奈々の結婚


妹と言っても過言ではない、スキー仲間の奈々の結婚パーティにお呼ばれしました。入籍は昨年だったけど、お二人とも忙しく「晴れの舞台」は今年へ持ち越し。

 

入場した途端に顔をクシャクシャにして号泣する花嫁姿に、私の頬にも涙がツーっと…

 

奈々は東京都スキー連盟の専門委員で知り合い、かれこれ20年近いお付きあいでしょうか。私より10歳も下だというのに、「ゆっこさ〜ん」「せんぱ〜い」と言っていつも私の周りにいるんですよね。まるで猫みたいに(笑)。

 

奈々が専門委員として入ってきた位から女性専門委員が増え、女子部屋が二つとか三つになりました。私が入った当時は女性といえば、当時デモの山崎操さんと宮崎友見子さんしかいなかったから、必然的に女子部屋は一つ。

 

それが複数になったので、奈々とは歳の差から?別部屋が多かったけど、常に同じ部屋で過ごしていた気がします。

 

プライベートでも、仲良しこよし。

 

専門委員で結成された自転車チーム「柿泥ぼう」というのがあって、私もそこの一員にしてもらいました。奈々も女性でただ一人、そのチーム員でした。スキーヤーな男性メインで、唯一の女子は若い奈々というメンバーの中、もちろん私はミソッカス。そんな私を気遣うように、「ゆっこさ〜ん、女子乗りしましょ」なんて誘ってくれて、二人で多摩川を走った記憶があります。

 

ちなみに何故「柿泥ぼう」かというと、まだチームを結成する前に、何名かで遠出をしたそう。その時に見事な柿がなっている家の前を通り、一人がスーッと手を伸ばし取ろうとした途端「コラーッ!!」と、家主のおじさんに追っかけられたからだそう(笑)。

 

私が北海道へ行くようになって、あまりゆっくり会えなかったけど、この夏は北海道へ自走していく途中に、那須にある奈々んちの別荘へ寄りました。久しぶりにいろんな話をして、心温まる凄く良いじかんを過ごし、その後の長距離が全く辛くなかったんですよね。

 

都連の仲間のみなさまとも久しぶりにゆっくり再会!

月日が経ってもまた笑って会える、そんな機会を作ってくれたのも、奈々のおかげ。

 

ありがとね。

もっともっと幸せになろうね。



富士山の裾野を歩く(浅間神社〜六合目へ)


113日文化の日といえば、晴れの得意日。雨ばかり続いた週末も、ようやく晴れて気持ちいいですね。

この日は母の命日、本来ならお墓参りに行くのがスジですが、山好きだった母を偲びつつ、富士山へ行ってきました。

とはいえ、登頂ではなく富士の裾野を歩きにです。

 

何回も登った「日本一の富士山」ですが、目的はいつも高度順応のため。なので、五合目からひたすら上を目指すことしかやってきませんでした。しかし、山と一緒に暮らす私たち日本人にとっては、古くから山や自然環境に対して抱く畏敬の念がある訳です。もちろん私にも!

また五合目から登っているだけだと、その裾野に広がる豊かな森も、ほとんど体感できない訳だから、いつか「下から歩こう」と思っていました。

 

晴れの得意日らしく、最高の秋日和。写真をた〜くさん撮ったので、写真中心にお伝えしますね。

 

富士吉田市内にある、別名「一の鳥居」とも呼ばれる金鳥居。かつては信仰登山者を迎え入れる「門」で、俗界との境界線として建立されたそう。

 

出発は「北口本宮富士浅間大社」。

西暦110年、日本武尊(ヤマトタケルのミコト)が、東方への遠征に向かう途中、この地を通過し大塚丘にお立ちになった。その際、富士山の神霊を遥拝し「富士の神山は北方より登拝せよ」と仰せになり、祠を建てて祀ったのが始まりとされています。

 

朝早かったので人も少なく、空気の流れも爽快でした。

 

今までの富士山登山の御礼、そしてこれから登る山旅の安全を祈願し、神社の裏手にある登山道入り口からスタートです。

 

まず目指すは「馬返し」。俗世間と聖域・富士山との結界とされる場所で、かつて登山者がその場所まで馬で向かい、乗ってきた馬を返したことから名付けられています。

すぐに遊歩道となり、標高差570M距離にして約8キロ弱、延々と歩きます。

 

遊歩道ということで整備されているとの事前情報がありましたが、砂礫の中に石がゴロゴロしていて、また雨水が流れた通り道なのか真ん中がくぼんでいるので、かなり歩きづらかったです。

馬返しまでの間に「中の茶屋」がありますが、朝早かったため営業前。残念、トイレに行けず…

 

とにかく富士山の裾野は広い!

延々と緩やかに登って行くのはいいが、行けども行けども先が見えません。アカマツと色づいた落葉広葉樹の森は気持ちが良いけれど、目指す富士山の姿は見れないし。

 

ようやく第一目標の「馬返し」に到着した時は、出発してからなんと2時間半近くたっていました。そしてすでに脚がパンパンに…

あちこち登って歩き回っている私なのに、富士山恐るべしです。

 

気を取り直して出発すると、そこからようやく登山が始まる感じ。登りだすとすぐに茶屋や、登山巡礼のための禊所跡があり、富士講の歴史が色濃く残っていました。また「鈴原天照大神社」の石造りの鳥居があり、信仰の深さを感じます。鳥居の両横には猿が合掌している石造が!なんでも、富士山が一夜にして湧き出たという伝説があって、その年が庚申(かのえさる)だったからとか。日本人の信仰心の高さを感じます。

その先に神社がありますが、現在は廃屋になってしました。

 

その先々にも石碑や廃屋になった茶屋、そして里へ移築された「富士御室浅間神社」など、当時の隆盛をヒシヒシと感じました。

 

<里へ移築された「富士御室浅間神社」>

 

 

<五合目・不動小屋跡。この辺りを天地の境といい、これから上を焼山と言われる砂礫帯、この下を木山と言われる林地とした遥拝所。古くはこれより上に小屋を建てることは許されなかったという>

 

<神様が寄り付くとされる御座石。富士講が奉納した石碑や掘られた文字が見えます>

 

1964年の東京オリンピックに合わせて、五合目まで車で上れるようになると、この登山道は利用者が減少し、荒廃が進んでしまったそうです。しかし現在は登山道もしっかり整備され、歴史を辿る登山道として残そうと地元の方はじめ多くの方が努力しています。

 

深い森を抜けると五合目へ到着!現在も営業している佐藤小屋とようやくお目見えした富士山を見たら、急に現生へ連れ戻された気持ちになりました。

昔の人たちも、ここでようやく富士山の姿を見たときは感動したんでしょうね。

 

出発して6時間、目的だった六合目に到着しました。この夏、甥っ子と登った時に、裾野に広がる雄大な景色を見た場所です。

ようやく富士山がつながり感無量…

 

<奥には富士吉田市、そこから色の変わっているあたりの森をひたすら歩いてきました>

 

山頂を見上げると、人気のない山肌にたくさんの小屋がひしめいています。昔は逆に小屋などはなく、人々は全てをかけて登ったことでしょう。昔の麓から五合目までの姿と、今の五合目から山頂までの相反する姿が、時代の流れを感じると共に、この急激な変化が人の暮らしに必要なのだろうか?と私に問いかけてきた気がしました。

 

その後はスバルライン吉田口まで行き、そこからバスで富士山駅へ。そこでバスを乗り換えて浅間神社まで戻りました。

何を隠そう私も時代の恩恵を受け、帰りはバスで楽チンですもんね(苦笑)。

良いんだか、悪いんだか?



霧の中を歩き感じること〜赤城山へ〜


ものの見事に3週連続雨にたたられた秋になりましたね。しかも先週末も台風になるとは…

異常気象に対して決して他人事ではなく、地球人として一人一人がしっかり向き合わねばと強く感じています。考えさせられる秋になりましたが、土曜日は赤城山に登ってきました。

 

少しでも雨に降られないようにと、今回も北へ。

日帰りだったので、そう遠出はできないから関東圏内で「赤城山」を選びました。到着した時は大沼もよく見え、「よしよし」と思いきや用意している間に、あっという間に霧に包まれ出し。久しぶりに霧中登山を味わいました(笑)

 

眺望ないのは、もちろん寂しいけど、何も見えない中を歩くのもなかなか味わいあるものです。

「この先どうなっているのかな」とか「遠くには富士山が見えるんだろうな」とか、想像や妄想がムクムクと大きくなります。

 

けど、正直見えない分、ただ歩くという事は飽きます。

「わあ、綺麗ね〜」とか「すごい景色!」とかキョロキョロせずに、ひたすら歩くだけですから。

 

そんな時だからこそ感じられるコト。

 

雨が降りそうな時の匂い、落ち葉を踏みながら歩く音、風の吹き方、枝から落ちてくる雫の冷たさetc.

さまざまなコトに敏感になり、自分も自然の一部だと感じます。落ち葉だって、落ちたてホヤホヤの上を歩くのと、落ちて大分経っているものとでは、足の感触や踏み音が全く違うんですよ。

 

人間は約87%が視覚から情報を得ていると言いますが、改めて強く感じました。そんな登山も案外楽しいものです。

もちろん晴れているのが一番気持ちいいけどね〜



紅葉綺麗なニセコに来ました


やってもうたあ〜

いきなり公約?違反…

1週間に2回のブログ更新だったのに、先週は1回だけ。

私は絶対に議員さんにはなれないなー

いや、公約違反お茶の子さいさいの議員もいるから、なれるか(苦笑)。

 

そんな「嘘つきゆっちん」は、昨日ニセコへやってまいりました。ちょっと色々用事がありましてね。

 

現在、紅葉真っ盛りで綺麗です。山は終わりって感じですが、千歳空港からの道中、支笏湖がめっちゃ綺麗でした。写真撮ろうと車停めようとするんですが、高速道路並みの交通事情でなかなか良いタイミングで停められず…(涙)

 

けど、支笏湖からの峠を抜け、ニセコ近くにやってくると虹のお出迎え〜

 

2ヶ月ぶりに来てみたら、あたり一面黄色や黄緑。夏は濃い緑だったのにね。

今度来た時は真っ白になっているんですよねー

凄いな、自然って。

 

1年の間で、これだけ変化する彩りを見られるという幸せに感謝しつつ。

台風の進路になっている皆さま、充分お気をつけくださいね。



彩り深い安達太良山へ


つい先週の火曜日、自宅スタジオでピラティスのレッスンをしていたら、突然セミが鳴き出しました。あまりの暑さに血迷ってしまったのか…

ひと夏を越え最後の鳴き声だったことを祈った瞬間でした。

 

そんな暑さは幻だったのか?と思うほど急激に寒くなり、雨模様の週末でしたが、幼馴染と安達太良山へトレッキングに出かけてきました。そもそも雲取山へ行く計画にしていましたが、どうみても関東地方はNG。各天気予報とニラメッコしながら、比較的前線の影響が少ない北東方面へと向かうことにしたのです。

 

ちなみに私がよく活用している天気サイトは、Mountain Weather ForcastWindytyです。参考までに。

 

https://www.mountain-forecast.com

 

https://www.windy.com/

 

紅葉真っ盛りの安達太良山は、10月三連休は大渋滞だったという情報だったので、メインの登山口ではなくマイナーな塩沢口へ向かうことにしました。

幸い雨ではありませんが、山の上部は雲の中。まあ、東京の土砂降りを考えれば、上出来ですよね。

 

山の全容は望めませんが、登りだすとチラチラと色づいている木々が顔を覗かせています。こんな日だからこそ彩りがあるだけで、心は上向き。うん、期待が持てそうですねー

 

<屏風岩からの絶景!人も少なく最高のビューポイント>

 

1時間ほど登った頃、二人組の女性が降りてきました。まだ10時ごろなのに変だなーと思い、「どこからですか?」と声をかけてみると「地元なんですけどね、今日は足元が滑るから引っ返してきたんですよ」とのこと。

 

むむっ?この先やばいの?

 

「山頂まで行くなら、滑るところあるから気をつけて」と声をかけていただき私たちは先に進みました。

いやいやありました、ありました。川を渡ること数回、しかも濡れている木の橋なので滑ることったら。そして川を形成している断層は岩が露出しているので、登山道がなくなってしまいます。

 

 

ヒヤヒヤしながらも木々の彩りを楽しみながら登っていくと、開けた道に出くわしました。一番のメイン登山道ですが、まるで国道に出たように広く整備され多くの人が行きかっています。

 

<黒金温泉も見事な色に囲まれてました>

 

人気が少ない紅葉深き山の中にいたことが、幻のような気分になりつつ、国道の人並みに飲まれながら山頂へ。残念ながら雲の中でしたが、ちょこんと盛り上がった山頂は、自然が生んだ展望台のような感じです。

360度の大パノラマが広がっているだろう景色を、ココロの目でしっかり見てリベンジを誓いました。

 

下りは、あだたらスキー場方面へ。前日までの雨の影響なのか、それとも地層の影響で水はけが悪いのか、登山道は泥でグチャグチャです。

絶対!転ばないことを信念に下りきりましたよ(笑)。

ちなみにゴンドラ乗り場に、ちゃんと靴を洗う場所があるので安心です。ってことは、常に泥は想定内?

 

そうそう、話は飛びますがNORWAYTrolltungaの激しすぎる泥道を思い出しました。後にも先にも、あのドロドロ経験はトップです。

 

最後はスキー場のゴンドラで奥岳登山口へ降り、タクシーで塩沢口へ。全行程、約7時間半となりました。

 

続きは二本松の観光編です〜



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM