倒的に体力や筋力が落ちていたことです。(すべての方ではありません)

 

オンラインを取り入れ、より効果的かつ持続的な体力向上へ取り組んでいきます。

 

私は毎日ニセコでブラブラしているわけではありません(笑)。

 

今あるものを守り、そして変化を受け入れながら、新しい時代へと突入していきましょう!



昨日見た夢〜チキンハート


本来ならサファリの続きのはずなんですが、昨日見た夢があまりにもオドロオドロしく、忘れ去るためには書くことだ!と思いまして。

 

前置きとして。

 

今、私は夢の実現のために、追い詰められています。

 

昨日の夢はスキーに出かけるところから始まりました。

スキー場らしきところに着いたはいいが、私は忘れ物に気づきました。家に取りに帰らないと、と慌てるのですが何故か車はなく、バスで帰らなければなりません。

 

出発しかけたバスを見つけ、追いかけると運転手さんが急ブレーキでとまってくれて、乗せてくれました。

しかしバスは札幌行きで、運転手さんに私の家の場所を言うと、途中の駅で降りてそこから電車に乗れと言います。

 

見知らぬ駅に着き、降りたわたし。

電車の時間まで余裕があって、ブラブラと駅ビルのお店を見て回ってます。(結構この時、客観的)

ふと気づくと電車の時間まで5分くらいしかなくて慌ててホームへ行こうと駆け出します。

 

けど行けども行けども違う電車のホームへ行ってしまい、めっちゃ焦るほど、駅の端っこに行っちゃったりして。

ぎゃ〜〜やばい!と戻ろうとするけど、今度は足が空回りして前に進めません。

昔見たアニメの世界。足だけが回転しているけど、実際は進まないってやつ。

 

ジリリリリリリリ〜〜〜〜!!!

 

目覚ましがなって起きました。

しばし、自分がどこにいるのか何をしているのか、わからずにベッドの中でボー然としてました。

そして基本的に心臓がちっこい私は、現実でもその夢にうなされながら、1日が過ぎてゆきました。

 

私はチキンハートです。

しかもひよっこのハートです。

 

今日、寝る前には「枕さん、枕さん、良い夢見させてくださいな」とお願いして寝ようと思います。



2020近況報告


あ〜なんて長い時間をかけて書いているんだキリマンジャロ!

気づけば年は明けて2020年になっているじゃないか。

今年の抱負も宣言しないまま、あと一週間で一月も終わりだという。

 

残すところはサファリなんだけど。

あまりにも刺激的なことが多すぎて、どう整理したらいいのかわからないのが事実なんです。

 

ちょうど出発前のこと。

たまたまTV番組でセレンゲティ国立公園のサファリの特集をやっていました。全4回全てを録画して2回見ました。

もうイメージが湧きすぎて頭が爆発するぐらい興奮しました。

 

それを頭に焼き付け現地へ行くとなれば、全てが感動の嵐だったわけです。

 

ということで少し時間ください。

サファリは想いもあるので時間がある時にしっかり伝えていきたいと思います。

 

一番お気に入りの写真がこれ!

サファリというとライオンとか象とかがクローズアップされるけど、こんな風に水辺のオアシスがあります。

この近くにはキリンもいたのよ〜

 

さて話は現在のこと。

相変わらず毎日忙しいです。

12月は2回も本州でスキーキャンプを開催したし、年明けもゆっくりする間なくガイドが始まっているし。

その最中にスウェーデンから姉もやってきたし(もう帰ったけど)。

 

というわけでお察しの通り、風邪を引きました。

どう考えても完璧に過労です。疲労を通り越して過労。

考えてみればもう孫がいてもおかしくないお年頃。

そろそろ自分の行く末を考えなきゃなーと考えてしまうのです。あっ、今更って感じですよね(苦笑)。

 

そんな弱気な私ですが、今シーズン、雪が遅く今も少ない状況が続いているけどゲレンデ滑っていても楽しいし、オフピステに行ければ嬉しいし。

 

オプピステは笹が出ていたりブッシュに拒まれたりと、何かと苦労は多いものの新しく降り積もった雪の中を滑れるだけで幸せだ〜と痛感しています。

こんなに幸せな瞬間を味あわせてくれる「スキー」に出会えた人生に感謝しないとね。

 

うん、感謝の気持ちを持ちつつ行く末を考えよっと。



晴れて道民になりました


2019年の抱負でもある「整える」こと。

 

一応ちょこっとずつ進んでいるのですが、今日は大きな一歩を出しピヨ〜ンと飛んでみました!

 

本日大安吉日に行政的にも手続きをし、晴れて北海道民です!

 

ひと所に収まらない「風の人」でもある私は、四半世紀に渡りあちこち移り住んできました。本当に風の向くまま、気の向くまま〜(笑)。

しかし乳がんという大きな病気になったことと、父が他界したことが重なって、生まれ住んだ世田谷区に落ち着いていました。

 

まあ元々は都会っ子な訳で、別段暮らしづらいとかはなかったのですが、1年のうち、半年近くをニセコで過ごすという半々の生活に疲れ果てていました。

 

何が大変って、「あ〜!あれは東京にある」とか「あれ?どこにやったっけ」なんてことは日常茶飯事。

昨年のエルブルス行きの時は、VISA取得のために急遽パスポートが必要になり、1泊2日の弾丸東京帰りを決行したこともあったっけ。

 

そんなこんなで肉体的にも金銭的にも大きな負担がある二重生活にピリオドを打ったわけですが、いやはやこの歳になると、たくさんの荷物を背負い込んでいるから、まあ色々大変でして。

 

年末に引越ししてようやく落ち着いてきたので、住民票を移したという次第です。

 

しかしこの時期、いつもニセコで過ごしているのが普通だから、まだ完全引越をした気がしないんですよねー

GWが過ぎ、スキーシーズンが終わった時に感じるのかな?

 

まあボチボチがんばります。

 

じゃ〜ん、なんと倶知安町のキャラクター「じゃが太くん」が描かれているのだ。



東京ホテル暮らし


Vector Glide Women’s Camp in NOZAWAONENが終了し、昨日から東京ホテル暮らしが始まりました。

 

思えば度々の引越しで東京を離れたこともあったけど、両親や兄が東京へいたので、東京でホテルに泊まるというのはありませんでした。

私にとって東京は故郷な訳ですから…

 

ニセコに移住した友人たちは口を揃えて「そんなのすぐに慣れますよ」と言うけれど、なんだかまだヘンテコリンな気分。

 

昨日、飯山から新幹線に乗って上野駅で降りました。

いつもなら東京駅で降りて、京浜東北線に乗ってというルートじゃない不思議感。

元来ショッピングというものに、そんなに興味のない私は、洋服など買うにしても地元の二子玉川や自由が丘で済ませていたけど、今回はホテルに近い池袋にしようと検索する不思議感。

 

そんないろいろな不思議な出来事が、繰り返されれば当たり前になるのかなぁ…

東京のマンションから見えた風景が妙に懐かしい反面、早くニセコの生活が私にとって、当たり前の生活になりたいなと思うのでした。

 

 

 

 

なんだか今までにないセンチな気分に浸っている今日この頃です。

 

さて、気分を変えて両親のお墓参り、そして「ボヘミアンラプソディ」でも観てこよーっと。



2018激変に終わりを告げよう!


平成最後の幕が降りるまで残すところ数時間となりました。

 

この一年を振り返ると「激変」の2文字がピッタリな気分です。本来自由に生きている私は、自分で自分の向かう方向性を決めるたち。しかし周りのうねりに飲み込まれ、あれよあれよと言う間に、激流に飲まれ揉まれここまで流れてきたような気分です。

 

それが良いとか悪いとかマイナスが気持ちではなく、ゆっくり考える間がなかった状況でした。

まるで満員電車の中であがいてもどうしようもなく、あっちに押されこっちに押され、自分の意志を持つ余裕がないという感じ。

 

ゆらゆら漂うのなら大歓迎なんですけどね(苦笑)。

激流だったもんで、苦しいことも多々ありました。

 

2018激流のシメは、「お引越し」です。

わずか1ヶ月という短期間で、ニセコへの移住を決め1226日に9年間住んだマンションを引き払い、北海道への生活をスタートさせました。

 

6年間に及ぶ二重生活のピリオドを打つ予定はありましたが、こんなに早く決断する日が来るとは思いませんでした。

なので、バタバタを通り越しまるでドタバタ劇。

 

なんたって引越しを決めた時には、すでにスキーシーズンがスタートしていた訳ですからね。

半分以上東京にいない中で、スキーキャンプの準備、ピラティスのレッスン、引越しへ向けた荷物の整理etc…

 

身体が疲れるより頭が疲れ果てました。

そりゃそうですよねー

その間、なんたってスキーブーツを3回も忘れて行動してしまいましたし(笑)。

 

しかし!おかげさまで、なんとか暮らせるまでに整えたので、無事に年越しできそうです。

 

本年も大変お世話になりました。来たる2019年は「平穏」を望みながら、形を整えていきたいと思います。

 

みなさまが迎える新しい年も素晴らしい時間になりますように。

 

PS.

しかしまあ、私の生涯って絶対にドラマや映画になると思うのは、自分だけでしょうかねえ…



何だろう、この意味


今日、たまたまつけたTV番組はTBSの「世界遺産」でした。

 

カナダの北東部にあるニューファンドランド島の「グロスモーン島国立公園」のこと。

初めて見る映像は、地球の成り立ちに対しての限りなくロマンが広がり、あっという間に惹き付けられて見てしまいました。

そこは、ちょうど「流れる氷河」の通り道だそうで、あのタイタニックも、その氷河に衝突し沈んだそうです。

 

ニューファンドランドっていう犬種がいるのご存知ですか?

 

亡き私の兄がアメリカにいる頃に買っていて、初めて会った時はあまりの大きさにビックリしたっけ。

しかも2頭いたもんだから、その迫力ったらありませんでした。

 

そんなことを思い出しながら見終わり、続けて回したチャンネルは「National Geographic」。

雑誌は好きだけど、あんまりTVは見ていなかったのに、たまたま回したんです。

そしたらなんとタイタニック号の特集でした。

 

えっ!?どういうこと?

 

タイタニックという言葉すら、一体何年ぶり?というくらいなのに。

 

またまた惹き付けられて見入ること約30分。

その番組の着地点は、海底深く沈んでいるタイタニック号は想像より早い速度で微生物に浸食され、数千年後(とはいえ遥か未来)には姿が消失してしまうだろうとのこと。

 

実は今日、両親や兄の葬儀をお願いした葬儀会社に勤める古くからの知り合いとお昼を食べていたんです。

彼女はピラティスのレッスンを受けに来てくれていて。

その時に話の流れで私は「基本的に人間も地球上の生命体なんだから、微生物の力を借りて最終的には地球に返るべき」と

張り切って語っていたんですよね。

 

もちろん、これも全部たまたまです。

 

生命体ではないタイタニックも微生物が分解するんだ、、と思いながら、地球の懐の深さに感激を覚えつつ、人間の生き方や行く末を深く感じたのでした。

 

この課題については、しっかり考えないと。

 

ふむ。。

 

面白いなあ、、毎日って。

 



上高地〜ニセコ〜高千穂からの伊勢路!


Elbrus遠征を書くべし!と思いつつ、早くも一ヶ月以上が経過…

私は絶対だめだめだぁ〜と嘆いている今日この頃。

 

言い訳していいですか?

 

って、ブログだから一方的に言い訳しちゃおっと。

 

前回のブログを書いてからの一ヶ月間、私は決してボーッと生きていた訳ではありません!チコちゃんには絶対叱られないと思います(笑)。

 

一体何をやっていたかというと。

 

まず西穂高方面へ出かけてきました。

数年前から取り組んでいる「テント担いで北アルプス縦走」ですが、今年は兄のことなど色々あって気持ちに余裕なく見送っています。しかし年に一回は、一緒に歩いている先輩と山並みを眺めたく、上高地ベースに2泊3日をテントで過ごしてきました。

 

考えてみれば、上高地っていつも素通り。

のくせに、実は高校の修学旅行で上高地に泊まっていて、その懐かしい記憶もあったりして。

 

今回は初めて大正池とか田代池とかも巡って来ました。

 

その後は急遽ニセコへ。

実は来年にかけて色々と動きがあって(これはまだ内密)、1泊2という強行でブーンと飛んで、ブーンと帰って来たのです。

 

そしてすぐに宮崎県の高千穂へ。

何年もかけて高千穂のことは取り組んでいるのですが、それが形になりつつあって、そのために行って来ました。

 

現地で大変お世話になったのは高千穂については何でも知っているベテランガイドの高藤さん。

その高藤さんのお祖父さんが、宮崎県の男性最高齢で御歳105才!一緒に過ごさせていただいた時間は、驚きを超えて感動でした。

 

感動の高千穂から戻るやいなや、連休はハイキングツアー伊勢路。

ビュワーンと名古屋へ行って、参加者の皆様と充実の3日間を過ごしたという訳です。

伊勢神宮をスタートし、小さな峠を二つ越えて、滝原まで。この3日間で歩いた距離約57km96500歩という道中でした。

 

 

そんでもってその最中に、パソコンがとうとうダメになりそうな事態になり、清水の舞台からヒュンと飛び降り、新しいiMacちゃんを購入。

あっ、ヒュンじゃないね、、

トホホな感じ。

 

はい。

そんな言い訳でございます。

 

しかし自分に喝を入れて、Elbrus遠征は早々に書き上げます!

というか忘れちゃわないようにしないと〜〜

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM