腰痛勃発!


恒例になっている東北スキートリップを経て、東京へ戻って来ました。

今シーズンは、これで終わりかな〜と思いつつ、まだ言いきれないわたし…

なんとなく気持ち的にもう少し滑りたいんですよね。

 

けど、実は身体の調子がイマイチ(悲)

 

腰痛なんです。

元々ピラティスを始めたキッカケは選手時代から腰痛に悩まされていたから。当時、「体幹」なんて言葉は全くなく(多分)、整形外科医からは、「いわゆるヘルニア予備軍だから腹筋と背筋しなさい」、と言われ「はい、痛み止め」って感じでした。

 

漠然と納得いかない私は、あることがキッカケでピラティスと出会う訳なんですが…

 

お陰さまで、腰痛を克服し、度重なる大手術にもメゲズ、現在に至っていますが、昨年の交通事故以来「腰痛勃発」なんです。

とほほ。

 

事故直後は胸部打撲と頸椎(首)損傷って言う事でしたが、昨年の4月位からどうも腰が痛くなることが増えたんですよね。

昨年の夏山シーズンは、腰痛に悩まされること多々。しかも荷物を担ぐのがとても辛くて、同行の方に途中で荷物を持ってもらったこともあったんです。

 

まあ、私のトレーニング不足も一因かとも思います。

 

昨年2ヶ月ほど北欧を回り、戻って来たのが8月。しかも日本は超暑くなったときで、忘れもしないリオ・オリンピックの開会式の日。

羽田に着いたときに、ありえない暑さにすっかり毛穴が閉じている私は、皮膚呼吸ができずに「無理!せっかく今まで生き延びてきたのに死んじゃう!」と感じたものです。

 

這いずるように何とか家にたどり着き、TVをつけたら開会式。「地球を大切にしよう」というメッセージに感動し、その直後にあった錦織圭選手の活躍に心打たれ、あっという間にハマりました。

 

そう、テレビッ子ってやつ。

 

カーテンを閉め、家に閉じこもりひたすらオリンピックを見ていたんです。

 

身体はすっかりナマリ、筋肉が落ちたな〜と感じたのを覚えていますが、そうこうしている内にスキーシーズンが始まりました。

 

今日に至るまで、お世話になっている理学療法士の石井先生と色々やりとりをしているのですが、恐らくそもそもの原因は乳がんの胸の手術とリンパ隔清したことで、胸郭が硬くなったこと。

 

また左ひざを大分前に手術していて(靭帯損傷による半月板オペ)、左側が大分弱いんですよね。

 

腿や臀部の筋肉も年とともに落ちてきているから、そのツケが今、左股関節に出ている感じ。なので股関節やお尻も痛いし、腰も痛い。

 

そんな身体で半年間、息つく間もなく滑りまくった訳だから身体が持つ訳ないはずです。

 

せっかく走り出したのに、今は走れる状態じゃなくなってしまいました。

 

ひ〜〜〜

 

しばし身体をリセットすべく、がんばります!

負けないさー



走るの大っ嫌いだけど


小学生の頃は走るのが大好きで、運動会では常に一等賞。中学では陸上部に入り、幅跳びや高飛びで世田谷区の大会に出ている私。

いや、だった私。

 

今じゃすっかり走るの大っ嫌い。

 

大っ嫌いになり始めた頃は高校時代。

思えば年に一回のマラソン大会を3年間とも仮病を使って休んだという実績の持ち主なのだ←自慢にすらなっちゃう(笑)。

 

と前置きしておいたのは、フツーにすらすら走っちゃう人に比べ、こんな私だから「走ろう」と決心して行動に移すまでが、結構大変なんです。

 

公言した「エルブルス・スキー滑降」まで、約1年。

なんだかんだ言い訳していると、あっという間に月日は過ぎるから、少し前から走り始めました。

 

とはいえ、最初は5分も走れば「はぁはぁ、ぜーぜー」

情けないんだけどね、「千里の道も1歩から」だから少しずつ伸ばしていけばいいと自分に言い聞かせつつ、今日も走りに行きました。

 

なんと、15分も走れるようになったのよ〜

もちろん速度は早歩きに毛が生えた程度だけど、一ヶ月以内に30分は連続して走れるように、がんばるっ

 

 

西風びゅーびゅーだったけど負けなかった!

 



滑り込んでます!


先日、エルブルスチャレンジを公言してから、いろんなことが動きだした気がします。

まずはもちろん自分自身。

言ってしまったには、何はともあれガンバらねばっ!

 

今できることは、とにかく滑ること。

嫌いな雪質や斜面ってあるけど、「これ嫌だから止めとこう」とか、「疲れるから他へ行こう」とか、言ってちゃダメだもね。

 

今朝は朝一番、まずはゲレンデへ。

昨晩、街では雨だったけど山は雪だったらしく所々白くなっている。すると滑らないんですよねー

突っかかるのでひっくり返りそうになっちゃう。

 

しかも全てがそうではないのが、自然の成せる技←あんまり良い意味じゃないけど(苦笑)。

太陽のあたり具合とか、気温とか、風とかで刻々と雪の状況が変化してくるからです。

 

「うわ〜気持ち良いターン!」と思った次のターンでは、スキーがググッと雪面にくっつくから「ぎゃ〜」という悲鳴に変化。

 

トップシーズン中も、もちろん変わるけど春ほどじゃない。

多分、気温が全体的に低いから変化の度合いが少ないのかな?と思います。

 

はい。

かなり疲れます。

 

しかしメゲテちゃいけないのさ。

 

 

後半は山頂まで登り北側へ。

スキーをつけたザックを背負って登ると息が上がるし、足は疲れます。

これが大切なのかなーと。

さすがに良いお歳になっているから、絶対的な筋力が落ちているので、ここを回復せねばです。

 

 

まあ、ご褒美もあるからヨシとしよーっと。

 

 

という訳で例年になく春も滑り込んでいます!



ヨーロッパ大陸最高峰・エルブルス滑降にチャレンジします!


先日ポンと背中を押され…

 

2018春にヨーロッパ大陸最高峰・エルブルス滑降へチャレンジすることにしました!

 

2年半前にチャレンジしたアコンカグアが終わり、サミッターには慣れなかったけど、なんだかやり遂げた感一杯で、その後の気持ちがずっとフワフワしていました。

 

2度の乳がん手術、抗がん剤、そしてホルモン療法という大きな病気と闘ったというのに、遺伝性が判明し卵巣摘出という大きな決断をした私。

しかもアコンカグアは卵巣摘出手術後半年で挑戦という、今から思うと恐ろしいほど貪欲に挑戦した訳です。

 

多分、燃え尽き症候群ってやつかな。

行きたいところは多々あれど、身体も心もついてこなかった。

そっか、歳もいったしこれでいいかーと思っていたはずなのに。

 

なんだか今シーズン色々考えていたら、私の人生の目的ってやつの輪郭が見えてきて、その目的のためには目標が必要で、そのひとつに、ポンとエルブルスがハマったのです。

 

面白いですね。

中々やってこないのに、やってくる時は絶妙なタイミングで全てがやってくる。

 

そんなことで、アコンカグアに登頂できなかった悔しさをバネに、もう一度更なる体力アップ。昨年の大きな交通事故以来、実は体調がイマイチだから、ここをなんとかすることが一番の課題です。

 

そしてスキルアップ。

 

弱いポイントを徹底的に克服して、自信をつけ、最後は精神力を味方につける。

 

がんばります!

応援よろしくお願いします!



反省と挫折の先に見えるもの


今日のニセコは4月半ばと思えない冬の嵐に逆戻り。

朝から晴れ間が出たと思いきや、一瞬にして猛吹雪になり、あっという間にあたり一面真っ白け。

私のアパートは、倶知安という町にあるけれど、この町は山の中なんだなーと痛感しながらパソコンに向かっています。

 

息つく間もないほど忙しいスキーシーズンを駆け抜け、少し時間ができると毎年やってくる反省と挫折感。

それは何かというと、「もっとこうできたのに」とか「こんなことをやりたかった」とか。

 

基本的にプラス思考だと思うけど、そこに至るまで、実は相当落ち込む性格です。というか、とことん自分が落ちると、自ずと這い上がれる性格。

あっ、そう考えると決してプラス思考ではないかなー?

 

よく周りから「決断早いよね」「思いきったことするよね」

なぁんて言われるけど、実はそれも同じで、そこに行き着くまで相当自分の中で葛藤し、時間をかけて悩んでいます。

 

ただ、人には相談しない。

相談するときは、自分の中で99%答えが出ていて、残りの1%を埋めてもらうために相談しているんですよね。

だからここまで一匹オオカミでやってきているのかも…

 

群れるのは嫌い、けど人と接していないと寂しくて仕方なくなる性格。

良いんだか、悪いんだか(笑)。

 

そんな私は今、反省と挫折感を乗り越え、次なる目標へ向かって標準を定めました。

 

何かって?

 

ふふっ、それはまだ秘密。

 

なので少しずつ、その目標へ向けて動き始めています。

ほらほら、「動くことは生きること!」だから。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM